ラグドールの体重と年齢ごとの管理方法

ラグドールの体重と年齢ごとの管理方法

ラグドールは「世界一重い猫」だということを知っていますか?体のサイズが最も大きい猫というわけでもないのに、体重だけでいったら世界一なんだそうですよ。そんなラグドールの平均体重はどれくらいなのでしょうか?ラグドールの体重に関わる情報をまとめました。

2727view

ラグドールの体重

横たわって見上げるラグドール

ラグドールの成猫の平均体重は

  • オス・・・5.0~8.0kg
  • メス・・・4.0~5.0kg

とされています。
一般的な猫の平均体重が3.5~4.5kgなので、オスのラグドールはその約2倍にもなるということです。それに比べてメスのラグドールはわりと小柄で、成猫になっても一般的な猫の平均体重とさほど変わらないようです。

ラグドールはメインクーンやノルウェージャンフォレストキャットのような大型種ではなく中型種に分類されますが、それでも成長しきるのに3~4年ほどかかるそうです。
成長期には高タンパクのごはんをしっかり食べさせて、あのしっかりした体格を作りあげることが大切です。

ラグドールは「世界一重い猫」

ラグドールの体長(胸の前からお尻の先までの長さ)は一般的な猫と比べてそこまで大差はない猫なので、ラグドールは「世界一大きい猫」ではありません。
しかし体重は一般的な猫に比べてかなり重いため、ラグドールは「世界一重い猫」と言われています。中には10kgにまで成長したオスのラグドールもいるんだとか。

そのためキャットタワーを設置する際は高さよりもラグドールの体重を支えられるように基礎がしっかりしていることを重視して選んでくださいね。

ラグドールの体重管理~生まれてから1歳まで~

ラグドールの子猫2匹

生まれたばかりのラグドールの体重はほぼ一般的

生まれたばかりの子猫全体の平均体重は100gほどと言われていて、ラグドールの子猫はそれよりも少し大きいくらいで、生まれた時から特別大きいわけではありません。

ラグドールは2ヶ月齢から急激に成長

生まれた時の体重は一般的な猫とあまり変わらないラグドールですが、生後2ヶ月頃から成長が著しくなり、体重もどんどん増えていくでしょう。
それとともに食欲も増してくるので「もっとちょーだい!」とせがんでくることもあると思います。成長期なので神経質になって食事制限をする必要はありませんが、あげすぎは禁物。記載されている量以上はあげないようにしましょう。

ラグドールは頭が良い猫なので、一度そういった甘えを許してしまうとその方法を覚えてもっとしつこくせがむようになってしまいかねません。
子猫期の太りすぎは成猫になった後も肥満になりやすくなる上、肥満は様々な病気を引き起こすので気をつけましょう。

たくさん運動させる

ラグドールはおとなしい猫と言われますが、子猫の時期はラグドールも遊び盛りですのでたくさん運動させましょう。そうすればラグドールらしいしっかりとした体格になってくれるはずです。

1歳になる頃には4kgを超す体重になっていることでしょう。ただし、個体差はあるので体重が4kgに満たなくても心配はありません。

ラグドールの体重管理~1歳から2歳まで~

赤いテーブルの上に座るラグドールの子猫

先述したようにラグドールは成長しきるまで3~4年かかるため、1歳を過ぎてもまだまだ成長を続けます。ただし、その成長は1歳までと比べて緩やかになっていきます。

ラグドールはお腹にたるみがある

ラグドールには「ルーズスキン」または「プライモーディアルポーチ」と呼ばれるたるみがお腹あたりに存在します。
これは肥満のサインではなく、ラグドールが一度にたくさん食べる必要があった頃の名残で、お腹を守ったり大きくジャンプする時に後ろ足がよく伸ばせるようにするためなんだそうです。
しかしこれは皮膚なので、中にお肉が詰まっている場合は肥満のサインです!体重管理を見直しましょう。

ラグドールが高いところから降りる時は注意

2歳を迎える頃のラグドールの体重は4~8kgくらいになっているでしょう。
体重が増えてくると高いところから降りた時の衝撃も大きくなります。ラグドールはあまり高いところに登りたがる猫ではないですが、念のため怪我をしないように高い場所の周りはクッションフロアやコルクマットを敷いてあげると良いでしょう。
また先述しましたが、キャットタワーは低めでも良いので丈夫なものを選びましょう。

ラグドールの体重管理~2歳以降~

毛布の上でリラックスするラグドール

2歳を過ぎたラグドールはラグドールらしいがっしりとした体格に成長を遂げていることでしょう。
しかし、まだ緩やかに成長を続けているので体重も増え続けていきます。4歳を過ぎた頃にはだいたい成猫になり、成長は止まるでしょう。

ラグドールが肥満にならないように注意

一般的な猫は1歳までが成長期と言われ、その1歳の時の体重がその個体の理想体重とされています。しかしラグドールは成長しきるのに3~4年かかるため、理想体重による肥満の判断ができません。
また、ラグドールは長毛のためくびれの有無をチェックする方法は分かりずらいので、ラグドールが肥満かどうかチェックする場合は肋骨が触れるかどうかをチェックしましょう。
肋骨が分からなかったり分かりづらい場合は太り気味だと思ってダイエットさせる必要があるでしょう。

ラグドールは大人になるにつれ、まったり過ごすことを好みます。そのため積極的に運動しなくなる可能性もありますので、飼い主さんがオモチャを使ってやる気に火をつけてあげてくださいね!

ラグドールの体重に関するまとめ

家具に手をかけてリラックスするラグドール

ラグドールにも個体差はあるため、平均体重より多少軽かったり重かったりその個体によって様々です。しかし、体重があまりにも重い場合は肥満の可能性があるのでダイエットを、逆に体重があまりにも軽い場合は病気の可能性もあるので他に変わった症状がないかなど観察し、獣医さんに相談することをオススメします。

▼ラグドールについて詳しく知りたい方はこちら
ラグドールはどんな性格?オス・メスでの違いと飼う上で注意すること

女性 tonakai

成長がゆっくりな猫というと、メインクーンが思い当たるのですが、ラグドールもそうなんですね。また、世界一重い猫と呼ばれているのも初めて知りましたが、確かに体長の割に体重がありますね。
体重がある分、キャットタワーは丈夫な物が良いですね。我が家の猫はキジトラで、体重は4.6kgあり、一般的な猫の体重の範囲に入ると思います。ですが、キャットタワーに走って登ったときに、柱が折れてしまったのです。猫はケガがなかったので安心しました。この体重で壊れてしまうキャットタワーなら、ラグドールなどの体重がある猫が遊んだら大変ですよね。体重があることも考え、素材や耐久性などをチェックして猫グッズを用意した方が良いですね。

30代 女性 毬音

大きい猫種だと思ってましたが、そうでもないんですね。
でも、体重は一般的に見ても、十分大きいと納得です!ルーズスキンやプライモーディアルポーチ、このたるみの事は全然知らなかったです。
たるみ、でなくルーズスキンにプライモーディアルポーチ。呼び名のオシャレさに笑っちゃいました♪
ちなみに、うちの愛猫にはガッツリたるみがあります。
ちょっとおデブちゃんだった頃の、名残りです。皮膚って、伸びるんですねー。

猫、大人になると子猫の頃に比べて動かないなーと実感してます。
ご飯も、食べるからとポンポンあげてしまっていた結果、おデブちゃんの道を進んでしまったのは、飼い主である私の管理ミスでした。
子猫食、成猫食、高齢猫食。
年齢ステージに合わせてごはんを選んであげないと、ダメですね><

お腹たるんたるんも、歩くごとに横揺れして可愛いんですが、伸びちゃったものは戻らないので。。反省もしてます。
人気のキーワード