猫の葬儀について知っておくべきこと

猫の葬儀について知っておくべきこと

近年、マンション等の集合住宅で猫と一緒に生活をしている飼い主さんが増加しているせいか、ペットの葬儀会社を利用する人が増えてきているそうです。今回は猫の葬儀についてまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

396view

愛猫の葬儀について

花と猫

皆さんは愛猫と楽しく過ごしていますか?
愛猫と過ごす時間はとても楽しく幸せで、「こんな日々がいつまでも続けばいいのに」と思いますが、猫の寿命というのは私たち人間よりも短く、愛猫の最後の瞬間を見届けなければいけない日が来てしまいます。

皆さんは愛猫が死んでしまった後の葬儀について考えた事がありますか?
ひと昔前までは愛猫が死んでしまった後は庭などに埋葬してあげるのが一般的でしたが、ペットと一緒に入居可能なマンションに住んでいる方々はお庭が無い為に埋葬してあげる事が出来ません。
そういう場合、愛猫の亡骸をどうしたらいいのか悩んでしまいますよね。

今回は「猫が死んでしまったらどうすればいいんだろう」と悩んでいる方の為に、猫の葬儀についてご紹介します。

猫の葬儀はせずに埋葬や火葬する場合

花畑の猫

所有地に埋葬する

自分の土地に埋葬してあげる場合は、死体の腐敗臭やカラス・ネズミの悪戯等で近隣住民に迷惑が掛かってしまう可能性もありますので出来るだけ深い穴を掘って埋葬してあげるか、または火葬してから埋葬してあげる事をお勧めします。
動物の火葬は自治体によって集団で火葬してくれる所もあります。

所有地がない場合

猫などの動物の死体は廃棄物処理法では一般廃棄物扱いとなっています。どのように処理をすればいいのか知りたい方は、猫の死体について各自治体や市町村によって対処方法が違ってきますので一度お近くの保健所や清掃課に問い合わせておくと安心です。

動物の死体は廃棄物として扱われるため、川の周辺、公園などの公共の場、海や山林、他人の土地に埋葬するのは廃棄物の処理及び、清掃に関する法律第5条の規定に反してしまうので、処罰の対象となってしまいます。

猫の葬儀の前に愛猫に最後にしてあげられること

花を被る猫

愛猫の死後、葬儀を行う為に最後にしてあげられる事は葬儀の準備をしてあげることです。

丈夫な箱(燃えやすい箱)、タオルやシーツ、新聞紙、保冷材やドライアイスを用意してあげて下さい。
猫が死んでしまって死後硬直が始まってしまう前に、手足を折りたたんでおいた方がいいです。死後硬直が始まってしまうと手足が伸びてしまった状態で体が硬直して固まってしまう為、納棺できなくなってしまいます。
そして人間の葬儀前と同じように、天に旅立つ猫の為に毛並みを整えてあげたり、目や口を閉じてあげたりと身だしなみを綺麗に整えてあげましょう。

死後の動物は人間もそうですが体が歪んでしまい、その際に尿や便等が出てしまう可能性もあります。その際は湿らせたタオルなどで綺麗に拭いて清潔にしてあげましょう。
箱の中にシーツやタオルを敷いて猫の死体をゆっくり横たわらせて、その中に保冷材やドライアイスを入れて腐敗防止をして葬儀を待ちます。

猫の葬儀の種類

子猫

猫の葬儀には2つの方法があります。1つ目は「自宅安置と自宅訪問セレモニーや自宅葬」、2つ目は「ペット霊園やセレモニー会場での葬儀」です。
葬儀に参列する際の服装ですが、人間の葬儀と同じように派手な服装は避けて参列するのが一般的だそうです。

自宅訪問セレモニーの場合

「自宅訪問セレモニー」の場合、自宅まで来て猫の葬儀を取り仕切ってくれるようです。
葬儀の時間は約1時間~3時間程かかると言われています。
火葬車が自宅まで愛猫を迎えに来てくれます。そして猫の火葬をその車の中で行うそうです。近所の目が気になってしまう方の為に配慮して飼い主さんが希望する場所で火葬を行う事も出来るみたいですので、自宅以外の火葬場所を希望される場合は葬儀会社と相談をして下さい。

ペット霊園やセレモニー会場の場合

「ペット霊園やセレモニー会場」での葬儀の場合、自宅火葬と大差ないですが葬儀をペット霊園やセレモニー会場で行います。
この葬儀ではお坊さんが猫の供養の為にお経をあげてくれるところもありますので、猫の為にお経をあげてもらいたい場合は葬儀を取り仕切る会社に問い合わせてみて下さい。

火葬方法

個別火葬と合同火葬の2つのタイプの火葬方法があります。合同の場合は他のペットと一緒に火葬されてしまう為、お骨上げをする事が出来ません。
火葬後はペット霊園にお骨を預ける飼い主さんもいますが、骨壺に入れて自宅で安置する飼い主さんもいるそうです。骨壺は大型ペットショップでも取り扱いしていますので、お気に入りの骨壺に入れて自宅で安置してあげるのもいいかもしれません。

棺に入れられるもの

火葬の際に飼い主さんの要望で、生前猫さんが好きだった食べ物やお花、写真や手紙なども入れる事が出来るそうです。猫さんの愛用していた毛布なども入れてあげる事も出来るそうですが、純毛製品か絹製品に限られてしまいますので気を付けて下さい。
猫の葬儀に添えるお花ですが、人間の場合は菊の花が一般的ですが、猫の場合は葬儀には流派が存在しないのであまり深く考えなくてもよさそうです。飼い主さんが好きなお花や猫さんのラッキーカラーだった色のお花等を選ぶ飼い主さんが多いそうです。

お花屋さんに猫の葬儀用のお花を頼むと、飼い主さんの希望に合わせた色使いで可愛くアレンジしてくれるそうです。葬儀で添えるお花には蕾のお花ではなく、カーネーションやガーベラやユリなどの綺麗に花が開いたお花を選んであげて下さい。

埋葬方法

ペット霊園などに埋葬した場合、お墓参りなども出来るそうなので命日や記念日など好きな時に猫さんに会いに行く事が出来ます。
自宅で骨壺で保管する場合、葬儀後四十九日を過ぎたら家の中の静かな場所で寝かせてあげる事をお勧めします。自宅に埋葬を考えている飼い主さん達の為に、自然に土に還る桐の箱を用意してくれる会社もあるそうです。

猫の葬儀にかかる費用

黄色い花と猫

移動火葬車の場合の平均金額

  • 火葬+埋葬 18000円
  • 火葬+返骨 20000円
  • 立会+骨上げ 24000円

葬儀会社によって金額の変動があると思いますので、詳しく知りたい方は自宅近くの葬儀会社に問い合わせて下さい。

ペット霊園やセレモニー会場での葬儀の場合

  • 葬儀+火葬+お骨上げ等 40000円
  • 霊園などにお骨を預ける場合 年間6000円~15000円
  • 埋葬する場合 年間2000円程

葬儀会社によって四十九日や一周忌、三周忌に供養をしてくれる会社もあります。
中には猫の遺骨等を小さなメモリアルカプセルに入れてくれる会社もあり、そのメモリアルカプセルを身に着ける事でいつまでも愛猫と一緒に過ごしたいと願う飼い主さんもいるそうです。

猫の葬儀のまとめ

蝶と猫

近年のペットブームでペット霊園の利用者が増加してきているそうです。猫や犬等をとても愛し、そして死後も大切に供養をしてあげる飼い主さん達が増えて来ている事にとても嬉しい気持ちになります。

私の自宅では11歳のお爺さん猫がいて、大人しく寝ている時やちょっかいを出しても動かない時は死んでしまったのではないかと少しヒヤヒヤしてしまいます。この記事を書きながら、どうしてもそのお爺さん猫の葬儀の事を想像してしまい、何度か涙が出そうになってしまいました。

一緒に生活をしている以上、動物たちの死を目の当たりにするのは当たり前の事なのですが、出来れば避けたい気持ちでいっぱいです。愛猫には長生きしてもらいたいですよね。

スポンサーリンク

人気のキーワード