猫のワクチンの値段は?種類ごとの金額と予防内容まとめ

猫のワクチンの値段は?種類ごとの金額と予防内容まとめ

猫のワクチン接種、どうしていますか?「恐ろしい感染症から愛猫を守るためワクチン接種はした方が良い」「いやいや、副作用があるからワクチンは接種しない方が良い」という両方の意見があります。猫のワクチンには様々な種類があり、それによって値段も変わってきます。もちろん予防できる病気の数が多いだけ、ワクチンの値段も高くなります。この記事では猫のワクチンの値段や予防できる病気についてまとめました。

481view

目次
猫のワクチンについて
猫のワクチンが予防してくれる感染症
猫のワクチンの種類
猫のワクチンについての注意点
猫のワクチンに関するまとめ

猫のワクチンについて

猫の注射をされる猫

猫がワクチン接種をする事で予防出来る病気は6つあります。
完全室内飼いの場合でも、飼い主が外出する限りは何かしらの細菌やウイルスを持ち帰ってしまう可能性がありますので、ワクチンで予防出来る病気にかかる可能性はゼロではありません。
猫のワクチン接種は今のところ義務ではありませんので、「接種した方が良い」という意見の方がやや優勢ではあるものの、飼い主の判断に委ねられています。

猫のワクチンが予防してくれる感染症

顔を手で覆う猫

猫のワクチンは6つの感染症に対して開発されています。

猫エイズウイルス感染症

「猫エイズ」とも呼ばれ、正式名は「猫後天性免疫不全症候群」と言います。猫免疫不全ウイルス(FIV)によって引き起こされる様々な症状の事を言います。人間のエイズと同様、免疫力の低下により口内炎や風邪、食欲低下やガンなど、発症すると沢山の症状が出てきます。

猫汎白血球減少症

別名を「猫ジステンパー」や「猫伝染性腸炎」とも言い、嘔吐や下痢、食欲不振などの症状が現れる病気です。伝染性が高く、致死率も高いです。猫だけでなく一部の犬、ミンクやアライグマにも感染します。

猫白血病ウイルス感染症

リンパ腺や骨髄などで猫白血病ウイルス(FeLV)が増殖して起きる病気です。貧血や悪性リンパ腫を引き起こし、適切な治療を行わないと1~2ヶ月程度で死に至ることもあります。猫以外の動物にうつることはほとんどありません。

猫ウイルス性鼻気管炎

別名を「猫風邪」「猫インフルエンザ」と呼ばれ、猫ヘルペスウイルス1型(FHV-1)を原因とする上部呼吸器感染症です。ウイルスが温度の低い所を好む性質があるので、猫の体の中でも比較的体温の低い目、鼻、口などに症状が現れます。結膜炎や角膜炎、発熱、鼻水、食欲不振など。
母猫から子猫にうつり、兄弟姉妹間で急速に蔓延する事もあります。多頭飼いの場合も感染には注意が必要です。猫の免疫力が落ちないように、日頃の健康管理が大切になります。

猫カリシウイルス感染症

「猫風邪」「猫インフルエンザ」とも呼ばれる、ネコカカリシウイルス(FCV)による感染症です。ウイルスには多くのタイプが存在します。感染力が強く、前述の猫ウイルス性鼻気管炎と混合して「ウイルス性呼吸器感染症」を発症する事もあります。気温が低いとウイルスが繁殖しやすいので、冬によく見られる症状です。口内炎や高熱、くしゃみや鼻水、よだれ、食欲不振、目の周りの赤みなどが現れます。

猫クラミジア感染症

猫クラミジアという細菌により引き起こされる、結膜炎、鼻炎、呼吸器症状などの事を言います。感染して3~10日後に片目の炎症から始まり、粘着性の目やにを伴う結膜炎が起こり慢性化しやすくなります。生後2~6ヶ月位の子猫がかかりやすい感染症です。母猫が感染している場合は子猫にうつり、最悪の場合は数日で亡くなってしまう事もあります。

猫のワクチンの種類

ワクチン

不活化ワクチンと生ワクチン

ワクチンには「不活化ワクチン」と「生ワクチン」という2種類があります。

不活化ワクチン

死んだウイルスや細菌などを使用したワクチンで、副作用が起こりづらいです。その分免疫力の持続期間は短めです。

生ワクチン

毒性を弱くしたウイルスや微生物を使用したワクチンで得られる免疫力は強いのですが、その分副作用の可能性も高いです。

ワクチンの種類と値段

猫のワクチンには単体の1種ワクチンから複数のワクチンを3種〜7種混合したワクチンがあります。
ワクチンの値段はあくまでも目安となります。動物病院によっても違いますので、事前に確認してみると良いでしょう。

1種ワクチン

「猫エイズウイルス感染症」と「猫白血病ウイルス感染症」に対するワクチンです。値段は2種とも大体3,000円〜5,000円程度の所が多いようです。

3種混合ワクチン

「コアワクチン」とも呼ばれるワクチンで、「猫ウイルス性鼻管支炎」「猫カリシウイルス感染症」「猫汎白血球減少症」の3つの病気に対する免疫を得る事が出来ます。全ての飼い主に対し、飼い猫に接種させる事を推奨しています。「猫カリシウイルス感染症」のウイルスにはタイプが多くありますが、その中の1つのタイプを予防します。値段は3,000円〜5,000円程度が多いようです。

