アビシニアンの性格が凶暴化する原因と対処法について

アビシニアンの性格が凶暴化する原因と対処法について

アビシニアンが凶暴な性格になってしまったことは無いですか?実は「昨日まで懐いていたアビシニアンがある日突然凶暴になってしまった」という事例が実際に存在しているんです。アビシニアンは飼い主に従順で甘えん坊な性格をしていると言われていますが、そんな従順な性格のアビシニアンがいきなり凶暴化する理由や原因とは一体何なのでしょうか?この記事ではアビシニアンが凶暴化する原因や、凶暴になってしまった時の対処法について記していきますので、困った時の参考にしていただけでれば幸いです。

1550view

アビシニアンの性格は凶暴?

アビシニアンは凶暴なのか

アビシニアンは好奇心旺盛でイタズラっ子な性格であるため、時に度が過ぎて「凶暴になった」と感じる飼い主さんは多いようです。しかしこの場合は凶暴というよりも「やんちゃになった」程度だと思います。

ここでいう「凶暴」は、それまで甘えてきたり懐いてくれていたアビシニアンが突然「シャーッ!」と威嚇してきたり、襲いかかってきたりするレベルの違う変化のことです。

アビシニアンが凶暴化する原因

凶暴になったアビシニアン

環境のせいで凶暴な性格になる

猫を取り巻く環境が原因となって凶暴化するケースにはこのようなものがあります。

  • 引っ越しなど大きく環境が変化したことでのストレス
  • 多頭飼いや赤ちゃんが生まれるなど、先住猫としての嫉妬 など

飼い主さんとの距離感で性格に変化が現れる

  • スキンシップや遊びの時間が足りないことでのストレス
  • 逆に構いすぎによるストレス            など

アビシニアンが嫌う行動で凶暴化する

  • しつけの際に軽く叩かれたことによる恐怖
  • 大きな音を出す、突然動くなどの突発的な要因
  • 香水や柑橘系の匂い          など

病気により凶暴になっている

アビシニアンが凶暴な性格になってしまう原因の一つとして、病気にかかっているということも考えられます。
知覚過敏症肝性脳症などを患うと攻撃性が増すことがあるようです。

アビシニアンが凶暴化した時の対処法

凶暴になるかもしれないアビシニアン

隔離して落ち着くまで放置

凶暴化したアビシニアンは、わたしたち飼い主にも襲いかかってくる場合が十分にあるので、凶暴化したら別室に隔離したり、ケージに閉じ込めて落ち着くまで待ちましょう。ケージの場合はアビシニアンが外の様子が見えないように布をかけると良いと思います。(刺激をなるべく回避するため)
凶暴な性格になったアビシニアンをなだめようと、撫でたり声をかけたりするのは飼い主さんが怪我をしたり、さらに興奮させたりと逆効果なので、しばらくは無視をして放置します。

飼い主さんは冷静に

突然アビシニアンが凶暴化して飼い主さんもパニックになるとは思いますが、飼い主さんが何事にも冷静に対応することが大切になります。
飼い主さんの不安は猫にも伝わってしまい、さらに悪化させてしまう可能性がありますので、まずは落ち着いて現在の状況を把握するよう意識しましょう。

アビシニアンの神経質な性格が凶暴にさせている?

神経質だからアビシニアンは凶暴になる?

アビシニアンにもそれぞれ個体差があり、その子によって性格はバラバラです。多頭飼いや引っ越しなど環境が変わっても大丈夫なアビシニアンもいれば、それがストレスとなってしまうアビシニアンもいます。
このアビシニアンの凶暴化に関しては遺伝性疾患が原因というわけでもないので、ただそうなりやすいとしか言えないようです。

また、アビシニアンのように神経質な性格の猫は恐怖やストレスを敏感に感じてしまうため凶暴化しやすいとも言えます。アビシニアンの他にも、ロシアンブルーなどが神経質な性格をしているため、突然凶暴化するケースがあるようです。

アビシニアンの基本的な性格

見上げるアビシニアン

ここで、アビシニアンの基本的な性格をご紹介します。

犬のような猫

アビシニアンはそのスリムでクールな見た目から「懐いてくれないのではないか」と勘違いされがちですが、実は従順でとても甘えん坊な性格の持ち主なのです。飼い主が移動する度に後ろからついてきたり、頭が良く賢い猫なので名前を呼ぶと返事をしたり駆け寄ってきたりもする「犬のような猫」だと言われています。

好奇心旺盛で運動好き

アビシニアンは引き締まった筋肉質な体つきをしていて、動きも俊敏です。高いところに登ったり、壁をつたったり、部屋中駆け回ったりととても活発です。
また好奇心も旺盛なため、イタズラ好きで飼い主を困らせることもしばしばあるようです。

環境適応能力が高い

引っ越しや模様替えなど環境が変わると戸惑う猫が多い中、アビシニアンはそういった環境が変わっても適応する能力に長けています。
しかし神経質な一面もあるため、見知らぬ人や猫に警戒するアビシニアンもいるようです。

まとめ

複数のアビシニアン

この凶暴化に関しては、手に負えなくなったアビシニアンを安楽死させるという問題にもつながっているようです。安楽死は飼い主への危険を考えて獣医が提案することが多いようですが、飼い主は「また凶暴になる前の甘えん坊に戻ってくれる」「安楽死なんて可哀想」という思いと「次に襲いかかられた時には本当に命に関わるかもしれない」という恐怖に揺れて、決断できずに悩んでしまう現実があるようです。

この記事を書く上でいろんな情報に目を通しましたが、辛抱強く愛猫と向き合った方の体験談の多くは「まだ多少凶暴さは残っているものの、以前のように甘えてくれるようにもなりました」と改善されたという意見でした。
凶暴化したとはいえ、大切な愛猫には変わりないでしょう。
まずは冷静に辛抱強く愛猫と向き合って、あなたのアビシニアンがまたあなたに甘えてくれるようになる日を願います。

アビシニアンについてもっと詳しく知りたい方はこちら▼

アビシニアンの特徴。性格や毛色、病気などについて解説します!

40代 女性 kazu

キジトラ猫を飼っています。飼い主にとっては、昨日までは仲良しだった愛猫が突然凶暴になったら、さぞショックではないかと思います。一時的ならまだしも、その後しばらく続いてしまうと、どうしたらよいのか悩んでしまいそうですね。
ただ、アビシニアンがそういう気質だというのをよく理解して、時間をかけて接していくのが大切なのではないでしょうか。
今まで可愛がっていたのに、手に負えなくなったら殺処分するのは、あまりにも勝手な行為かと…。今までと同じようには飼えなくても、記事にも書かれていたように、別室に隔離して落ち着ける環境を作るなど、それだけでも凶暴化してしまったアビシニアンにとっては幸せなのではないではないかと思います。
家に迎えたからには、簡単に手放すことを考えたりせず、家族の一員として大切に飼育していくのが飼い主の責任です。

女性 のん

何がそんなに、アビシニアンを追いつめてしまったのでしょう・・・
何だか心が痛みます。猫は言葉を話しませんので、お互いが気分良く生活するには、様々な配慮が必要ですね。

何かのテレビ番組で、凶暴化してしまった猫を落ち着かせる方法として、「散歩」を紹介していました。もちろん、愛猫を外に出すのには色々と考慮しなければいけない点もありますが、少しずつハーネスとリードに慣らして、飼い主さんと一緒にお散歩する猫の姿が映し出されていました。

その猫はアビシニアンではなかったと思いますが、狭いアパートで飼われていてストレスを溜めてしまっていたようです。お散歩によって外の空気や自然と触れ合う事でストレス解消へと繋がり、問題行動が少なくなったようです。お散歩も1つの方法なのかな、と思いました。

30代 女性 tonakai

アビシニアンが凶暴化するというのは初めて聞いたので驚きました。体がスリムで運動や遊びが好きという明るいイメージが強かったのですが、別の面からみた性格についても考えないとアビシニアンにとって暮らしにくくなってしまうのかもしれませんね。アビシニアンに限らず、猫は嫌なことをされたら覚えている、猫の失敗を人が笑ったらそれを覚えているというのを聞いたことがあります。このようなことと、アビシニアンの神経質な一面が凶暴化のきっかけになるのかもしれないと思いました。原因を取り除くことも大切ですが、お互いに暮らしやすくなるように飼い主とアビシニアンとの接し方や環境を見直す必要があると感じました。凶暴化してしまうことや、そうなってしまったときの対処法を知っておくことが大事ですよね。

