猫アレルギーの検査方法と症状や原因

猫アレルギーの検査方法と症状や原因

猫アレルギーの人がここ最近の猫ブームと同時に増えているようです。猫と同じ空間にいたり、猫と触れ合うと「目が充血した!」「鼻水が止まらない!」などという経験はありませんか?それはきっと猫アレルギーの症状でしょう。猫を飼う前に自分が猫アレルギーなのかどうか、検査をしてから猫を飼いましょう。ここでは猫アレルギーの検査方法や症状、原因について紹介します。

578view

猫アレルギーの検査について

採血検査

猫アレルギーの検査場所

猫アレルギーを検査する場所は、アレルギー科がある病院がおすすめですが、皮膚科や内科、耳鼻咽喉科でも検査を受けることができるそうです。ただ猫アレルギー1種類では保険が適用にならないため、注意する必要があります。

猫アレルギーの検査方法

猫アレルギーの検査方法としては血液検査であるRAST検査がよく行われる検査です。皮膚の表面を針で軽く刺すブリックテストという検査もあります。
お金も時間もかかる病院での検査はちょっと…という方はセルフチェックキットがあります。この検査は6,000円ほどで自宅で行うことができ、指先から血液を採る方法で、猫の他にも犬やハウスダストのアレルギーを調べることができます。

いずれの検査も数回の猫との触れ合いで受けるのではなく、猫と数ヶ月間関わった後、アレルギーの判断材料として受けみてはいかがでしょうか。

猫アレルギーの症状

三毛猫と鼻をかむ少年

猫アレルギーの症状は花粉症と似ているため、「花粉症だと思って検査をしたら実は猫アレルギーだった!」なんてこともあるようです。
軽度の症状としてはくしゃみや鼻水、目の充血や痒み、喉の痛みなどが挙げられます。重度の症状になってくると皮膚が痒くなったり腫れてしまうことがあります。また呼吸器系でアレルギー反応が激しくなった場合、呼吸困難になることもあります。

猫アレルギーが起こる原因

白い猫と抜け毛

猫アレルギーなどのアレルギーを引き起こす原因物質をアレルゲンと言いますが、人によって何がアレルゲンとなるかは様々です。
例えば、猫の脂腺から出る「Feld1」という物質がついた猫のフケや抜け毛が空気中に舞って、それを取り込むことでアレルギーを引き起こす人はFeld1がついたフケや抜け毛がアレルゲンと言えます。猫アレルギーを発症する人の9割がこのFeld1がアレルゲンだそうです。
他にも、猫が体をペロペロと毛繕いした時についた唾液に含まれる「Feld4」というアレルゲンに触れることで、アレルギーを起こす人もいます。

アレルゲンは他にもいくつか存在しますが、なぜアレルゲンがアレルギーの引き金となるのかというと、アレルゲンが体内に入ることでヒスタミンという物質が反応して痒みなどの皮膚症状を引き起こすからです。
もし猫アレルギーがある方は、自分がどのアレルゲンがきっかけでアレルギーを起こしているのかを検査などを通じて知る必要がありそうですね。

猫アレルギーの検査に関するまとめ

猫アレルギーの女の子と猫を抱える女の子

猫アレルギーの検査や症状、原因についてお話しました。バリニーズやベンガルなどのアレルギーを起こしにくい猫の種類はありますが、アレルゲンを持たない猫はいません。猫を飼うことになったものの実は猫アレルギーで結局手放すことに・・・なんてことにならないためにも、自分は猫アレルギーなのかを調べることは大切です。猫カフェなどを利用して異変が起きないかを事前に調べることもできますよね。

スポンサーリンク

人気のキーワード