猫の手作りご飯に適している食材は肉?それとも魚?

猫の手作りご飯に適している食材は肉?それとも魚?

猫に手作りご飯を毎日作るとなると食材選びも大変です。もちろんキャットフードであれば何も悩むことはないのですが、やはり愛猫には手作りご飯で喜んでもらいたいですよね。そこで、愛猫に安価で与えて安心の手作りご飯には肉と魚どちらがいいのか考えてみました。

770view

猫の好みは肉?それとも魚?手作りご飯の主役

一昔前は日本での猫のご飯といったら味噌汁をかけたご飯に少しの鰹節をかけるか、出汁を取った後の煮干しを乗せた、いわゆる「猫まんま」というものがほとんどでした。この猫まんま、塩分や栄養素が猫にはよろしくないと今なら思いますよね。
現在は手軽に与えられるキャットフードがショップの棚に溢れています。「けれど、うちの猫にはやはり手作りのご飯をあげたい」。しかし、猫まんまはないでしょう。

そうなったら、どんなご飯を作ればいいのでしょうか?

ネズミを咥えた猫

猫が人間と暮らすようになったのは保存してある穀類をネズミの被害から守るためでした。野生の猫の食べ物といったら、ネズミなどの小動物や鳥、昆虫や爬虫類です。人間にとっては害獣のネズミも猫にとってはご馳走。そうなれば理想的な共存関係ですよね。

ネズミがご馳走ということは、猫は本来肉食なのでしょうか?
海や川で果敢に魚を捕まえる強者猫もいますが、ほとんどの猫はもっと手軽に捕まえられるネズミや鳥を食べてきたはずです。しかし、いくらが猫がネズミを好きだといってもスーパーでネズミは売っていません。それにいくら手作りご飯を頑張りたくても、ネズミを調理したくはないでしょう?
だとしたら、手軽に買える鶏肉がもっとも理想的に思えてきますがどうでしょう。

猫の手作りご飯で魚のタウリンを摂取しよう

魚と猫

おねだりされたらお刺身を一切れ、ついついあげたくなってしまうもの。「いや本来肉食なんだから、お刺身なんてあげなくていいんじゃないの?」となりそうですが、たまにはお魚もメニューに取り入れてほしいものです。

なぜかというと、魚類にはタウリンという体を健康に保つのに必要なアミノ酸が多く含まれているからです。
猫は人間や他の哺乳動物と違って、体内でタウリンを合成することが出来ません。食べ物から摂取するしかないのです。
タウリンは貝類や海老にも多く含まれていますが、残念なことに猫向きの食材とは言い難いです。
そこでお薦めなのが血合いの部分があるお魚。イワシ、アジ、カツオ、マグロ、サンマなどがタウリンの豊富なお魚です。

ただ注意しないといけないのは、イワシやアジを毎日大量に与えていると特有の脂肪が体内に蓄積されてしまうということ。
だったら毎日マグロのお刺身にしたらどう?いや、それでは少し家計が……。

おいしくて安く出来る猫の手作りご飯

魚を咥えた猫

私のお薦めは、スーパーの魚コーナーでこっそり売られているマグロのアラ。血合いの部分もあって、たっぷりの量でお安いですよ。これを茹でてからほぐし、余った分は小分けにして冷凍保存すればOK。

他にも様々な魚が売られていて目を惹きますが、手作りご飯となると注意も必要です。
一匹もののタイや大きなアジは骨に注意してください。猫といえども骨が苦手な子もいます。大きな骨を飲み込んでしまい食道や胃を傷つけてしまう危険性がありますから、身だけをほぐしてあげたほうがいいですね。

骨まで食べさせたかったら、豆アジという小さなアジがあるのでこれを茹でるか焼いてあげるのもお薦め。ワカサギ、小イワシなども季節によっては売られています。
老猫には切り身を茹でてあげましょう。間違っても塩鮭や塩鱈はあげないように。塩分は腎臓に負担をかけます。

肉にかじりついている猫

魚ばかりでなく、肉もあげましょう。
やはり一番いいのは鶏肉だと思います。脂肪の少ない胸肉やササミは時折特売で出ることも。そんなときに買い置きしておいて、茹でてから保存ですよ。老猫には、挽肉を片栗粉やゼリーでとろみをつけてあげると良いでしょう。

野菜

野菜と子猫

メインの肉や魚だけでなく、野菜や果物を欲しがる猫もいますよね。うちの猫はかぼちゃを煮たものが大好きです。
猫の味蕾には甘みを感じるところがありませんから、何を与えるにしても調味料は一切必要ないのでそのままただ煮るだけでいいんです。

まとめ

猫は一度おいしいものを口にすると美食度が増す傾向にあります。喜ぶからと毎日高価なお刺身を与えるのではなく、旬の素材を取り入れて飽きることのないように様々な食材を与えてみるのはいかがでしょう。
「今日はなぁに?」そんなことを言いたげに、調理する手元をじっと見つめてくれたら嬉しいですね。

スポンサーリンク

人気のキーワード