40代 女性 ねこにこ

アビシニアンの特性に驚きを隠せませんでした。
愛くるしい猫も、我を忘れてしまう事があるのですね。
過去にニュースで犬が人を噛み大事件として取り上げられた事を覚えていますが、猫にも起こるかもしれない、と頭によぎってしまいました。

我が家には2匹のアメショがいますが、まだまだ子猫で力加減が出来ない分、噛まれると痛いです。躾けている最中ですが、恐怖を感じるほどの凶暴な姿は想像がつかないので、アビシニアンの稀な凶暴化に戸惑いも感じました。

普段の性格は好奇心も旺盛で活発、犬のような猫とも言われている程、従順さも兼ね備えているようなので、悲しい事件が起こらない事を願うばかりです。

記事を読ませていただいた感じでは、自身を守る為の防衛本能が強いイメージを持ちました。きっと、愛情をたっぷり注いであげれば、生涯平和に寄り添っていけるのではないかと思います。

20代 女性 あにゃにゃ

私も、猫の凶暴化と読んでびっくりしました!確かに、縄張り争いや発情期で猫同士のケンカを見ると、迫力あるなぁと感じる事はあるものの、人が命の危険を感じる程の凶暴化は想像つきません。

猫と言えば、癒し。

そんなワードがランキングでも上位に上がるくらいに、ペットとしても愛されていると思うので、安楽死を選択するほどの事件性に、一瞬目を疑ってしまいました。

アビシニアンは、「何この猫~、子供のライオンだー!可愛いっ!!」と思ったのが初めて見た時の感想です。
テレビでしか目にする機会はないですが、見るたびに芯のありそうな凛々しい瞳と、程よく付いた筋肉のバランスに引き込まれます。

凶暴化を目撃した事もないので、否定も肯定もする事ができないのが残念ですが、
きっと、凶暴化があるとしたら、よっぽどの事があっての事なのかな、と思うほかありません。

30代 女性 ネコマタ

アビシニアンの凶暴化の話を、私は聞いた事があります。

安楽死の事は初耳でしたが、人を脅かす程の凶暴化であれば、選択せざる負えないかもしれません。そう思う理由として、見た目は可愛い姿でも、時として牙を向く事は否定できないのが、動物でもあるからです。
現に、私の飼っている猫様も”野生の血”が騒ぐタイプで、猫パンチを頂く事もしばしば。
死を感じる程の恐怖は感じないものの、そっとしておいて欲しい時間帯に構ってしまうと、痛手をもらいます。

生まれ持った性格も、ありますよね。

その他、警戒心の強さや、防衛本能、身の危険を感じて起こす凶暴化は、動物の自然な反応として、受け入れる事もアリだと思っています。その本能や性格とうまく向き合ってこそ、共存。

ただし、それがうまくいかなくなった時は、見合った対処も必要となってしまうでしょう。
安楽死については賛否両論、いろいろと意見が飛び交う難しい問題だと、常々感じてしまいます。

20代 女性 阿部

とてもかっこいい見た目のアビシニアンですが、時に凶暴化してしまうとはペットとして飼育することに少し戸惑いを感じます。少し調べてみると、アビシニアンが凶暴化する理由は、転嫁行動というものが多いらしく、簡単に言えば「八つ当たり」だそうです。転嫁行動は、庭先に現れた野良猫や他の動物などに対し、攻撃したいけど出来ない!という場合に、近くにいる飼い主や他のペットに八つ当たりする行動らしいのですが、この場合落ち着くまで隔離するしか他に方法はないそうです。アビシニアンが凶暴化しないようにストレスを与えないよう多頭飼育を避ける、できる限り野良猫等に合わせない等、飼育環境に気を使わなければいけない猫種だと感じました。

30代 女性 ケロキ

猫が凶暴化することを知りませんでした。アビシニアンの場合、その性格が影響しているようですが、飼い主との関係も大きい要因なんですね。普段当たり前の生活していても、アビシニアンにとってはストレスを感じる出来事があるのかと思うと、猫目線になって考えることが必要です。猫の凶暴化について調べてみると、アビシニアン以外にも起きているようで、やはり生活スタイルを見直して徐々に猫との距離を縮めていくといった対処法を取っている飼い主が多い印象でした。我が家の猫は警戒心が強く不安そうにしていることが多いのですが、家族の人数が多いので誰かが猫の様子を見ていてくれます。そういった飼い主のフォローがなくなった場合大きなストレスとなり、それも凶暴化の一因になるのかなと思いました。構いすぎもストレスとなるので、猫の性格をよく知ることも大事ですね。

