ペルシャ猫の体重とは?肥満を防止する対処法も!

ペルシャ猫の体重とは?肥満を防止する対処法も!

ペルシャ猫は被毛の豊かさから体重が重そうなイメージを持たれやすいですが、実は猫全体の平均体重とさほど変わらないんです。そんなペルシャの体重についてまとめました。肥満になりやすいのでご注意を!

537view

ペルシャ猫の体重

3匹のペルシャ猫

ペルシャ猫は触り心地の良さそうなフサフサな被毛に覆われているため、太ってしまっているイメージを持ちやすいですが、実際はそうでもないのです。
ペルシャ猫の平均体重は

  • オス・・・3.5~6.0kg
  • メス・・・3.0~5.0kg

であり、猫全体の平均体重が3.5~4.5kgなのでさほど変わらない平均体重となっています。あの被毛の下は意外と筋肉質な体をしているんですよ!

ペルシャ猫の体重管理

床に横たわるペルシャ猫

ペルシャ猫は穏やかでおっとりしている性格上、遊ぶよりゴロゴロすることを好む猫のため、体重が肥満になりやすい傾向があります。豊かな毛で覆われて見た目では分かりにくいので、飼い主さんが気付かないことも多いようです。

ペルシャ猫が肥満かどうかの調べ方

ペルシャ猫は長毛種で毛がフサフサとしているため、「くびれの有無」や「お腹のたるみ」など見た目で肥満かどうかを判断する方法ではよく分かりません。そのため以下の2つの方法で判断しましょう。

そのペルシャ猫の適正体重を知る

ペルシャ猫は1歳を迎えた時の体重がその個体の適正体重だと言われており、肥満とはその適正体重の20%を超えた状態を示します。つまり「適正体重(kg)×1.2」で出た値を超えていた場合、そのペルシャ猫は肥満だと言えます。

飼っているペルシャ猫がこれから1歳を迎える場合はその時の体重をしっかり覚えておきましょう。もう1歳を過ぎてしまっているペルシャ猫を飼っていて、その頃の体重が分からない場合はかかりつけの獣医さんに聞けば記録が残っているかもしれません。

ペルシャ猫の肋骨が確認できるかどうか

ペルシャ猫の胸の横側を触ってみて、肋骨が確認できるかどうかを確かめます。

  • 肋骨がなんとなく分かる
  • 肋骨が確認できない

このどちらかのレベルにだと、そのペルシャ猫は肥満気味もしくは肥満だと考えて良いでしょう。
肋骨がしっかり確認できた場合は肥満ではないと言えますので、今の体型を維持していきましょう!

肥満のペルシャ猫の対処法

肥満は全ての猫でいろんな病気にかかりやすくなってしまう原因といわれており、例えば糖尿病のリスクは標準体重の猫の4倍、関節炎のリスクは5倍とも言われています。肥満にならないようペルシャ猫の体重管理は常日頃から注意し、すでに肥満のペルシャ猫は標準体重に戻すよう飼い主さんの努力が大切です。

肥満のペルシャ猫の対処法① 食事管理を徹底する

食事のカロリー計算を徹底しましょう。ペルシャ猫がどんなに欲しがっても適量以上は与えてはいけません。ペルシャ猫は運動を好まない分、まず食事のコントロールが大切になります。

肥満のペルシャ猫の対処法② 運動は嫌がらない程度にさせる

ペルシャ猫がいくら運動を好む猫ではないといっても、食事管理だけで肥満を解消するのはなかなか難しいところがあります。無理をさせない程度に運動をさせてみましょう。
ただし、ペルシャ猫はマイペースな性格なのでしつこく構いすぎるとストレスを抱えてしまいます。様子を見ながら飼い主さんが加減して、楽しく運動させてあげましょう。

ペルシャ猫の体重に関するまとめ

人に甘えるペルシャ猫

ペルシャ猫は運動を好まない分、飼い始めから飼い主さんがしっかり体重を管理する必要があります。一度肥満になったら体重を戻すのが大変です。

ペルシャ猫ののんびりでマイペースな性格を理解し、肥満にならないようにしっかり飼い主さんが体重をコントロールしてあげてくださいね!

▼ペルシャについて詳しく知りたい方はこちら
ペルシャ猫の性格とは?オスとメスでの違いも!

女性 Kho

ペルシャは毛がフワフワで、流れるようなその被毛はとてもキレイで、エレガントな雰囲気を持つねこちゃんですよね。お手入れも大変そうですが、なによりそのペルシャの特徴であるあのフワフワの被毛のせいで、飼い主様も肥満に気づきにくのでしょうか。被毛のせいで、ふんわりした雰囲気になるので、なかなか体型に気づきにくいのでしょうし、ペルシャの性格が遊びよりもゴロゴロしてるほうが好き、という記事の部分に、なるほどな、と納得できました。確かにあまり積極的に動いているイメージはありません。そういう性格の部分も相まって、気付いた時には太ってしまっているんですね。でも肥満は人でもそうですが、いろんな病気のきっかけにもなるので、スキンシップがてら体を触って、もちろん苦手な子もいるのでその猫ちゃんに合わせてではありますが、体型や健康チェックはしたほうがいいのかもしれません。

30代 女性 tonakai

ペルシャは猫カフェでしか見たことがないのですが、4匹いた中で3匹は他の猫が遊んでいるのを遠くから見ていたり、気に入った場所でくつろいでいたりする姿が多かったので「遊ぶよりもゴロゴロ」という性格が納得しました。どのペルシャも小柄だったのですが、意外に体重があることに驚きました。長い毛で体が隠れてしまい分からなかったのかもしれません。あれだけの長い毛に体が覆われていて、運動も好きではないことから、体重管理が重要なんですね。気品ある姿や特徴的な顔で見つめられたら甘やかしてしまいそうですが。
見た目では体型が分からない分、触ったり体重を量ったりといったチェックが病気を予防するためにも大切だと感じました。ペルシャの性格を考えても、体重維持をしておくのが、猫にも飼い主にも安心のようです。

30代 女性 ケロキ

ペルシャ猫はフワフワした毛が特徴ですが、あの毛の下は筋肉質なんですね。高級感のあるイメージとは違い、たくましい体とは知りませんでした。とはいえ、長毛で体型が見えない分、チェックは重要ですね。おっとりとした性格は飼育しやすいかもしれませんが、知らないうちに肥満になっていたらかわいそうです。見た目では体型が分からないので、触ったときの感じが重要ですが、経験がないと判断するのは難しそうです。病院に行ったときに先生に確認してみるのも良いですよね。また、体重も適正体重を把握していれば「適正体重の20パーセントを超えた状態」という目安があるので、自宅でもチェックしやすいですよね。ペルシャ猫の性格を考えて、飼い主による体重のコントロールが重要なんだと感じました。

女性 Kirara

ペルシャ猫はフサフサもふもふなところが魅力的ですね!大きく見えても意外と中はほっそりしてたりしますよね。お風呂に入れられて濡れたペルシャ猫の写真を見ると、あまりの違いについ笑ってしまいます(*^m^*)
知り合いが飼っているペルシャ猫(チンチラ)を抱っこさせてもらったことがありますが、思ったより軽くてびっくりしました。それになんといってもあの柔らかくて綿あめのようなふわふわ感!短毛の猫とは全然違う手触りで感激しました。
でもそのフサフサの毛のせいで、太っていてもわかりにくいんですね。見た目では判断しにくいので肥満を見逃しやすいかもしれませんが、肥満はいろんな病気の原因になるので、きちんと体重管理してあげたほうがいいですね。
我が家の猫も短毛だけど太りやすいので、気をつけたいと思います。

30代 男性 にゃひこ

ペルシャ猫は可愛いと思います。ふわっふわな毛は、きっと触り心地バツグンな事でしょう。丸みのある印象があるので、筋肉質な意外性に少し驚きです。
穏やかでおっとり、遊ぶより、ゴロゴロは猫の良いとこ取りだなと微笑みを隠せませんでした。

肥満は万病の元。
私自身が糖尿の家系の為、人にとっても恐ろしい病気が猫にもある事は、心配でなりません。
私の飼っている猫はサビで7歳になりますが、現在は健康を保てています。
これからシニア猫に入るので、色々な疾患が出てくるかもしれません。
ポテっとした猫は見た目可愛いなと思いますが、健康を考えるとスタイリッシュは理想だと常々感じています。
体が重いと身動きも不自由になり、足腰に負担が掛かるのも避けられない。さらに、糖尿などの疾患のリスクも高まると想像すると、ご飯のあげすぎには気を付けなければと思いました。

20代 女性 阿部

ペルシャ猫は今までで1度もお目にかかったことがありません。ですが、あの可愛らしい見た目に惹かれ、私が思う1度は飼育してみたい猫種ナンバー3に入ります!ペルシャ猫は運動が得意ではないということで、体重管理が非常に難しそうだと感じました。人間もそうですが、一度太ってしまうと元に戻すのが非常に大変なので、猫も減量となれば同じく大変だと思いますが、運動を好まないということが何よりも苦労しそうです><動画サイトで、ゴロゴロと転がりながら手先だけを動かし、猫じゃらしで遊んでいるペルシャ猫を見たことがありますが、あの感じで「体を動かしてまでは遊びたくないかな」、と思われてしまうとペルシャ猫のダイエットは一層難しくなりそうです^^;

20代 女性 めろん

ペルシャ猫は、おっとりした性格の子が多く普段からゆっくり寝て過ごす子も多いため、猫ちゃんの中では運動量が少なく運動もあまり得意とは言えないようです。
あまり激しい運動はケガの恐れもあるので飼い主さんが毎日少しづつ遊んであげるのも予防のひとつになるかと思います。
ペルシャ猫は、身体に熱がこもりやすくってあまり長い時間遊びすぎると体調を崩してしまうことも。お部屋を快適な温度にしてあげ、長時間の遊びは控え休憩もさせてあげてくださいね。

毛がふわふわなのも魅力のペルシャ猫ですが、そのため太っても気付きにくいんです。なので撫でながらボディチェックをしたり、定期的に体重を測ってあげると気付きやすいです。
ペット用の体重計も販売されてますが、普段使っている体重計で自分の体重を計ります。その後猫ちゃんを抱っこし一緒に乗り測った体重から、自分の体重をひくと猫ちゃんの体重が分かります。
飼い主さんが毎日少しづつ気をつけてあげる事で肥満を防げるし、その他病気からも守ってあげられると思っています。
ひとつ注意したいのは、ダイエットをする際は急にご飯の量を減らすなどは控え減らす場合は少量から始めてくださいね。急な体重の変化は体調を崩してしまいます。
肥満で困るのはあなたではなく、猫ちゃんだと言うことを忘れないでくださいね。

20代 女性 チグラーシャ

ペルシャではない長毛の猫を実家で飼っています。被毛のおかげで立派な体格に見えますが、実際に体を触ってみるとかなり細いです。
「猫の王様」と呼ばれるペルシャはドタバタ走り回るよりもソファやベッドでのんびりくつろいでいる姿の方が確かに似合っていますね。
ペルシャに限らず、猫の肥満は飼い主さんがついごはんやおやつをあげすぎてしまうことが原因なので、運動をさせるよりも食事管理をしっかりするのが上手なダイエットのコツだと思います。いつものフードの量を減らすだけでなく、少量でも必要な栄養を補給できるダイエット向きのフードを試してみるのもいいんじゃないでしょうか。
むちむちのデブ猫ちゃんはとてもかわいいのですが、肥満が原因で病気になってしまったら猫ちゃんも飼い主さんも辛い思いをします。現在飼っているブリティッシュショートヘアもやや太り気味なので、猫にとって負担にならない範囲で少しずつダイエットさせていきたいです。
人気のキーワード