ドラゴンリーってどんな猫?その特徴や性格、飼い方まで!

ドラゴンリーってどんな猫?その特徴や性格、飼い方まで!

ハンターが得意の賢い猫「ドラゴンリー」。中国で古くからとても愛され大切にされてきた珍しい種類の猫です。そんなドラゴンリーとはどんな猫なのでしょうか?ドラゴンリーの魅力や特徴を紹介します。

712view

猫「ドラゴンリー」の歴史

ドラゴンリー猫の切手

出典:https://www.omlet.co.uk

科学的実証はないですが、ドラゴンリーとはヤマネコの亜種「ハイイロネコ」の一種から自然に生まれた猫で、その歴史は古く、5000年以上前から中国に生息していたと言われています。

そのためか中国ではとても大切に扱われ、ドラゴンリーの交配の際は猫の結婚式を行うほど中国の国民に愛される猫です。猫の結婚式なんて見てみたいですよね!「きっと可愛いんだろうな」って個人的に気になってしまいます。
また、中国では切手にまでなっており、ドラゴンリーは幸せを運んで来てくれる猫という言い伝えもあります。

ドラゴンリーのデビューは2003~2004年にかけて中国北京で行われたキャットショーで、エクスペリメンタルブリード(実験的品種)の猫として披露されたのが始まりです。
2005年にCAA(中国最大の品種登録団体)が開催したキャットショーでは「ニーデ」という名前のドラゴンリーのオス猫がチャンピオンになりました。
その後CAAはドラゴンリーのプロモーションに力を入れ、団体のロゴをドラゴンリーにするなどの精力的な宣伝活動を行った結果、2010年2月CFAで公認されました。

猫「ドラゴンリー」の特徴

3匹のドラゴンリー猫

出典:http://cattime.com

ドラゴンリーはその被毛の特徴から、英語圏では「チャイニーズ・リー・ファ(Chinese Li Hua )」や「リー・ハウ・マオ(Li Hua Mao「狸花猫」、中国語でハウ:花、マオ:猫)」と呼ばれ、この「ハウ」はドラゴンリーのトラ柄のタビーパターンを指しています。

ドラゴンリーの見た目

ドラゴンリーは三角のお耳に丸いお顔、がっちりとした体格、被毛はブラウンのキジトラ猫のような縞模様をしています。その被毛は毛先に向かって色が段々と明るくなるのが特徴です。
ハイイロネコの面影が残る太い足に、がっちりと丈夫そうな姿に逞しさが感じられます。

ドラゴンリーの体重や寿命

ドラゴンリーの体重は3.8㎏~5.0㎏と普通の猫と同じサイズなので、一見するとキジトラの猫に似ています。
ドラゴンリーは成長が普通の猫よりも遅く、成熟するのに3年の歳月を要します。

ドラゴンリーの平均寿命は10年~13年と猫全体の平均寿命に比べると少し短いですが、自然発生した猫のため遺伝疾患が無いと言われていてとても健康的で丈夫な猫です。

猫「ドラゴンリー」の性格

か後の中で眠るドラゴンリー猫

出典:http://cattime.com

ドラゴンリーの性格はもともとネズミ駆除を行っていたためハンター気質で好奇心旺盛ですが、従順で協調性や落ち着きもあり、賢い性格をしています。
構い過ぎるとストレス性疾患になってしまう可能性がありますので気を付けて下さい。

猫「ドラゴンリー」の購入方法や価格

肥満気味のドラゴンリー猫

出典:http://nekopedia.jp/

ドラゴンリーは自然発生の猫でとても貴重で珍しい猫なので、個体数が少なく、入手が難しいかもしれません。気になる方はブリーダーさんやペットショップに問い合わせてみて下さい。
珍しい猫なので50万円位するのではないかと予想されています。

猫「ドラゴンリー」の飼い方

横たわってリラックスするドラゴンリー猫

出典:http://www.catbreedselector.com

ドラゴンリーは中国の革命家「チャオ・ツャンツァイ」の晩話の中で、チャオ・ツャンツァイの言いつけで新聞を取ってきた猫としても有名です。

ドラゴンリーの飼い方① 運動面

ドラゴンリーは運動が大好きな猫なので、楽しく自由に遊べる環境を作ってあげるようにしましょう。キャットタワー等の猫用の遊具を用意してあげると喜ぶかもしれません。

ドラゴンリーの飼い方② 温度管理

ドラゴンリーは自然発生の猫ですが、寒さに弱いため冬の寒い季節には温かく過ごせるように空調管理等の工夫が必要です。

ドラゴンリーの飼い方③ お手入れ

ドラゴンリーの被毛のお手入れは週に1回ブラッシングを行う位で大丈夫です。

40代 女性 maki

キジトラ猫のメスを飼っているということもあり、容姿が似ているドラゴンリーには興味津々です。しかもハンター気質で好奇心旺盛なのは、我が家の猫もまさにその通りです。日本のキジトラ猫も、もともとは中国からやって来たと言われているので、おそらく歴史をさかのぼっていくと、いろいろと共通点がありそうな気がします。
また、ドラゴンリーのように疾患が少なく体が丈夫なのは、猫を飼う上で大切なポイントですよね。軽い病気であっても治療費はそれなりにかかりますし。とにかく丈夫な体質に越したことはないかと思います。
また、ブラッシングが週1ぐらいでOKなのであれば、普段忙しい方などでも飼いやすそうですね。品種によっては毎日ブラッシングが必要な猫ちゃんもいますので、普段の手入れがしやすいかどうかは大きなポイントだと思います。

