猫の心筋症の症状や原因と予防・治療法

猫の心筋症の症状や原因と予防・治療法

猫の心臓病のうち、よく起こりやすいのが「心筋症」です。突然愛猫に異変が起こることもあり、飼い主としては心配な病気です。ですが、ここで症状を知っておけば万が一愛猫が心筋症になったとしても早めの対処をする事が出来ます。この記事では心筋症の症状を始め、原因や治療法などをお伝えします。大切な愛猫を守るためにも是非チェックして下さいね!!

1853view

猫の心筋症の種類

猫と獣医
  • 肥大型心筋症
  • 拡張型心筋症
  • 拘束型心筋症

猫の心臓の筋肉を「心筋」と言います。その心筋に何らかの異常が発生したのが「心筋症」です。発生する理由は良く分かっていないのが現実ですが、その原因により肥大型・拡張型・拘束型の3つに分けられます。心臓は右心房・右心室・左心房・左心室の4つの部屋に分かれていますが、そのうちの左の下側にある「左心室」で多く症状が出る事が分かっています。

猫の肥大型心筋症

猫と獣医

1番起こりやすい心筋症です。名前の通り、心筋が肥大し、分厚くなる病気です。心筋が厚くなる事で心臓の内側が狭くなるので、心臓が送り出す血液の量が減ってしまうのです。そうなると全身に充分な血液が行き渡らなくなり、苦しくなります。

また、血栓が出来やすくなるのも特徴です。出来た血栓が動脈に詰まると「動脈血栓塞栓症」が起こり、非常に危険な状態になります。特に猫は後ろ足の血管が詰まりやすいです。ある研究では、肥大型心筋症の発症年齢の平均が7.2歳で、オス猫に多い傾向があったそうです。

症状

食欲不振

初期には無症状の事が多いですが、食欲や活動量の低下などが見られる事があります。症状がかなり進行してくると、心拍数や呼吸数の増加、失神が起こることも。

また、血栓が詰まる「動脈血栓塞栓症」になると、猫は後ろ足が詰まる事が多いですが、突然立てなくなり激痛が走ります。いつもと様子が違うので気がつきやすいでしょう。血栓を溶かすには、詰まってからの時間が短いほど効果がありますので、すぐに動物病院に向かいましょう。

原因

遺伝子の異常が原因の一つと言われており、筋肉の収縮に関与するタンパク質と結合している遺伝子が変異すると心筋の肥大が起こります。メインクーンとラグドールは変異遺伝子を持っているか検査で確認する事が出来ます。

肥満も心臓病に関係していると言われており、メインクーンに限っては肥満の場合、肥大型心筋症になりやすい、という報告があります。特に骨格の大きなメインクーンはリスクが高いという結果があるそうで、該当するメインクーンを飼っている場合には、気をつけたいですね。

ブリティッシュショートヘア、ノルウェイジャンフォレスとキャット、アメリカンショートヘア、スコティッシュフォールド、ペルシャや雑種猫などは家族に肥大性心筋症の猫がいると発症リスクが高まるという報告があります。

治療

肥大型心筋症は超音波検査による診断が最も有用性が高く、心臓が広がった時の心筋の厚さが6mm以上あると肥大性心筋症と診断されます。主に投薬で治療をします。この治療には歴史が浅く、どの薬をどの時期に投薬するのが良いかの明確な指針はありませんので、獣医により薬の選択が異なります。

降圧薬、利尿薬(肺にたまった水を排出する)、抗不整脈薬など様々なタイプの薬が使用され、種類が多くなりがちです。もし薬が多過ぎる事で猫が飲んでくれない場合は獣医に伝え、優先順位の高いものを処方して貰いましょう。血栓予防の為、アスピリンが使われたり、血栓を溶かすのに使う薬もあります。

予防

猫が日常的に感じるストレスを排除して、心臓に負担をかけない事が大切です。症状が出ない場合は、健康診断や何かの検査をしている時に見つかる事が多いそうです。ですから、定期的な健康診断を受けさせるのも、この病気の早期発見に繋がります。

猫の拡張型心筋症

倒れる猫

心筋が細く伸びてしまう事で心臓の左側にある左心房と左心室の壁が薄くなり収縮力が低下するので、体に充分な血液が送り出せなくなる病気です。遺伝的にシャム猫やアビシニアンに多く、また6歳以上の猫に起こりやすいようですが、全体的に猫が発症する事は少ないようです。

