猫のフケの原因と日常で出来る対策

猫のフケの原因と日常で出来る対策

猫のフケについてお悩みではないですか?猫のブラッシングをしていると、白いカスの様な物がたくさん出てきた経験はありませんか?その正体、ズバリ「猫のフケ」です。でも、なぜ猫からフケが出るのでしょうか?猫からフケが出る原因というのは様々であり、中には皮膚の病気を起因としている猫のフケもあるので注意が必要になります。今回はこの猫のフケの原因と対策についてまとめてみました。愛猫のフケを改善したい方のお手伝いが出来たら幸いです。

405view

猫のフケの原因

皮膚を舐める猫

猫のフケの主な原因は、新陳代謝により古い皮膚が剥がれ落ちる事が原因です。この、古い皮膚がはがれおちる事により、新鮮で健康な皮膚に生まれ変わるのです。この代謝はいたって正常で、人間も同じなので、ご存じですよね。

しかし、猫のフケが発生する原因はそれだけではなく、一概に正常とは言えない場合があります。そしてその原因は、様々。それでは、猫のフケの原因をまとめてチェックしていきましょう。

乾燥によって猫の皮膚が剥がれ落ちる

空気が乾燥していると、フケが出やすくなります。
冬はもちろんの空気が乾燥しやすいです。また、夏はエアコンによって、空気が乾燥するので、気をつけましょう。それから、静電気が起きる時も注意が必要です。

カビが原因で猫のフケが出る

皮膚糸状菌症(白癬)は、皮膚糸状菌という真菌(カビ)に感染することが原因で、皮膚に脱毛やかさぶたなどの症状が出てフケがでる病気です。子猫や免疫力が低下している猫は、皮膚糸状菌症を発症しやすいそうです。

ノミやダニが発生し皮膚が炎症を起こし、猫のフケがでる

ツメダニによるツメダニ症

ツメダニ症は、ツメダニという寄生虫が猫に寄生することによって発症します。寄生された部位に大量のフケが出て、湿疹やかさぶたができ脱毛するといった症状があります。猫はあまりかゆがることはないです。

ヒセンダニによる疥癬(かいせん)

疥癬は、猫ヒゼンダニ(猫小穿孔ヒゼンダニ)というダニが寄生し、かゆみの強い皮膚炎を引き起こす病気です。かゆみが激しいため、体をよくひっかくようになります。激しいかゆみに襲われるため、傷や新陳代謝によってフケやカサブタが目立つようになります。悪化すると全身に広がります。皮膚が硬くなるため、顔や耳の皮膚にシワシワになり、まるで年をとった猫のように見えます。

ニキビダニによるニキビダニ症(毛包虫症)

ニキビダニが毛穴に寄生するとニキビダニ症(毛包虫症)を発症し、皮膚炎を起こします。このダニの感染は、犬ではよく見られますが、猫の場合ごくまれな病気になります。ニキビダニ症を発症したところには、フケと脱毛が見られ、悪化すると赤くただれたり、かさぶたができたりといった症状が見られます。

猫のフケの対策

:
  • こまめに猫のブラッシングする
  • 定期的に猫のシャンプーする
  • 部屋の湿度調節をして猫のフケを防ぐ

まずフケの原因を確認して下さい。猫の皮膚病や感染症ではないか確認する事が重要で、かゆみがあるか?脱毛している箇所があるか?出血やかさぶたができているか?また、発疹などの症状が見られた場合は、早めに動物病院に連れて行って、治療する事が一番の対策になるでしょう。

しかし、愛猫が健康に暮らしていても、普段の新陳代謝でもフケはでるもの。猫の体を衛生に保つためにも、日頃のケアが大事です。
それではここで日常で出来るフケの対策についてみて行きましょう。

こまめに猫のブラッシングする

猫のフケ対策には、ブラッシングが一番良いです。
ブラッシングをすることで、抜け毛を取るほかに、マッサージの効果もあり血行を良くなり皮膚を健康に維持します。それから、飼い主の方が皮膚の異常などに早く気づき、皮膚病の早期発見にもつながります。
ブラッシングする時は、フケを取ろうとして強く皮膚を刺激しないようにしましょう。
強くブラッシングすることで、皮膚を傷つけて皮膚炎になる可能性もあります。
それから、ブラッシングすることで、静電気もおきやすくなるので、市販のブラッシングスプレーを使うと便利ですね。

定期的に猫のシャンプーする

シャンプーで、フケを綺麗に洗い流して、皮膚を清潔に保ちます。この時、使用するシャンプーは、猫のフケ用のシャンプーがおすすめです。また、皮膚の弱い猫用の低刺激のシャンプーもあります。シャンプーする時は、よくすすいであげます。シャンプーの成分が皮膚に残っているのも良くありません。それから、よく乾燥してあげて、水分を取り除いてあげましょう。濡れた皮膚はカビの温床になり易いので気を付けましょう。それがフケの原因となる可能性もあります。
お風呂が嫌いな猫や高齢の猫は、シャンプーが出来ないこともあります。その時は、蒸しタオルで拭いたり、ドライシャンプーを使用する方法があります。

部屋の湿度調節をして猫のフケを防ぐ

空気が乾燥しないように、室内の湿度を調整します。猫の生活環境として推奨されている湿度は50%~60%、室内温度は18度~29度くらいとなります。
冬は、乾燥するので加湿器を使用しましょう。夏はエアコンの風に、直接当たらないように気を付けましょう。

猫のフケ対策に大事な「ストレス解消」

ストレスが原因で、猫はフケだけでなく様々な体調不良や、病気の原因になることがあります。
猫のストレスを解消してあげるようにして、フケ以外の病気も誘発しないよう心がけましょう。

おすすめの猫のストレス解消法

猫が身を隠す場所を用意する

猫は狭く暗い場所に身を隠すことによりストレス発散します。自由に身を隠せるように猫用のグッズを買ってあげるのもよいでしょう。

高い所を用意する

猫は上下運動が大好き。キャットタワーなど、部屋の中に高い所を用意してあげると、それを利用してストレス発散ができます。

猫が爪とぎ出来る場所を用意する

猫にとって爪とぎは重要な行動。また、ストレスを発散する行動でもあるので、部屋の中に爪とぎができる環境を準備しましょう。

猫とこまめに遊んであげる

猫は遊ぶのが大好きです。いつでも遊べるお気に入りのおもちゃを見つけ、与えてあげましょう。

ブラッシングしてあげる

猫は仲間同士でグルーミングをしますよね。実はグルーミングにもストレスを和らげる効果があります。仲間に代わって飼い主のあなたが猫にブラッシングをしてあげましょう。愛情も伝わりますよ。

猫のフケについてのまとめ

皮膚を掻いてフケが出る猫

猫のフケは、少量なら対策はありますが、たくさんフケが出る時は、病気の可能性があるので動物病院に連れて行きましょう。また日頃から、猫のブラッシングなどをして、スキンシップと皮膚の健康状態をチャックするのも良いですね。

女性 にゃコロ

我が家の愛猫も、猫フケが出ています。体調が悪い時は特に毛並みも悪く、フケの量も多いです。原因は持病からくる免疫の低下や、最近新猫との新しい生活がはじまって、ストレスも大きくなった為だと感じています。
言われてみると、乾燥も原因かもしれません。人間も乾燥から肌が痒くなり、粉を吹く事がある様に、猫も一緒なのかなと思いました。
我が家では、やはりブラッシングをしてあげる事と、アレルギーも要因かもしれないので、獣医さんに相談して医療用フードに替えてみたりして対策しています。季節的に暑い日も出てきたので、シャンプーも考えましたが、愛猫は大のお風呂恐怖症で、逆にストレスになってしまうので、年に1回が限度です。
猫によって対策は様々ですが、引き続き我が家の愛猫に合ったケアをしていこうと思います。

女性 プティング

白癬は、ウチの子を迎えて直ぐに症状が出たことがあります。
動物シェルターから譲り受けた子なのですが、やはり猫が沢山いる場所には菌アリ!という感じで、感染していたようです・・・。

ウチの子の場合は鼻の頭にかさぶたができました。段々と大きくなり受診して薬を貰って治療しました。
人間にも移る可能性がある、ということで、消毒はしまくりましたね。
幸い、それほど経たずに治ったので良かったです。

猫のフケはストレスでも出ることがある、というのにビックリです。
繊細な猫ですものね。ストレス溜めやすいですよね。住環境には充分に気をつけようと思いました。
ウチの子はどうも、ブラッシングが好きではないようで・・・。
撫でると小さなフケが出ることがあるのでブラッシングをしてあげたいと思っても、中々難しいです(泣)
でも諦めず、愛猫が好むブラシを見つけるまで、頑張ります!!

スポンサーリンク

人気のキーワード