猫がエンジンルームに入る理由と対処法

猫がエンジンルームに入る理由と対処法

「寒くなると、外で暮らしている猫が車のエンジンルームに潜り込む」という話をよくネットやテレビで見かけます。悲惨な事故が起きる前に、猫がエンジンルームに入る理由と対処法を知っておきましょう!

605view

猫がエンジンルームに入る理由

ボンネットの上で寝ている猫

暖かいから

猫は非常に寒がりです。夜、身体を休める為に寒さをしのぐ場所として、エンジンを止めたばかりで熱を持ったままのエンジンルームは最適な場所です。

他に侵入してくる者もなく、長時間静かに眠れるから

細かい部品が組み合わさっているエンジンルームは猫にとって頑丈な壁に仕切られている小さな個室のよう。他の猫が入り込める場所はないので、自分だけの空間として落ち着いていられます。

暗くて狭いから

家の中で暮らしている猫でも、ベッドの下やテレビの裏などに隠れてじっとしている事がありませんか?猫にとっては暗くて狭いところは誰からも驚かされたりせず、落ち着いてゆったり過ごせる大好きな場所なんです。

猫がエンジンルームに入るルート

車体の下に潜り込んでいる猫

車の下からです。
非常に複雑な構造をしていて人間の腕もなかなか入れにくいのに、部品と部品の隙間から侵入します。

猫がエンジンルームにいる時の対処法は?

ボンネットの上であくびをしている猫

ボンネットを開ける

実際に目視で猫がいるかいないかを確かめます。猫を目視出来なくても、猫の毛や食べ物の残骸、足跡などの痕跡があるかもしれません。痕跡があれば、猫が入らないように対処法を考える必要があります。

エンジンをかける前に音をたてる

「ボンネットを叩く」「クラクションを鳴らす」「わざと大きな音をたててドアを鳴らす」など。
ただ驚いた猫がさらにエンジンルームの奥に逃げ込んでしまうかもしれないので、しばらく音を立ててもまだ猫の気配がするなら、車の整備工事かJAFを呼びましょう。費用はかかるかもしれませんが、エンジンルームの中で悲惨な事故が防げるのなら止むを得ません。

猫がエンジンルームに入らないような対処

車体の下から出てくる猫

車の周りに忌避剤を置く

ホームセンターなどで売られています。食べても死なないワサビやハーブなどが材料として使われているものです。

キャットカットを車の周りに置く

プラスチックの剣山のような猫除けです。車の周りに置くと、猫は足場がないので車に近づけなくなります。

超音波発生器を置く

8000円~10000円程度と高額ですが、猫に対する効果は抜群で猫除けの効果は95%以上だそうです。人間には聞こえない、猫には不快な音を出して猫を車に近づけない装置です。

まとめ

タイヤの隙間に潜り込む猫

寒い朝、仕事に行く時に車を使う人は早くエンジンをかけて暖まりたいですよね。
でも、自分の車の中で猫が悲惨な目にあったらきっと後悔します。そうならないように近所で野良猫や外飼いの猫を見かける事があるなら、車の中に猫がいないかどうかを確認してエンジンをかけましょう!

スポンサーリンク

人気のキーワード