猫をしつけで叩くことの危険性と正しいしつけ方

猫をしつけで叩くことの危険性と正しいしつけ方

愛猫がイタズラをしたけど叱ってもやめない。カッとなって叩いてしまったことはありませんか?猫を「叩く」という行為でしつけるのは、愛猫にとっても飼い主さんにとっても危険です。猫をしつけで叩くことなく、愛猫と良い関係を作る方法をご紹介します。

2803view

猫を叩くしつけは関係を壊す行為

いたずら

猫のイタズラ(わるさ・迷惑行為)に対して「しつけ」をする際には、「ダメな事はいつでもダメ!!」と一貫した姿勢を通すことが大切です。しかし、その時に「叩く」行為でしつけをするのは絶対にやめましょう!愛猫との関係を壊す原因になってしまいます。

また、 飼い主さんのご機嫌で「 昨日は良くて今日はダメ!」などと一貫性のないしつけでは愛猫は混乱し、ストレスを溜めてしまいます。同じように、「小さいうちはわからないから」とか「可愛いから」と目をつむり、「大きくなってからはダメ!」と いきなりやめさせようとするのも飼い主さんの身勝手というものです。

子猫の時から「ダメなものはダメ!」と教えてしつけていけば、大きくなっても飼い主さんも愛猫も快適な共生生活を送ることができます。猫をしつけで叩くなどの体罰をすることなく、正しいしつけで教えていきましょう。

猫を叩かずにしつけるポイント

しつけ

しつける時はひとこと「言葉」で

愛猫がイタズラ(わるさ)をした時、一般的には「ダメッ!」とか「コラッ!」とかいつもと違う少し大きめの低い声でドキッ!とさせてやめさせます。

猫のしつけには「根気」が必要です。 繰り返し繰り返し何度でも根気よく続けることにより 不思議と「ピタッ」と効果を実感できる日がきます。「根くらべ!」と覚悟を決めて付き合う 覚悟が必要です。

感情的に猫を叩いたり、怒鳴ったりするのではなく、「言葉」で猫をしつけます。叩いたり怒鳴ったりするのは一時的には効果があるようにみえますが、猫には叱られて反省するという発想がないので「攻撃的に」「威圧的に」怒鳴られたと感じ、飼い主さんとの信頼関係が崩れてしまうおそれがあります。

叱る時は名前を呼ばない

つい「〇〇!ダメ!!」と愛猫の名前を呼びながら叱ってしまいがちですが、コレはよくないそうです。「名前を呼ばれる=叱られる」と関連づけてしまうと、次に名前を呼んでも「また叱られるかも・・・」と近寄って来なくなることがあるそうです。

叱るタイミングが大切

そして、必ずイタズラをした「瞬間」に 大きな声で叱ります。時間が経ってから叱ったのでは、愛猫にしてみれば「なんで怒られるの?」となるので、必ずイタズラをしたその瞬間に叱るようにします。「現行犯」で叱るからこそ、何で叱られているのかが理解しやすくなります。

猫のしつけは叩くのはでなく「褒める」ことが大事

猫を褒める

イタズラをした時に叱るだけでなく、「名前を呼んだら来てくれた」とか「ダメ!と言ったら聞いてくれた」とか、ちょっとしたことでも言うことを聞いてくれた時には褒めてあげましょう!!「〇〇はいいコだね!」など言葉をかけながら、頭や首のあたり、体などを優しく撫でてあげます。

褒める時は叱る時とは逆に、必ず名前を呼んであげます。 「名前=褒められる!気持ちいい!ご褒美がもらえる!?」 となるので、どこに居ても名前を呼ぶとすぐそばに来てくれるようになります。

ウチでは「〇〇は△△でおりこうだねぇ~!」と言いつつ、優しく撫でまわした後にご褒美をあげています。 いつものフードより少し高めのおやつ用のフードを3粒。たった3粒でも、小さい時からそうしてきたので納得?してくれているみたいです(笑)たまに、自分からお手やおかわりをして「もっと欲しい!」と おねだりすることもありますが、、、

名前を呼んですぐ来た時 、芸をした時 、いいコでお留守番をした時 、オシッコやウンチをした時など日々褒めまくりましょう!!

