ロシアンブルーは病気になりにくい?肥満に関連する疾患に注意!

ロシアンブルーは病気になりにくい?肥満に関連する疾患に注意!

ロシアンブルーはスリムですらっとした体型が印象的な猫ですよね。ロシアンブルーは一般的に丈夫であまり病気をしないと言われていますが、猫全体がかかりやすい病気には注意が必要です。ロシアンブルーが気をつけるべき病気をまとめました。

343view

目次
ロシアンブルーは病気に強いってほんと?
ロシアンブルーがかかりやすい病気
肥満が原因でなりやすい病気に注意!
まとめ

ロシアンブルーは病気に強いってほんと?

片目を閉じるロシアンブルー

ロシアンブルーは実は遺伝性の病気も報告されておらず、一般的に病気をしないと言われています。
しかしそれでも、猫全体がかかりやすいと言われる泌尿器系の病気や肥満やストレスが原因となって起こる病気にはかかってしまう場合があります。

ロシアンブルーは比較的ごはんをよく食べる猫種なので、欲しがるがままに与えていてはすぐに肥満となるでしょう。また飼い主以外にはシャイな部分があり、人の出入りが多いなど環境によってストレスを感じやすい猫種でもあります。

以下では、ロシアンブルーもかかる可能性のある泌尿器系の病気、肥満やストレスが原因となる病気をご紹介します。

ロシアンブルーがかかりやすい病気

遠くを見るロシアンブルー

尿路結石症

腎臓や尿管、膀胱や尿道などに結石ができてしまう病気で、ロシアンブルーだけでなく猫全体がかかりやすい病気だと言われています。重症化すると腎不全になって昏睡状態に陥り、命に関わる可能性もあります。

原因
  • ミネラル分の摂りすぎ
  • 飲水量が少ない
  • ビタミンなどの栄養不足
  • 抵抗力の低下
  • ストレス        など
症状
  • 血尿
  • トイレに行く回数が増える
  • 尿があまり出ない
  • 排尿時に痛がる    など
治療・予防

結石が小さければ薬で溶かす方法がありますが、結石が大きければ外科手術で取り除くことが必要になります。
バランスの良い食事を心がけ、お水をよく飲ませるようにしましょう。

糖尿病

糖尿病になるとインスリンの分泌が不十分となり、尿に糖が混ざってしまう病気です。

原因
  • 肥満(特に多い)
  • 感染症
  • 妊娠
  • ストレス    など
症状
  • 多飲多尿
  • ごはんは食べるのに痩せていく
  • 重症化すると昏睡状態に陥る
治療・予防

糖尿病は根本的な治療法がありません。対症療法(症状を和らげる治療)として1日2回インスリン注射を行ったり、食事療法するのが一般的です。
とにかく肥満にならないように、普段から食事量のコントロールや適度な運動を心がけることが予防につながります。

肥満が原因でなりやすい病気に注意!

ねんざ・関節炎

肥満になると体の関節や筋肉に負担がかかって、ねんざしやすくなったり、関節炎を起こします。

心臓病・呼吸不全

肥満になると心臓や呼吸器への負担も大きくなり、心臓病や呼吸不全を起こします。手術になった時、肥満だと麻酔が効きにくくなるため困難を極めます。

まとめ

セーターに乗るロシアンブルー

ロシアンブルーは飼い主さんが普段の生活で気をつけていれば、病気せず元気に過ごすことのできる猫種であることが分かりました。
甘やかすことが愛猫を苦しめることにつながりますので、気持ちを強く持ってロシアンブルーと幸せな時間を過ごしてくださいね。

▼ロシアンブルーについて詳しく知りたい方はこちら
ロシアンブルー大辞典!知っておきたい基礎知識

  • 女性 Keiko

    ロシアンブルーはもともと病気になりにくいねこちゃんなのですね。はじめ聞いて少し驚いています。でも、太りやすい、という点に関して、たしかに‼︎と納得してしまいました。ロシアンブルーを飼われている方は周りにもちらほらいます。が、みんな結構ぽっちゃりさんです。なので、肥満が原因の病気が多いのもうなずけます。尿石症も肥満が原因の1つだと言われています。体が重く動かないので、喉も乾かない。かわいてもお水の置いてある場所までいくのが億劫になり、まあいいや、となってしまい、お水を飲む量が減るのでおしっこが濃くなって尿石症に...という流れです。実際知り合いが飼われているロシアンブルーさんも、尿石症になって治療中です。かわいいのは間違いないですが、人が愛猫を病気にさせてしまっている所もあるという認識を持つべきだな、と改めて思いました。そして自分も反省しています。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード