アビシニアンの性格が凶暴って本当?その原因や対処法について
はむ
アニマルヘルステクニシャン、ドッググルーミングスペシャリストなど

アビシニアンの性格が凶暴って本当?その原因や対処法について

アビシニアンが凶暴な性格になってしまったことは無いですか?実は「昨日まで懐いていたアビシニアンがある日突然凶暴になってしまった」という事例が実際に存在しているんです。アビシニアンは飼い主に従順で甘えん坊な性格をしていると言われていますが、そんな従順な性格のアビシニアンがいきなり凶暴化する理由や原因とは一体何なのでしょうか?この記事ではアビシニアンが凶暴化する原因や、凶暴になってしまった時の対処法について記していきますので、困った時の参考にしていただけでれば幸いです。

663view

目次
アビシニアンの性格は凶暴?
アビシニアンが凶暴化する原因
アビシニアンが凶暴化した時の対処法
アビシニアンの神経質な性格が凶暴にさせている?
アビシニアンの基本的な性格
まとめ

アビシニアンの性格は凶暴?

アビシニアンは凶暴なのか

アビシニアンは好奇心旺盛でイタズラっ子な性格であるため、時に度が過ぎて「凶暴になった」と感じる飼い主さんは多いようです。しかしこの場合は凶暴というよりも「やんちゃになった」程度だと思います。

ここでいう「凶暴」は、それまで甘えてきたり懐いてくれていたアビシニアンが突然「シャーッ!」と威嚇してきたり、襲いかかってきたりするレベルの違う変化のことです。

アビシニアンが凶暴化する原因

凶暴になったアビシニアン

環境のせいで凶暴な性格になる

猫を取り巻く環境が原因となって凶暴化するケースにはこのようなものがあります。

  • 引っ越しなど大きく環境が変化したことでのストレス
  • 多頭飼いや赤ちゃんが生まれるなど、先住猫としての嫉妬 など

飼い主さんとの距離感で性格に変化が現れる

  • スキンシップや遊びの時間が足りないことでのストレス
  • 逆に構いすぎによるストレス            など

アビシニアンが嫌う行動で凶暴化する

  • しつけの際に軽く叩かれたことによる恐怖
  • 大きな音を出す、突然動くなどの突発的な要因
  • 香水や柑橘系の匂い          など

病気により凶暴になっている

アビシニアンが凶暴な性格になってしまう原因の一つとして、病気にかかっているということも考えられます。
知覚過敏症肝性脳症などを患うと攻撃性が増すことがあるようです。

アビシニアンが凶暴化した時の対処法

突然暴れるかもしれないアビシニアン

隔離して落ち着くまで放置

凶暴化したアビシニアンは、わたしたち飼い主にも襲いかかってくる場合が十分にあるので、凶暴化したら別室に隔離したり、ケージに閉じ込めて落ち着くまで待ちましょう。ケージの場合はアビシニアンが外の様子が見えないように布をかけると良いと思います。(刺激をなるべく回避するため)
凶暴な性格になったアビシニアンをなだめようと、撫でたり声をかけたりするのは飼い主さんが怪我をしたり、さらに興奮させたりと逆効果なので、しばらくは無視をして放置します。

飼い主さんは冷静に

突然アビシニアンが凶暴化して飼い主さんもパニックになるとは思いますが、飼い主さんが何事にも冷静に対応することが大切になります。
飼い主さんの不安は猫にも伝わってしまい、さらに悪化させてしまう可能性がありますので、まずは落ち着いて現在の状況を把握するよう意識しましょう。

アビシニアンの神経質な性格が凶暴にさせている?

神経質だからアビシニアンは凶暴になる?

アビシニアンにもそれぞれ個体差があり、その子によって性格はバラバラです。多頭飼いや引っ越しなど環境が変わっても大丈夫なアビシニアンもいれば、それがストレスとなってしまうアビシニアンもいます。
このアビシニアンの凶暴化に関しては遺伝性疾患が原因というわけでもないので、ただそうなりやすいとしか言えないようです。

また、アビシニアンのように神経質な性格の猫は恐怖やストレスを敏感に感じてしまうため凶暴化しやすいとも言えます。アビシニアンの他にも、ロシアンブルーなどが神経質な性格をしているため、突然凶暴化するケースがあるようです。

アビシニアンの基本的な性格

ここで、アビシニアンの基本的な性格をご紹介します。

犬のような猫

アビシニアンはそのスリムでクールな見た目から「懐いてくれないのではないか」と勘違いされがちですが、実は従順でとても甘えん坊な性格の持ち主なのです。飼い主が移動する度に後ろからついてきたり、頭が良く賢い猫なので名前を呼ぶと返事をしたり駆け寄ってきたりもする「犬のような猫」だと言われています。

好奇心旺盛で運動好き

アビシニアンは引き締まった筋肉質な体つきをしていて、動きも俊敏です。高いところに登ったり、壁をつたったり、部屋中駆け回ったりととても活発です。
また好奇心も旺盛なため、イタズラ好きで飼い主を困らせることもしばしばあるようです。

環境適応能力が高い

引っ越しや模様替えなど環境が変わると戸惑う猫が多い中、アビシニアンはそういった環境が変わっても適応する能力に長けています。
しかし神経質な一面もあるため、見知らぬ人や猫に警戒するアビシニアンもいるようです。

まとめ

この凶暴化に関しては、手に負えなくなったアビシニアンを安楽死させるという問題にもつながっているようです。安楽死は飼い主への危険を考えて獣医が提案することが多いようですが、飼い主は「また凶暴になる前の甘えん坊に戻ってくれる」「安楽死なんて可哀想」という思いと「次に襲いかかられた時には本当に命に関わるかもしれない」という恐怖に揺れて、決断できずに悩んでしまう現実があるようです。

この記事を書く上でいろんな情報に目を通しましたが、辛抱強く愛猫と向き合った方の体験談の多くは「まだ多少凶暴さは残っているものの、以前のように甘えてくれるようにもなりました」と改善されたという意見でした。
凶暴化したとはいえ、大切な愛猫には変わりないでしょう。
まずは冷静に辛抱強く愛猫と向き合って、あなたのアビシニアンがまたあなたに甘えてくれるようになる日を願います。

アビシニアンについてもっと詳しく知りたい方はこちら▼

アビシニアンの特徴。性格や毛色、病気などについて解説します!

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 40代 女性 kazu

    キジトラ猫を飼っています。飼い主にとっては、昨日までは仲良しだった愛猫が突然凶暴になったら、さぞショックではないかと思います。一時的ならまだしも、その後しばらく続いてしまうと、どうしたらよいのか悩んでしまいそうですね。
    ただ、アビシニアンがそういう気質だというのをよく理解して、時間をかけて接していくのが大切なのではないでしょうか。
    今まで可愛がっていたのに、手に負えなくなったら殺処分するのは、あまりにも勝手な行為かと…。今までと同じようには飼えなくても、記事にも書かれていたように、別室に隔離して落ち着ける環境を作るなど、それだけでも凶暴化してしまったアビシニアンにとっては幸せなのではないではないかと思います。
    家に迎えたからには、簡単に手放すことを考えたりせず、家族の一員として大切に飼育していくのが飼い主の責任です。
  • 女性 のん

    何がそんなに、アビシニアンを追いつめてしまったのでしょう・・・
    何だか心が痛みます。猫は言葉を話しませんので、お互いが気分良く生活するには、様々な配慮が必要ですね。

    何かのテレビ番組で、凶暴化してしまった猫を落ち着かせる方法として、「散歩」を紹介していました。もちろん、愛猫を外に出すのには色々と考慮しなければいけない点もありますが、少しずつハーネスとリードに慣らして、飼い主さんと一緒にお散歩する猫の姿が映し出されていました。

    その猫はアビシニアンではなかったと思いますが、狭いアパートで飼われていてストレスを溜めてしまっていたようです。お散歩によって外の空気や自然と触れ合う事でストレス解消へと繋がり、問題行動が少なくなったようです。お散歩も1つの方法なのかな、と思いました。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード