ブリティッシュショートヘアの価格と飼うための費用

ブリティッシュショートヘアの価格と飼うための費用

ブリティッシュショートヘアはどのくらいの価格なのでしょうか。購入する際の価格と準備やその他にかかる費用を知り、ブリティッシュショートヘアを飼う前に最高の環境を整えてあげましょう。

437view

ブリティッシュショートヘアの販売価格

汽車に興味を示すブリティッシュショートヘア

ブリティッシュショートヘアは個体差によって販売価格に大きく差があるようです。

  • ペットショップ  20~25万円前後
  • ブリーダー    25~35万円前後

販売先や地域によってブリティッシュショートヘアの価格は異なるため、上記金額はあくまでも参考程度にとどめておいて下さい。

ブリティッシュショートヘアの特徴

  • めったに鳴かない
  • ワイルドな見た目でありながら物静かでクール
  • 愛情豊かで忠実な面がある
  • 被毛の色は多種多様で、密生している
  • 胸板が厚くガッシリしている
  • まん丸の顔とコロコロとした体
  • 短めの四肢だが太くてガッシリしている
  • 尻尾は体の3分の2ほどの長さで強靭
  • 狩り好きで運動量は多い
  • 寿命は15年前後
  • 成猫の標準体重はオスが4~6㎏程度、メスが3~5㎏程度

ブリティッシュショートヘアはもともとローマ人がイギリスに持ち込んだとされ、ネズミ退治のために飼われ大変重宝されていたようです。
猫の本能ともいえる狩りですが、ブリティッシュショートヘアは狩り好きで運動量が多いため飼い主がよく遊んであげることが大切です。

ブリティッシュショートヘアを飼うために準備する物とその価格

伏せをしてくつろぐブリティッシュショートヘア

ブリティッシュショートヘアを飼い始めるためには環境を整えておく必要があります。

  • キャットフード        600円
  • エサ用の食器         400円
  • 飲み水用の食器または給水器  400円
  • トイレ            2,000円
  • トイレの猫砂         600円
  • ベッド            3,000円
  • ケージ            10,000円

上記金額はホームセンターなどで購入する場合の参考にして下さい。記載した価格前後で準備可能です。エサや飲み水用の食器は100円ショップでも購入可能です。
ただしブリティッシュショートヘアは運動が大好きな活発な面があるため、食器は重量感のあるものや飲み水はこぼさないように給水器にすると良いようです。

さらにケージは必要に応じて準備しておくといった形で構いませんが、病気やケガをした際はブリティッシュショートヘアをケージで静かに休ませることになるのがほとんどです。ケージに慣れさせておくためには初めから準備しておくに越したことはありません。
その際ブリティッシュショートヘアの運動量も考え、若干価格は高くなってしまいますが2段や3段のケージを選んであげると良いのではないでしょうか。

徐々に揃えるといい物とその価格

  • キャリーバッグ  3,000円
  • 爪とぎグッズ   500円
  • 爪切り      500円
  • シャンプー    700円
  • キャットタワー  5,000円

キャリーバッグは災害時や病院に連れて行く際に必要です。
最近だと色々な場所で大きな災害に見舞われることが多いです。早めに準備しておくと安心なのではないでしょうか。

また、運動好きのブリティッシュショートヘアですからキャットタワーも初めから準備しておければなお良いかもしれません。
しかし、飼い主がよく遊んであげれば購入を急ぐ必要もありません。よく遊んであげることでスキンシップを図ることも大切ですからね。

ブリティッシュショートヘアがかかりやすい病気やケガと治療費

肥満気味のブリティッシュショートヘア

ブリティッシュショートヘアがかかりやすい病気やケガ

  • 膝蓋骨脱臼
  • 糖尿病
  • 皮膚病
  • 尿結石

体が大きくガッシリした体型のブリティッシュショートヘアですが、ガッシリしているとはいえ、高い所から飛び降りた際に足にかかる負担は大きいでしょう。

また、成猫のガッシリした体型が出来上がるまでに3~5年はかかるようです。そのためエサは高カロリー高タンパクの栄養バランスが良いものを選んであげる必要があります。
ただし若いうちは運動をするため特に心配はいりませんが、年をとるにつれ運動量は減ってきます。運動量が減れば肥満にもなりやすく、病気にかかる確率も高まります。
ブリティッシュショートヘアは猫の中でも糖尿病にかかりやすいようです。

もちろん病気やケガをすれば病院代もかかるため、飼う際にはそういったことも考慮し、飼い主がフード等の管理をしっかり行いましょう。

その他動物病院でかかる費用

  • ワクチン接種(三種混合の場合)  5,000円
  • 避妊手術(メス)         20,000円
  • 去勢手術(オス)         10,000円

こちらの価格も各病院や地域により異なるため、事前に確認するのがベストです。
ワクチン接種は他にも種類がありますが、種類が増えるごとに価格も高くなります。

避妊・去勢手術は必ずしもしなくてはならないという訳ではありませんが、子どもを産ませることが猫にとっての幸せとは限らず、また産まれたから幸せになるとは限りません。飼い主次第で猫の運命も変わってきます。
避妊・去勢手術を考えるならば生後6ヶ月頃から可能ですので、猫ちゃんのことをよく考えた上で決めて下さいね。
もし避妊・去勢した場合は発情期のストレスはだいぶ軽減されるようですので、検討する要素の一つにしておくと良いでしょう。

ブリティッシュショートヘアの価格に関するまとめ

ブリティッシュショートヘアを迎え入れるために必要な費用は生体価格+約17,000円。つまり生体価格が20万円ならば約217,000円。徐々に揃える物をさらにプラスすると22万~23万円は必要です。
もちろん個体差により生体価格は異なりますので、もっと少ない費用で済む場合もあれば、より費用がかかる場合もあります。

ブリティッシュショートヘアを迎え入れるにあたり生体価格のみではなく環境を整えるための価格も把握し、そのための費用も準備した上で迎え入れてあげましょう。

▼ブリティッシュショートヘアについて詳しく知りたい方はこちら
ブリティッシュショートヘアってどんな猫?マイペースな性格と抜群の運動神経が魅力!

スポンサーリンク

人気のキーワード