4種混合ワクチン

3種混合ワクチンに「猫白血病ウイルス感染症」を加えたワクチンです。値段は5,000円〜7,500円程度が多いようです。

5種混合ワクチン

4種混合ワクチンに「猫クラミジア感染症」を加えたワクチンです。値段は5,000円〜7,000円程度が多いようです。

6種混合ワクチン

4種混合ワクチンに「猫カリシウイルス感染症」の2タイプのウイルスに対したワクチンを加えたものです。値段は6,000円〜7,000円程度のようです。

7種混合ワクチン

5種混合ワクチンに「猫カリシウイルス感染症」の2タイプのウイルスに対したワクチンを加えたものです。値段は7,500円〜8,000円程度が多いようです。

猫のワクチンについての注意点

足に注射される猫

重大な病気にかかりにくくするという点でワクチンは非常に頼りになりますが、猫の体にとって負担がかかる事も確かです。

副作用

ワクチンを接種した事により副作用が起こることがあります。1番怖い副作用はアナフィラキシーショックです。
即時型アレルギー反応の事で、ワクチンの成分にアレルギー反応を起こし、数分から数時間以内に死亡します。この事から、ワクチン接種後は30分程度病院内で待機する事を義務づけている動物病院もあります。

接種後数時間以内に起こる反応としては、痒みや蕁麻疹、嘔吐などです。
また、ワクチン接種により他の病気を誘発して死亡するケースも。既に病気があってワクチン接種をした場合に、免疫力が低下する事でその病気が活性化してしまったり、ワクチンを打った場所に肉腫が出来てしまった、などは実際に起こったケースです。

このような事があるので、ワクチン接種は慎重に検討した方が良いのです。
副作用が起こるかもしれない、と分かっていながらもワクチンを打つ理由は、それ以上に病気の抑制効果を期待しているからです。猫のワクチンを打つか否かは飼い主の判断になります。
是非、愛猫にとって最善の道を選んであげてくださいね。

どのワクチンを打つか?

前述したように、猫のワクチンには沢山の種類があります。
基本的に「完全室内飼いの猫には3種混合、外に出る猫には5種混合」と言われる事が多いようです。5種混合ワクチンを接種した猫の約半数は発熱などの副作用が出るのです。5種ワクチンに含まれている「猫白血病ウイルスワクチン」ですが、この病気は唾液や体液に接触しなければ感染しないので、完全室内飼いで同居している猫にこの病気がなければ打つ必要はないかもしれません。接種前に獣医師に充分に副作用などの説明を受け、どの種類のワクチンを接種させるのか熟考した方が良いでしょう。

ワクチンを打つ場所

ワクチンを打つ場所は猫の首の後ろが多いのですが、まれに注射針を打つ事で肉腫が出来てしまう事があります。首の後ろに肉腫が出来た場合、完全に取り除くのが困難なので太もも辺りに打つのが良いのでは?と言われています。万が一肉腫が出来たとしても太ももならば手術もしやすいので、そこに打ってという飼い主もいるようです。
ワクチンを打つ場所も、事前に獣医師に相談してみると良いでしょう。

ワクチン接種に対する動物病院の対応

ワクチン接種には、事前に猫の健康状態の確認を行う事が重要です。また、副作用が強く出る体質の猫に対して、ステロイド注射や抗ヒスタミン剤を使って副作用を和らげる対策をしてからワクチン接種をしてくれる病院もあるようです。
その他にも、猫の体の大きさに合わせてワクチンの量を調整してくれる病院も。ワクチン接種の前に、打ってもらう予定の病院の対応を確認してみると、より良いワクチン接種が出来そうです。

ワクチンの接種期間について

日本では1年に1回ワクチン接種を、と言う獣医師が多いですが、アメリカでは2~3年に1回、というのが普通だそうです。これは免疫はその位は持つ、という事からだそうで、ここでもまた飼い主の悩みが増えそうです。
1年に1回というのはワクチンを製造している製薬会社の儲け主義が若干入っている、という噂もありますが、獣医師とよく相談の上、期間については決めると良いでしょう。
またネット上にもワクチン接種に関しての情報は沢山出ていますから、調べてみると色々な事が分かります。

猫のワクチンに関するまとめ

皮下注射される猫

数分程度で終わってしまうワクチン接種ですが、実はとても深いということが分かりました。獣医師によっても意見が様々でしょうから、まずは飼い主がしっかりと意思を持って愛猫にどのワクチンをどの程度の期間で接種させるのか、それともさせないのかを決める事が大切です。
愛猫の健康を守るためにベストな選択をしましょう!

  • 女性 Keiko

    私は前までは1年に一回のワクチン接種をしていたのですが、今は3年に1回にしています。理由としては、アメリカの方では免疫が持つ、そして日本は打ちすぎとの意見もあるとの理由で、3年に1回になっていることと、完全室内飼いで他のねこちゃんとの接触は基本ないこと、あと「ワクチン接種部位肉腫」というものが怖いのでそのデメリットとワクチンを3年にする、というデメリットを考えた時、そういう選択になりました。最近ではそういった考え方が広まってきているのか、そういう選択をされる方もちらほら見受けられます。本当は免疫がしっかり体のなかで持っているのか調べたうえでそういう選択をしたほうがいいのだとは思います。ワクチンには色々と色んな考え方がありますので、先生によっても違うと思います。なので、やっぱり主治医と相談されるのがいいと思いますし、ペットホテルをよく利用される方やトリミングさんを利用される方は、利用する前提にワクチン接種というものがあるので、その子の環境にあった方法を選択されるべきだと思います。

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード