サバ猫の特徴と魅力!性格はフレンドリー?ツンデレ?

サバ猫の特徴と魅力!性格はフレンドリー?ツンデレ?

皆さんのお家のサバ猫はフレンドリー派?それともツンデレ派?サバ猫の性格は両極端な2種類の性格に分かれます。その性格の裏側には外敵から身を守る為の知恵が隠されていました。今回はそんなサバ猫の性格の秘密を紹介します。

824view

サバ猫は日本でポピュラーな和猫の代表的な柄

木の上のサバ猫

皆さんは猫の性格が柄によって違うのをご存知でしょうか?
猫の性格がそれぞれ違うのは知っているけど、柄によって性格が左右されることまでは知らなかったという方が多いと思います。
猫の色素を決定する遺伝子が性染色体上にあることと、性格を決定する遺伝子の座標が色素遺伝子と近いことから、猫の被毛の柄と性格には因果関係が存在するらしいのです。猫の被毛の柄で性格が分かるなんて面白いですよね。

猫の被毛の柄と性格が遺伝子によって関係していると言っても、私達人間と同じく後天的な要素や環境的要素で左右される事も多いです。
これからサバ猫の性格と魅力について紹介しますが参考までにご覧ください。

サバ猫の特徴

植物の陰から睨むサバ猫

日本でよく見かけるサバ猫(灰色のトラ柄や銀色のトラ柄)とは日本猫または和猫の被毛の柄の一種です。
血統種などの猫登録機関等で認定されているわけではないので、その被毛の特徴には様々な諸説が存在します。一般的に地色がサバのような灰色や銀色で、トラのような黒い縞模様がある猫をサバトラと言います。

日本で元々繁栄していたのはキジトラ猫だったと言われています。キジトラ猫とは鳥のキジの雌のような色合いで、茶色の被毛に縞模様が入った猫の事をいいます。
キジ猫が繁栄していたのは、茶色が保護色になっていることで外敵から身を守る為に有利だったからだと考えられています。
サバ猫はこのキジ猫の被毛が変化して生まれた、または外国から持ち込まれた海外の猫と交配した結果生まれたと言われています。

サバ猫の性格

口を開けて驚くサバ猫

日本で元々繁栄していたキジ猫から生まれたサバトラですが、キジ猫の性格はワイルドな性格で警戒心が強い猫が多いようです。ですが、サバ猫の性格は友好的ですぐに人間に懐く猫と警戒心が強い猫の両極端な2つの性格に分かれています。

サバ猫はキジ猫のような茶系の猫と違って目立つため外敵に襲われやすいことから警戒心を研ぎ澄ませて身を守る性格と、外敵から身を守る為に人間に懐いて守ってもらう性格の猫に分かれたと考えられています。
さらに面白事にお腹が白かったり、お顔の中心が白かったりするサバ白と言われる被毛の猫は被毛に白が加わった事で目立つ色になってしまい、サバ猫よりも外敵から狙われやすいため賢くなったと考えられています。
猫達の被毛の柄と色は勿論の事、性格までも自分自身を外敵から守るために進化していった結果なんですね。

サバ猫に関するまとめ

丸まって眠りにつくサバ猫

人懐っこいサバ猫も可愛いですが、警戒心の強いサバ猫もとても可愛いです。
私のお家には、サバ白と言われる被毛の柄の11歳のお爺さん猫がいます。とてもツンデレで、猫の方から近づいて来たので抱っこをしてあげたり、頭を撫でようとすると引っ掻いて逃げます。ですが、たまに頭や体を撫でさせてくれます。その時の嬉しさは表現できないくらいです。少し猫に遊ばれている気がしますが、ツンデレの猫も可愛いですよね。

スポンサーリンク

人気のキーワード