猫トイレ 最適な置き場所とは

猫トイレ 最適な置き場所とは

猫のトイレについて、私は随分苦戦してきました。猫の性格にもよりますし、見た目を気にして目に付かない場所に猫のトイレを置いてしまうと病気のサインも見逃してしまいます。また、猫のトイレが砂の場合だと広範囲に砂が飛び散り、衛生上良くなかったり…。猫にとっても一緒に暮らす人間にとっても良いトイレの置き場所を説明します。

1467view

猫のトイレを置く場所①飼い主が排泄物を確認できる場所

猫型トイレに入る猫

暗めで静かな場所のトイレを好む猫もいますが、掃除が行き届かなかったりと衛生上問題も出てきます。排泄物は健康か病気かを知るバロメーターになりますし、冬に増える猫の血尿も見つけられない程の暗い場所は、万が一猫が病気になってしまった場合、病院に連れて行くのが遅れます。

そうなっては大変ですので毎日飼い主がチェックできる、掃除もし易い、猫が嫌がらない場所になります。なので、部屋の中の端で寝床から離して置くのがベストなのかもしれません。

猫のトイレを置く場所②安心・安全な所

人のトイレでくつろぐ黒猫

人間のトイレスペースに猫のトイレを置いて、ドアを少しだけいつも開けておくという方法もあり、電気は点くし、掃除はし易いし、換気扇はあるしで一見良さそうです。しかし、何かの拍子で猫のトイレ中にドアが閉まってしまい猫が閉じこめられたり、間違って便器に落ちたりの事故を経験すると、飼い主が後でドアストッパーや便器を閉じるのを徹底しても、一度怖い思いをしたトイレには猫は行きたがりません。
トイレの中に猫のトイレを置く場合は設置した日から絶対大丈夫な位、事故の無いようにしてあげなければいけません。

基本猫のトイレの置き場所は猫が決める事がベスト

トイレに座る子猫たち

トイレは結局猫に合わせた場所がいい

猫がトイレの失敗をするのはほぼ「トイレが好みではない」「場所が嫌い」という理由です。

部屋の隅に置いてみたり、廊下の端に置いてみたり・・・やっぱりトイレなので目に付かない場所にトイレを設置したいものですが、犬みたいに『しつけ』はほぼできません。猫は綺麗好きなので寝床の近くも嫌がります。寝床から少し離れた安心できる場所が猫にとっては快適なトイレの置き場所で、結局飼い主も失敗されるよりはストレス無く掃除もできます。

猫は生まれてからトイレを覚えるまでは、母猫が排泄のお世話をしてくれます。そして成長していくにつれ、母猫を真似てトイレで排泄をするようになります。
トイレのしつけは、比較的犬より簡単です。砂を置いてあげるとすぐに排泄してくれます。赤ちゃんの頃は、母猫や兄弟猫と同じようなスタイルで失敗も少なく、飼い主も困らない程です。

わがままになる離乳後

離乳が完了したら、どんどん猫がわがままになります。ご飯とトイレに対しては本当にわがままです。中には飼い主様のスタイルに合わせてくれる良い子猫もいますが、砂なのかペットシートなのかも好みが分かれます。
決められたトイレにも行かず、ソファーの上や座布団の上に排泄してしまう猫ちゃんもいます。

猫のトイレの場所に関するまとめ

トイレの中で鳴く子猫

健康な猫の排泄物は臭くて当たり前。臭いが無いのは病気のサインです。
猫が健康に快適に生活するには飼い主がある程度譲歩し、見た目が気になっても、臭いが気になっても、掃除をこまめにするなどで、猫にとっての良いトイレ環境を作ってあげるのが飼い主の役目だと思います。

人気のキーワード