まとめ

猫の顔アップ
猫をしつける際に叩くことは絶対にやってはいけません。叩くのではなく、「言葉」で、タイミングを間違えないように、一貫した姿勢で根気よく続けていれば必ず猫はこちらの思いに応えてくれます。またしつけも重要ですが、同様に褒めてあげることも非常に大切なので、良いことをしたらたくさん褒めてあげましょう!

50代以上 男性 イチロウ

猫の躾、と言えば、我が家では、飼い主の役目では無くて、最愛の長男猫「とら」のすること、と決まっていましたので、飼い主は、余り出番がありませんでした。

「とら」自身には、躾の必要が無くて、飼い主の言うことが理解出来ましたので、家の中で共に暮らす折にしてはいけない事をその都度言うのみで済みました。 

「とら」以外の猫を、次男猫、三男猫、と迎える度に、その躾役を愛猫「とら」が飼い主に代わりしてくれた訳で、飼い主は、楽でした。

例えば、今でも鮮明に覚えている出来事があります。 それは、私が、洗濯物を取り入れ、シャツにアイロンをかけている折に、仔猫が邪魔をするので、「とら、叱って!」と頼んだ折でした。 

「とら」は、仔猫を後から前脚で抑え、アイロン中の飼い主に仔猫が近寄るのを阻止したのでした。 そして優しく、まるで母親が何事かを言い含めるように仔猫に自分の顔を近づけて宥めるのでした。

また、廊下で走る次男猫を前脚で頭を抱えるようにして投げ飛ばしたこともありました。 前脚の片方を首の下に入れ、他の脚を首の上にして投げ飛ばした訳です。 投げられた次男猫は、一回転して起き上がるとしばし呆然としていました。 次男猫が廊下を走るのが止んだことは言うまでもありません。

残念ながら、「とら」が老いてから我が家に迎えた末っ子は、躾が出来ていませんので、とても我儘です。 今まで、レンジ台に上がる猫は皆無でしたが、その危険性を知らないからでしょうか、幾ら叱っても無効で、飼い主が叱るのを楽しんでいる気配があります。

今まで、躾の苦労が無かった飼い主の試行錯誤が続いています。

写真は、次男猫に附き沿う「とら」の様子です。

40代 女性 あーたーにゃー

猫にしつけをするという概念が私には余りありません。なぜなら、うちの猫は元野良猫ですが、我が家に来て以来、一度もトイレの失敗もなければ、爪研ぎ以外で爪を研いだこともないからです。
一度食卓のテーブルの上に乗った時に、野太い声で「ダメー!!!」と叫んだら、余程恐ろしかったのか、慌てて飛び降りました。それ以来、テーブルにも乗りません。なので叩くなんてとんでもない、と思ってしまいます。
しかし、つい手をあげたくなるくらいやんちゃな猫もいるのでしょうね……。
こう考えると、うちの猫はとても育てやすいんだな、と思いました。マイファースト猫なので、とてもラッキーでした。
でも猫のしつけのポイントを読んでいると、犬と変わらないんだな、としみじみ思いました。「叱るときは名前を呼ばない」は犬のしつけの時にもよく言われることです。褒めて伸ばすのも犬と同じですね。
これからも叱る機会がないくらいおりこうさんでいて欲しいです。

30代 女性 さくら

以前我が家で飼っていた猫は生まれつき気性の激しい、それはそれはこわ~いニャンコでした。
こちらからは何もしていないのに襲われることは日常茶飯事、遠くの場所にいてもわざわざそばまで走ってきて足を引っ掻かれたことも数えきれないほどあります。
そんな時はいけないとはわかっていても、もう反射的に「コラッ!」とニャンコの頭の上に手を振り上げ叩くマネごとをしてしまうことがありました。(さすがに実際には叩きませんが)
そうするとやっぱりニャンコも余計に興奮してさらに攻撃的になってしまうんですよね。まさに「飼い主にとっても危険」な状態です!
でも手を振り上げた時のニャンコの顔が、耳を後ろに下げて目を細めて、完全に怯えた表情になっていました。やはりどんなに気の強い猫でも、自分の何倍もある人間から叩かれそうになることはものすごい恐怖なのでしょうね。
怖いから余計に反撃する。飼い主はイライラしてさらに叱る。これでは負のスパイラルに陥るだけで、ニャンコにとっても人間にとっても、何ひとつ良いことがありません。
ニャンコが亡くなって20年ほど経って思うことは、いくら引っ掻かれてもこちらがもっと別の対応をしてあげていれば、ニャンコも少しは穏やかに暮らせたのかもしれないということです。
また、動物の問題行動には必ず原因があるはずです。本来の性格というものも確実にあると思うのですが、その他にも攻撃的になる理由があったのだとしたら、それをなんとか見つけて排除してあげなければいけなかったと反省しています。

女性 tonakai

今、初めての猫を飼育しています。一般的に猫はしつけできないと言われているので、猫を飼育し始めたときから特別にしつけや芸を覚えさせようと考えていませんでした。人間の様子を観察しつつ、自分の好きなように行動している猫なので、特別困ったことはありませんでした。子猫の頃はペットシーツをかじってしまうことがありましたが、叱るよりも猫に語り掛けるように「かじったらだめ」だと話したら理解してくれたようです。入ってはいけない場所に入ったら「いけません」と言うと引き返します。しつけは子猫の頃から行うのが良いですが、叩くことよりも、話してあげたほうが効果があると思います。言葉は分からなくてもちゃんと聞いていて、雰囲気でやって良いことやダメなことを覚えていると思います。「おりこうさんだね」というと、目を細めて満足そうな顔をしています。

女性 チセ

私の家の猫は、大きい声でしかっても全然イタズラを辞めようとしませんでした。一瞬やめてこっちを見てからまたイタズラを続けるので言うことを聞かず本当に困っていました。まぁ、そもそも私が甘やかしたのが悪いので自業自得なのですが。ですがあまりにもイタズラが激しくなってきたので、本やネットで調べた方法を片っ端から試していきその結果

【猫がイタズラをしたら霧吹きで素早く水をかける】

という方法が一番効果的で、水なので猫の健康面も安心なので良かったです。ただし、スイミングキャットで知られるターキッシュバンには効果がないでしょうね。だってターキッシュバンは水か大好きですから(笑)皆様も良ければ試して見てください。

女性 mura

愛猫が子猫ちゃんのとき、家のコードを噛む癖が治らず本当に困ったことがあります。もちろん叩いたりしませんでしたが、コードを噛みきって感電したらどうしようと思うと思わず手が出そうになりました。100均やホームセンターなどでコードを保護するカバーを使ったり、極力コードを家具の裏に這わせて隠したりしましたがやはりどうしても完全に防ぎきることができずにいたのですが、ある日ホームセンターで見つけた、【ビターアップルダバー】という商品を使ってなんとか治まりました。

こちらの商品は、猫が嫌がる苦い味のスプレーで(猫に無害なのでご安心ください)、コードや噛まれたくないものに吹き掛けておくとイタズラで猫が噛んだ瞬間、苦い味で噛むのを辞めるというものです。スプレーをする手間はかかりますが、お困りの方はお勧めなので一度試して見てください。

女性 ゆき

犬にしろ猫にしろ、しつけはとても大変です。猫の場合、しつけは無理だと言う方もいますが、そんなことはありません。要は教え方だと思っています。

カッとなり叩いてしまう気持ちももちろんわかります。何度も何度も粗相された時なんかは特に。でも、叩いてしまうことで猫は飼い主を怯えるようになってしまいます。元々警戒心が強いと言われている猫と信頼関係を築くのはとても難しいものです。

せっかく信頼され始めているときに、怒りにまかせ叩いてしまったことから、猫が飼い主を信用できなくなってしまえば、元も子もありませんよね。

我が家の猫たちは、名前を呼ぶとお返事が出来ますし、「おいで」と言えばきちんと来ます。「ごはん?」と聞くと「ニャー」と可愛い声で鳴きながら催促してきます。

しつけで叩くことをしなくても、ある程度のことは根気よく教え続けるとしっかり覚えてくれますよ。
人気のキーワード