猫にビールを絶対に与えてはいけない理由

猫にビールを絶対に与えてはいけない理由

猫にビールを飲ませて、その様子を動画で公開している飼い主さんもいるようなのです。果たして本当に猫にビールを飲ませて大丈夫なのか?害は無いのか?詳しく調べてみました。

404view

猫にビールは「少量でも致命傷」

ビールNG

獣医師の意見によれば、猫にアルコールを「5.6ml/kg」飲ませるだけで、すでに致命的であるそうです。このように、ごくわずかな量のアルコールであっても、場合によっては呼吸機能の低下や昏睡状態を経由して死亡してしまうリスクがあるのです。

猫がビールの泡を少し舐めるだけでも危険

本当にごくごく少量であれば大丈夫だと思い、猫の可愛いしぐさを見てみたいからといってあなたの大事な猫ちゃんにビールの泡をほんの少し舐めさせてしまうだけでも実はとても危険なのです。ごくわずかなビールの泡に含まれる少量のアルコールでも、十分に猫を急性アルコール中毒に至らせる危険をはらんでいるのです。

ビールであれば1㎏あたりわずか100ccでも口にしてしまうと猫にとってはすでに致死量となるのです。猫は体が小さい分、人間とは違ってほんのわずかな量のアルコールでさえほろ酔い状態をすっ飛ばして泥酔、昏迷状態に陥ってしまうリスクが十分にあるのです。
ですから、絶対に口にさせない、舐めさせてしまわないように飼い主が管理することが重要なのです。

猫がビールを誤飲した時の対処法

猫とビール

飼い主の管理不行き届きによって、置きっぱなしにしていた缶ビールやこぼれたビールを猫が舐めてしまってアルコールをわずかでも口にしてしまった様子があれば、ただちに嘔吐させなければいけません。
猫の口を開けさせ、指を舌の奥へ入れれば嘔吐させられるそうです。自分でできなければ、一刻も早く動物病院へ連れて行かなければいけません。

面白半分で猫にビールを与えるのは絶対ダメ!

猫がビールを飲む様子を黙って見ていておもしろがっている人もいるようですが、とても危険なのでやめておきましょう。ごくまれに、飼い主と一緒になってビールを飲んでしまっても生きている不思議な猫ちゃんもいるそうですが、知恵袋のデータなので真偽のほどは定かではありません。
たいていの場合は上述したとおり、ごくごくわずかなビールが致死量となるのです。

猫にマタタビもあげすぎるのも注意

猫をほろ酔い状態にさせると言われるマタタビもあげすぎはやはり危険のようです。
一時的なストレス解消には良いのですが、あげすぎると中枢神経を麻痺させてしまうために最悪の場合は死亡してしまうリスクがあるそうです。

猫にビールを与える危険性のまとめ

猫とからのビールグラス

以上の理由から、ほんのごくわずかな量であっても猫ちゃんが口にしてしまえば命を危険にさらしてしまうのがビールです。
1滴のビールでさえも大事な猫ちゃんの口に入ってしまわないように、ビールは猫の前では飲まないようにするべきです。あるいは、ビールを飲んでいるときは猫に近づかないようにしたり、飲んだらすぐに片づけて飼い主が徹底的に自己管理することが重要ですね。

大事な猫ちゃんをビールのせいで亡くしてしまっては、ヤケ酒に走る気分にもなれないと思います。

スポンサーリンク

人気のキーワード