女性 Katy

それまで甘えん坊だった猫ちゃんが急に凶暴化するというのは、とてもショックだと思います。でもきっと理由があるはずなので、それがわかるといいのですが……。
以前、突然凶暴になった猫ちゃんのことをテレビで見ました。アビシニアンではなかったですが、その猫ちゃんをいちばんかわいがっていた息子さんが進学か就職で家を出てから凶暴になったそうで、家族全員が襲われるのでケージに入れたままにしていました。しばらくして息子さんが帰ってきたときも凶暴なままでしたが、息子さんが時間をかけてじっくり猫ちゃんに話しかけたりしているうちにだんだん落ち着いてきたようでした。
飼い主さんが身の危険を感じるほど凶暴になったらどうしていいかわからなくなると思いますが、手放すことや安楽死を簡単に決めず、なんとか解決策を見つけてほしいと思います。

20代 女性 UMI

雑種の猫ちゃんがいきなり凶暴化したことがあります。予防接種の為に病院に連れていった2~3日、近づけば「シャー!!」と怒る。仲良かった同居猫に襲い掛かる、ご飯を食べない、押し入れの奥から出てこない、無理矢理引っ張り出したところ手を深く引っ掛かれ血が止まらなくなりました。猫の事を考えて連れていったのに逆に嫌われてしまったと思い、あの時は思わず泣いてしまいました。しかし、その後いつの間にか機嫌を治しいきなり以前のようにまた甘えてくるようになりました。あの時は何か悪霊に取りつかれていたのではないかと思うほどの豹変ぶりに思わず困惑してしまいました。そんなに神経質ではない猫でもそうなるのですから、デリケートなアビシニアンはもっと大変でしょうね。でも一度飼った以上、殺処分してしまうのは辞めてほしいです。

50代以上 女性 らるこ

一般的に長毛の猫よりも 短毛の猫の方が動作も活発であると耳にした事があります。アビシニアンは普段は甘えん坊さんなのに 突然凶暴になってしまうとなると、まずはその理由について突き止めることから始めないとですね。環境面ではデリケートな猫、近頃思い当たる事が無ければ、病気が原因でないか獣医師に診てもらう必要がありますし 早期発見治療が一番ですので。とにかく 話せないわけですから 普段から関心を持ってあげて 普段と様子が違わないかなど気遣ってあげる必要があると思います。安楽死については 人間に対して生死にかかわる程の状態でなければ、あってはならないと思います。今まで 普通に生活していたのに 突然凶暴になるには 絶対的な理由があるはずですから。安楽死とは 凶暴化した猫自身が生きる事が苦痛である場合に初めて考える事であると考えます。アビシニアンのみが例外でなく そもそも猫は野性の名残がある動物ですから その猫と同居するならば 日頃から関心を持ち 様子がおかしい時は気遣うべきです その気遣いはきっと猫に届くはずですから、凶暴な態度で攻撃はしてこないと思います。但し それば病気が原因でない時に限ります。

20代 女性 むぅむぅ

動物看護師をしています。毎日色々な猫さんを見ていますが、アビシニアンは業界でも「凶暴な子が多い」という認識です。
ただ単に凶暴というよりは、「嫌なものは嫌だ」というはっきりとした性格の印象です。
ただ、一度キレると手がつけられなくなる子が多いです。
特に動物病院では、注射や採血などで嫌なことをする機会が多いので、キレることを想定して接するようにしています。
お互いにケガなく安全に処置するために、病院に来院する際には洗濯ネットに猫さんを入れて、フタが取れたり、出口が広く開くタイプの、出しやすいキャリーに入れて連れて行って頂けるとスムーズです。(これはどの猫さんでも助かります)
それでも危険な場合は、鎮静をかけて処置するか、処置を諦めざるを得なくなる場合もあるかと思いますが、それも猫さん自身のストレスを軽減する上で大切なことですので、かかりつけの獣医さんとよく相談してください。
人気のキーワード