猫との遊びで大切なこと

猫との遊びで大切なこと

猫にとって遊びとはストレス発散をするのはもちろんのこと、体力をつけたり狩りのやり方を学んだり、さらには精神発達も関係しています。猫との遊びはどうやるのが一番良いのでしょうか?効果的な遊び方と猫との遊びで注意するポイントをまとめました。

642view

猫ちゃんとの効果的な遊び

ボールを追う猫

猫のひとり遊び

生まれたばかりの頃は、兄弟の子猫たちとじゃれ合う遊びから始まって、大きくなるにつれてだんだんとひとり遊びができるようになってきます。ひとり遊びの例として、ボールなど小さくて動くものを見ると、そこに飛びかかって前足で確実にキャッチする。これは、ねずみなどの小さな動物を捕まえるときの行動と同じです。

そのほかにも、飛んでいる物に敏感に反応してジャンプをして捕まえようとする、鳥を捕まえるための行動などがあります。野生の猫ならこの遊びを狩りに役立てるようになっていくのですが、飼い猫の場合はエサを与えられて狩りをする必要がないので、これが遊びになります。

狩りをする必要がないけれど、飼い猫でも自由に外に遊びに行ける猫は、鳥やねずみ、蛙などを捕まえて帰ってきて「どぉ?すごいでしょ」と、飼い主に自慢したりすることもあるそうです。

猫との遊び方と時間について

猫と一緒に遊ぶといっても、どのような方法で、そしてどれくらい遊んであげればいいのかわからないですよね。
猫は大きくなるにつれて、遊ぶ時間や回数が減っていくといわれているのですが、それは、野生の猫だけで、それぞれの猫の性格にもよりますが、飼い猫は大きくなっても遊ぶことが大好きで、大切なことなのです。

猫は意外と体力がない動物で、激しい動きをする遊びなら本当に短い時間で疲れてしまいますので、一回に遊ぶ時間は15分くらいが適当と言えます。のんびりと猫ちゃんとの時間を楽しんでいる場合は、もう少し長く遊び続けることができると思います。

ただ猫的には、のんびりした遊びよりも、瞬発力が必要な激しい遊びの方が好きなようです。おもちゃを使って遊ぶときには、狩りで狙うねずみのように細かい動きを出してみたり、鳥のように上を羽ばたかせてみたり、時には隠したりして獲物になりきって動かすことで、猫ちゃんは夢中で遊んでくれます。

猫との遊びのおすすめグッズ

折りヅルと猫

最近では猫のおもちゃも数多く売っているので、特に人気があるものをいくつかご紹介します。

LEDポインター

軽くて持ちやすい小型のレーザーポインター型のおもちゃで、運動不足な室内猫や、じゃらし系では物足りない活発な猫ちゃんにぴったりですし、これなら飼い主の方も疲れることなく遊ぶことができます。

マシュマロボール  

猫ちゃんが投げたりくわえたりできる、マシュマロのように軽くて柔らかいおもちゃです。
中にはコロコロと鳴る鈴入が入っていて、猫ちゃんも興味深々になること間違いなしです。
さらに猫ちゃんが大好きなまたたびも入っています。

ハンディーハンター   

3種類の天然羽根に、カシャカシャと音のなるオーロラフィルムリボンがついています。
弾力のある線材で振りやすいハンディータイプのおもちゃです。

ダ・バード

紐の先に七面鳥の羽がついていて、勢いよく振ると羽音がします。
棒などのパーツも長く、ダイナミックな動きや隠れながらの遊びもできるので、とても重宝しそうなおもちゃです。

他にも、長い間人気を保っている王道のおもちゃは

  • 猫じゃらし
  • じゃれ猫
  • ナイトンデイフェザー
  • 電動ぐるぐるマウス
  • キャットトンネル

などがあります。

ただし気をつけなければならないことは、猫の視覚についてです。猫の色覚は人間とは全く違います。白と黒に関しては人間よりも敏感ですが、黄、青、またはその中間色以外はうまく認識することができません。なので、おもちゃを買うときはなるべく赤や赤に近いような色が使われていないものを選んでください。

猫との遊びの休憩のポイント

寝そべる猫

猫が疲れているかどうかは、呼吸数で判断します。
判断するときには、猫のお腹を見てみると呼吸が早くなっているのがよくわかります。
呼吸が早くなっていれば、猫にとっていい運動をしているということになります。
犬は、疲れると口を開けて舌を出して呼吸をしますが、猫がここまでの呼吸をすることは滅多にないので、このような呼吸を始めたときには早目に休ませてあげてください。

猫との遊びで注意すること

くつろぐ猫

長い紐などがついているおもちゃは、猫の体にからまってしまうことがあります。
万が一、首に絡まってしまうと大変危険ですので、そういったおもちゃは遊び終わったらすぐに片づけるよう心がけてください。

猫との遊び方に関するまとめ

猫ちゃんとたくさん遊んであげたいけれど、毎日遊ぶ時間を作ることはなかなか難しいものです。
猫は、遊んでほしくなると「ニャーッニャーッ」と、かわいく鳴いて寄って来るので、ついついそのお誘いに乗ってしまいがちですが、一度その誘いに乗ってしまうと、猫ちゃんは味を占めて何度も何度もかわいく誘いに来て、最終的に相手をするのが大変になってしまうので、遊ぶ時間は飼い主さんの都合に合わせていくことをオススメします。
猫は、ひとり遊びでもストレス発散をすることができますので、飼い主さんのペースで、無理なくお付き合いをしていくのがベストだと言えます。

スポンサーリンク

人気のキーワード