猫が縄張りを作る2つの理由とその意識

猫が縄張りを作る2つの理由とその意識

家で飼育している猫でも縄張りを作るって知っていましたか?今は家族の一員として室内で飼われている猫でも、野生の猫のように外などで生活している猫同様、実は今でも自分の縄張りを主張します。室内にマーキングして自分の縄張りを確保して生活している理由に迫ります。

311view

猫が縄張りを必要とする理由

威嚇する猫

猫に縄張りが必要だった理由は主に2つです。

  • 縄張りは、猫自身、自分自身を守るための行動
  • 他の猫との争いなどを避けて生活をしていくために必要な行動

もともと猫は野生動物です。他の野生動物と同じように、狩りをします。自分よりも小さい動物などを捕らえ食べて生きてきました。他の猫に自分の行動範囲をわからせ、生きていくために、マーキングをして自分の縄張りを作っていったのです。

猫が縄張りを示す「マーキング」

ネズミと猫

自分の臭いをつける「マーキング」という行動で縄張りを作っていきます。

自分の臭いをつけることをマーキングといいます。猫自身は、自分の尿などをつけて臭いをつけて、他の猫に自分の縄張りをわからせます。普段よりも臭いが強い尿をしている時などは、マーキングをしているときといえます。

室内飼いの猫でも縄張りを作るの?

縄張りは、猫としての習性として、室内でも野外でも飼われている猫でも野良猫でも、縄張りを作ります。

室内で飼われている猫でも縄張りを作ります

お昼寝をする場所、夜寝る場所、お気に入りでいつもいる場所など、室内や家ごとなどが、飼い猫の縄張りだといえます。室内を動きまわっているのは、自分の縄張りが荒らされていないか確認するためだと言われています。飼い主にも、自分自身の臭いを顔などこすりつけたりしてつけているのです。猫に臭いをつけられた人は猫の縄張りに入っていいということでしょう。

他の猫が縄張りに入ってきた場合の行動

威嚇する子猫
  • 自分の体を使い、また鳴き声などで相手を威嚇する
  • 普段とはちがい攻撃的になり喧嘩をする

猫も自分の縄張りを守るために、必死に自分の体を使い行動し表現します。このような行動をとった時は、自分の縄張りに入ってきて欲しくないと猫が言っているとことになるのではないでしょうか。それを飼い主など人間は解ってあげなくてはいけません。

まとめ

猫の集団

猫自身の縄張りは、猫が生活していくうえで必要なことであり、必ずとる行動だと解りました。飼い主が猫のことを解ることから始めれば、猫とのコミュニケーションがとれ、家族の一員として気持ちがわかりあえることでしょう。猫としてどのように生活していくのが一番いいのか考えてあげることも飼い主として必要なことではないかと思います。

スポンサーリンク

人気のキーワード