女性 Keiko

「ドラゴンリー」というねこちゃんは、私にとって図鑑の中でのみの存在でした。一見、キジトラさんに見えるので、本当にそんなに希少で重要なねこちゃんなの?と、無類の猫好きな私でも思ってしまいますし、どっちがキジトラさんかドラゴンリーかと言われて、当てることができるのか...自信はないです。でも、キジトラさんの柄もそうですが、野生のねこちゃんに近いからこそうまれてくる柄を持ってるので、人為的な手を加えていない自然発生だからこその強さgあらわれています。中国出身なのも、そしてねこちゃんの結婚式を行うほどの重要性を持っているのも、名前に「ドラゴン」がついていることからうかがえますね。すごい興味があります。ぜひとも会ってみたいです!余談ですが、私もねこちゃんの結婚式も気になります。ぜひそちらも見てみたいです。

女性 にゃコロ

切手になる程の知名度と、結婚式を挙げてしまう位に愛されている猫種は、中国代表とも言えるのではないでしょうか。
どっしりと構えている姿と威厳ある顔立ちが立派だなと感じます。
猫の結婚式には驚きました。どう言う儀式かは情報を探せなかったのですが、そういう猫ビジネスとして、今後あっても良いかもしれませんね。
我が家の愛猫もキジトラで、祖先を辿ればドラゴンリーに行き着くかもしれません。ただ、根っからのあまえん坊の臆病くんです。若い頃にはハンターとしての能力が高く、スズメやネズミを捕まえてきては、みてみて!誉めて!と私に持って帰っていたので、山猫の血がしっかり受け継がれているのかな、と少し自慢です。
遺伝性の疾患が無い事は飼い主さんにとって嬉しい事だと思います。病気は遺伝性だけではありませんが、一緒に暮らす上で健康はとても重要だと痛感しています。
価格は張りますが、その分大切に育てられるのかなと思うので、出会いがあったら飼ってみたいです。

20代 女性 UMI

こんな猫ちゃんがいることを初めて知りました。正直キジトラとドラゴンリーの違いがわかりませんが(笑)どんな猫でも可愛いことに変わりはないですよね。ちなみにお値段ですが興味があったので、知り合いのペットショップとブリーダーにそれぞれ聞いて見たところ、現在取り扱いはほぼ原産国の中国のみで子猫の値段は約8万円(底値)、輸入のみの取り扱いとなるため輸送代20~30万円と考えると安くても30~40万円ほどのなるだろうとのことでした。また短毛な為に、丈夫ではあるが風邪を引きやすいそうです。冬は温度管理をキッチリしてあげるのが望ましいようです。飼う事を検討している方は参考までに。

30代 女性 tonakai

世界にはまだまだ広く知られていない猫がいるのですね。ドラゴンリー、初めて知った猫です。名前がかっこいいですよね。「キジトラ猫じゃないの?」と思う人が多いのではないでしょうか。丸い顔はマンチカンにも似ていると思いました。体重だけみても普通の猫と変わりないので、本物を見ても「キジトラだ」としか思えないかもしれませんね。とはいえ、太い足であることはヤマネコを思わせワイルドさも感じます。キジトラに似ているのに、寒さに弱いというのが意外ですね。中国の暖かい地域の生まれなのでしょうか?
遺伝性の病気がないことも含めて、品種改良で生まれた猫とは違う魅力があると感じました。原産国で大事にされていて、とても幸せな猫ですね。

20代 女性 土偶子

ドラゴンリーという名前からしてめちゃめちゃかっこいい猫ちゃんですが、自然発生だということは初めて知りました!
それでいて賢さを表すような逸話もあるし、結婚式が行われるほど愛されているなんて、とってもロマンのある猫ちゃんですね!
ヤマネコの血を引いてとってもワイルドみたいなので、お部屋にキャットタワーやおもちゃなど、運動できるアイテムをたくさん置きたいですね。
見てるこっちも退屈しないほど遊んでくれそうです♪
キジトラにかなり似てますが、見分け方なんかはあるのでしょうか?

2010年に認可されたばかりということで、これから繁殖されていくのが嬉しいような悲しいような……ですね。
遺伝疾患があまりないという長所が無くなってしまわないかとても心配です。
ドラゴンリー本来の美しさを残して、なるべく自然な形で繁殖していってほしいです。
ぜひ一度、本物を見てみたい!
人気のキーワード