症状

症状としては、低体温症や脱水症状が挙げられます。胸に水が溜まる胸水が起こることで呼吸困難になったり、突然倒れる事もあります。

原因

必須アミノ酸であるタウリンの不足が原因の一つと言われています。1987年にタウリンとこの病気の因果関係が発見された事でキャットフードにタウリンが配合されるようになり、発症率が劇的に低下した、という話もあります。ですが、タウリンが充分に足りている状態でも発症する場合もあり、突発性のものや原因不明のケースも見られます。

治療

低体温症になっている時は体を温めて、脱水症状には輸液を行ない体液を補給します。胸水には注射針を使用してたまった水を吸い出し、心臓に対しては投薬を行ないます。血管拡張薬や利尿薬、強心薬などを投与し、心臓の機能回復と血栓予防を。心不全を併発する事もあり、その場合には入院をしなくてはいけない事もあるでしょう。

予防

日常的にタウリン不足にならないよう、タウリンを含む食事を与える事がまず大切でしょう。ですが遺伝性の場合などは予防法がない、と言えます。両親猫にこの病気の履歴がないか確認出来る場合は確認しておくと良いでしょう。

猫の拘束型心筋症

寝ている猫

拘束型心筋症は心臓内部にある繊維が厚くなり、心臓の壁が硬くなる事で拡大と収縮がうまくいかなくなる病気です。「中間型心筋症」と呼ばれる事も。10歳以上のシニア猫に起こりやすい病気です。

症状

初期にはほとんど症状がない場合がほとんどですが、元気がない、食欲不振、息が苦しそうなどいつもと違う様子があったら早めに受診しましょう。

原因

原因は良く分かっていないのですが心筋炎(心筋炎は外傷・トキソプラズマなどの虫や細菌などの感染・心臓に害のある薬剤・免疫力の低下などが原因で起こる心筋の炎症)が何かしらの関わりがあると推測されています。他の心筋症である肥大型と拡張型を併発する事も多いです。

治療

肺に水が溜まる肺水腫を併発していたら、水を排出する為に利尿薬を与えます。その後、血管拡張薬や血栓予防薬を投与します。安静に保つ頃で症状の悪化を防ぎます。飼い主には辛い話ですが、この病気を起こした後は3ヶ月〜1年位の生存期間の事が多く、2年もてば良い方と言われています。

予防

原因がはっきりと分かっていないので予防も難しいのですが、心筋炎が何かしらの関わりがあるのでは、と推測されていますので心筋炎を起こさないよう、ケガや免疫力の低下を防ぐように注意しましょう。

自宅で簡単に猫の心筋症チェック

猫の歯茎

心筋症により愛猫の血圧が低下していないかを確認する「キャピラリテスト」というテストがあります。日本語で言うと「毛細血管再充満時間テスト」で、猫の歯茎を白くなるまで指で押し、離してから赤みが再び戻るまでの時間をチェックするだけの非常に簡単なテストです。血圧が正常な場合は2秒未満で赤みが戻りますが、血圧が低下していると赤みが戻るのに2秒以上かかります。必ずしも正確な検査、とは言えませんが、心筋症の疑いがある時は自宅でも出来る簡単なチェック方法として便利です。

猫の心筋症に関するまとめ

猫と女性

猫の心筋症はどの猫でも発症する可能性のある病気です。日頃から愛猫の健康を保つよう気を遣うのはもちろん、定期的な健康診断を受けさせる、ストレスを感じさせないようにするなど、飼い主が出来る事は沢山あります。愛猫となるべく多くの時間、一緒に過ごせるよう、気をつけていきたいですね。

女性 ゆき

今まで猫を飼育してきて1度も心筋症を患った子はいませんので、心筋症についてはそこまで知りませんでしたが、「心筋症」といっても種類があることに驚きました。

調べてみると、肥大型心筋症はアメリカンショートヘアやペルシャなどの短毛種の雄猫がなりやすいそうで、拡張型心筋症はシャム、そしてアビシニアンなどが患うことが多いそうです。

「うちの猫は純血種じゃないから大丈夫」と思っていましたが、どうやら10歳を過ぎた老猫は、拘束型心筋症にかかりやすいと言われているため、我が家の日本猫たちにも注意が必要そうです。

生き物を飼うということは必ずお別れがありますが、病気にかかり苦しんで亡くなる姿はみたくありませんよね。そうならないためにも、普段から健康を気遣って管理をしっかりしてあげようと思いました。
人気のキーワード