しつけで猫を叩くのはやめよう!飼い主さんにとっても危険です

しつけで猫を叩くのはやめよう!飼い主さんにとっても危険です

愛猫がイタズラをしたけど叱ってもやめない。カッとなって手をあげてしまったことはありませんか??「叩く」という行為でしつけるのは愛猫にとっても飼い主さんにとっても危険です。しつけで猫を叩くj事なく愛犬と良い関係を作る方法をご紹介します。

1174view

猫を叩くまえに 「しつけ」の難しさを知っておく 

いたずら

愛猫のイタズラ(わるさ・迷惑行為)に対して「しつけ」をする際には、「ダメな事はいつでもダメ!!」と一貫した姿勢を通すことが大切です。 飼い主さんのご機嫌で「 昨日は良くて今日はダメ!」では、愛猫ちゃんは混乱し、ストレスを溜めてしまいます。

同じように、「小さいうちはわからないから」とか「可愛いから」と目をつむり、「大きくなってからはダメ!」と いきなりやめさせようとするのは飼い主さんの身勝手というもの。 子猫の時から「ダメなものはダメ!」と教えていけば、大きくなっても飼い主さんも愛猫ちゃんも快適な共生生活を送ることができます。もちろん、叩く、体罰を与えるしつけは愛猫との関係を壊すしつけ方法になりますので、絶対にやめましょう。

猫を叩く事無くしつけるポイントは「言葉とタイミング」

しつけ

ひとこと「言葉」で

愛猫がイタズラ(わるさ)をした時、一般的には「ダメッ!」とか「コラッ!」とかいつもと違う少し大きめの低い声で「ドキッ!」とさせてやめさせます。猫のしつけには「根気」が必要です。 繰り返し繰り返し何度でも根気よく続けることにより 不思議と「ピタッ」と効果を実感できる日がきます。
「根くらべ!」と覚悟を決めて付き合う 覚悟が必要です。

感情的に叩く、怒鳴ったりするのではなく、ひと言「言葉」で叱ります。叩いたり怒鳴ったりするのは一時的には効果があるようにみえますが、猫には叱られて反省するという発想がないので「攻撃的に」「威圧的に」怒鳴られたと感じ、飼い主さんとの信頼関係が崩れてしまうおそれがあります。

名前は呼ばない

つい「〇〇!ダメ!!」と愛猫の名前を呼びながら叱ってしまいがちですが、コレはよくないそうです。「名前を呼ばれる=叱られる」と関連づけてしまうと、次に名前を呼んでも「また叱られるかも・・・」と近寄って来なくなることがあるそうです。

叱るタイミングが大切

そして、必ずイタズラをした「瞬間」に 大きな声で叱ります。時間が経ってから叱ったのでは、愛猫にしてみれば「なんで怒られるの?」となるので、必ずイタズラをしたその瞬間に叱るようにします。「現行犯」で叱るからこそ、何で叱られているのかが理解しやすくなります。

猫を叩くのは持ってのほか!しつけは「褒める」ことが大事!

猫を褒める

イタズラをした時に叱るだけでなく、「名前を呼んだら来てくれた」とか「ダメ!と言ったら聞いてくれた」とか、ちょっとしたことでも言うことを聞いてくれた時には褒めてあげましょう!!「〇〇はいいコだね!」など言葉をかけながら、頭や首のあたり、体などを優しく撫でてあげます。
褒める時は叱る時とは逆に、必ず名前を呼んであげます。 「名前=褒められる!気持ちいい!ご褒美がもらえる!?」 となるので、どこに居ても名前を呼ぶとすぐそばに来てくれるようになります。

ウチでは「〇〇は△△でおりこうだねぇ~!」と言いつつ、優しく撫でまわした後にご褒美をあげています。 いつものフードより少し高めのおやつ用のフードを3粒。たった3粒でも、小さい時からそうしてきたので納得?してくれているみたいです(笑)
たまに、自分からお手やおかわりをして「もっと欲しい!」と おねだりすることもありますが、、、

名前を呼んですぐ来た時 、芸をした時 、いいコでお留守番をした時 、オシッコやウンチをした時など日々褒めまくり!!

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 50代以上 男性 イチロウ

    猫の躾、と言えば、我が家では、飼い主の役目では無くて、最愛の長男猫「とら」のすること、と決まっていましたので、飼い主は、余り出番がありませんでした。

    「とら」自身には、躾の必要が無くて、飼い主の言うことが理解出来ましたので、家の中で共に暮らす折にしてはいけない事をその都度言うのみで済みました。 

    「とら」以外の猫を、次男猫、三男猫、と迎える度に、その躾役を愛猫「とら」が飼い主に代わりしてくれた訳で、飼い主は、楽でした。

    例えば、今でも鮮明に覚えている出来事があります。 それは、私が、洗濯物を取り入れ、シャツにアイロンをかけている折に、仔猫が邪魔をするので、「とら、叱って!」と頼んだ折でした。 

    「とら」は、仔猫を後から前脚で抑え、アイロン中の飼い主に仔猫が近寄るのを阻止したのでした。 そして優しく、まるで母親が何事かを言い含めるように仔猫に自分の顔を近づけて宥めるのでした。

    また、廊下で走る次男猫を前脚で頭を抱えるようにして投げ飛ばしたこともありました。 前脚の片方を首の下に入れ、他の脚を首の上にして投げ飛ばした訳です。 投げられた次男猫は、一回転して起き上がるとしばし呆然としていました。 次男猫が廊下を走るのが止んだことは言うまでもありません。

    残念ながら、「とら」が老いてから我が家に迎えた末っ子は、躾が出来ていませんので、とても我儘です。 今まで、レンジ台に上がる猫は皆無でしたが、その危険性を知らないからでしょうか、幾ら叱っても無効で、飼い主が叱るのを楽しんでいる気配があります。

    今まで、躾の苦労が無かった飼い主の試行錯誤が続いています。

    写真は、次男猫に附き沿う「とら」の様子です。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード