ペルシャ猫の体重とは?肥満を防止する対処法も!
はむ
アニマルヘルステクニシャン、ドッググルーミングスペシャリストなど

ペルシャ猫の体重とは?肥満を防止する対処法も!

ペルシャ猫は被毛の豊かさから体重が重そうなイメージを持たれやすいですが、実は猫全体の平均体重とさほど変わらないんです。そんなペルシャの体重についてまとめました。肥満になりやすいのでご注意を!

259view

目次
ペルシャ猫の体重
ペルシャ猫の体重管理
ペルシャ猫の体重に関するまとめ

ペルシャ猫の体重

3匹のペルシャ猫

ペルシャ猫は触り心地の良さそうなフサフサな被毛に覆われているため太ってしまっているイメージを持ちやすいですが、実際はそうでもないのです。
ペルシャ猫の平均体重は

  • オス・・・3.5~6.0㎏
  • メス・・・3.0~5.0㎏

であり、猫全体の平均体重が3.5~4.5㎏なのでさほど変わらない平均体重となっています。
あの被毛の下は意外と筋肉質な体をしているんですよ!

ペルシャ猫の体重管理

床に横たわるペルシャ猫

ペルシャ猫は穏やかでおっとりしている性格上遊ぶよりゴロゴロすることを好む猫のため、肥満になりやすい傾向があります。豊かな毛で覆われて見た目では分かりにくいので、飼い主さんが気付かないことも多いようです。

ペルシャ猫が肥満かどうかの調べ方

ペルシャ猫は長毛種で毛がフサフサとしているため、「くびれの有無」や「お腹のたるみ」など見た目で肥満かどうかを判断する方法ではよく分かりません。
そのため以下の2つの方法で判断しましょう。

そのペルシャ猫の適正体重を知る

ペルシャ猫は1歳を迎えた時の体重がその個体の適正体重だと言われており、肥満とはその適正体重の20%を超えた状態を示します。つまり「適正体重(㎏)×1.2」で出た値を超えていた場合、そのペルシャ猫は肥満だと言えます。

飼っているペルシャ猫がこれから1歳を迎える場合はその時の体重をしっかり覚えておきましょう。
もう1歳を過ぎてしまっているペルシャ猫を飼っていて、その頃の体重が分からない場合はかかりつけの獣医さんに聞けば記録が残っているかもしれません。

ペルシャ猫の肋骨が確認できるかどうか

ペルシャ猫の胸の横側を触ってみて、肋骨が確認できるかどうかを確かめます。

  • 肋骨がなんとなく分かる
  • 肋骨が確認できない

このどちらかのレベルにだと、そのペルシャ猫は肥満気味もしくは肥満だと考えて良いでしょう。
肋骨がしっかり確認できた場合は肥満ではないと言えますので、今の体型を維持していきましょう!

肥満のペルシャ猫の対処法

肥満は全ての猫でいろんな病気にかかりやすくなってしまう原因といわれており、例えば糖尿病のリスクは標準体重の猫の4倍、関節炎のリスクは5倍とも言われています。
肥満にならないようペルシャ猫の体重管理は常日頃から注意し、すでに肥満のペルシャ猫は標準体重に戻すよう飼い主さんの努力が大切です。

肥満のペルシャ猫の対処法① 食事管理を徹底する

食事のカロリー計算を徹底しましょう。ペルシャ猫がどんなに欲しがっても適量以上は与えてはいけません。
ペルシャ猫は運動を好まない分、まず食事のコントロールが大切になります。

肥満のペルシャ猫の対処法② 運動は嫌がらない程度にさせる

ペルシャ猫がいくら運動を好む猫ではないといっても、食事管理だけで肥満を解消するのはなかなか難しいところがあります。無理をさせない程度に運動をさせてみましょう。
ただし、ペルシャ猫はマイペースな性格なのでしつこく構いすぎるとストレスを抱えてしまいます。様子を見ながら飼い主さんが加減して、楽しく運動させてあげましょう。

ペルシャ猫の体重に関するまとめ

人に甘えるペルシャ猫

ペルシャ猫は運動を好まない分、飼い始めから飼い主さんがしっかり体重を管理する必要があります。
一度肥満になったら体重を戻すのが大変です。

ペルシャ猫ののんびりでマイペースな性格を理解し、肥満にならないようにしっかり飼い主さんが体重をコントロールしてあげてくださいね!

▼ペルシャについて詳しく知りたい方はこちら
ペルシャ猫の性格とは?オスとメスでの違いも!

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 女性 Kho

    ペルシャは毛がフワフワで、流れるようなその被毛はとてもキレイで、エレガントな雰囲気を持つねこちゃんですよね。お手入れも大変そうですが、なによりそのペルシャの特徴であるあのフワフワの被毛のせいで、飼い主様も肥満に気づきにくのでしょうか。被毛のせいで、ふんわりした雰囲気になるので、なかなか体型に気づきにくいのでしょうし、ペルシャの性格が遊びよりもゴロゴロしてるほうが好き、という記事の部分に、なるほどな、と納得できました。確かにあまり積極的に動いているイメージはありません。そういう性格の部分も相まって、気付いた時には太ってしまっているんですね。でも肥満は人でもそうですが、いろんな病気のきっかけにもなるので、スキンシップがてら体を触って、もちろん苦手な子もいるのでその猫ちゃんに合わせてではありますが、体型や健康チェックはしたほうがいいのかもしれません。
  • 30代 女性 tonakai

    ペルシャは猫カフェでしか見たことがないのですが、4匹いた中で3匹は他の猫が遊んでいるのを遠くから見ていたり、気に入った場所でくつろいでいたりする姿が多かったので「遊ぶよりもゴロゴロ」という性格が納得しました。どのペルシャも小柄だったのですが、意外に体重があることに驚きました。長い毛で体が隠れてしまい分からなかったのかもしれません。あれだけの長い毛に体が覆われていて、運動も好きではないことから、体重管理が重要なんですね。気品ある姿や特徴的な顔で見つめられたら甘やかしてしまいそうですが。
    見た目では体型が分からない分、触ったり体重を量ったりといったチェックが病気を予防するためにも大切だと感じました。ペルシャの性格を考えても、体重維持をしておくのが、猫にも飼い主にも安心のようです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード