ペルシャ猫の性格の特徴

ペルシャ猫の性格の特徴

ペルシャ猫は「猫の王様」と言われているようですが、どんな性格をした猫なのでしょうか。ペルシャ猫の基本的な性格やオスとメスでの性格の違いもまとめてみました。ペルシャ猫を飼う時の参考にしてみてください。

791view

ペルシャ猫の性格

上を見つめるペルシャ猫

ペルシャ猫は室内で猫を飼いたい人やブラッシングをこまめにしてあげられる人に向いている猫のようです。
そのように言われるペルシャ猫はどのような性格をしているのでしょうか。

ペルシャ猫の性格① おおらかでマイペース

ペルシャ猫は「猫の王様」と言われているだけあって、とてもおおらかでマイペースな猫のようです。わがままを言ったり神経質になったりすることもなく、優雅な振る舞いをする猫のようです。

ペルシャ猫の性格② 甘えん坊

ペルシャ猫は人懐っこく、とても甘えん坊の猫のようです。
しかし甘えん坊のわりには長時間の抱っこされることは苦手なようです。そのため異常に構いすぎるとストレスが溜まってしまうこともあるようです。

ペルシャ猫のオスとメスでの性格の違い

ペルシャ猫2匹横並び

同じペルシャ猫でもオスとメスで多少性格が変わってくるようです。その性格の違いをまとめました。

性格の違い① オスのペルシャ猫はやんちゃ

オスのペルシャ猫はメスよりもやんちゃな性格をしているようです。
また、オスは“構って欲しい”“遊んでほしい“のサインを出すこともあるようです。

性格の違い② メスのペルシャ猫は気分の浮き沈みがある

メスのペルシャ猫はオスよりも気分の浮き沈みがあり、気分屋さんなところがあるようです。
「撫でてほしい」と甘えてきたと思うと、急に「触るな」と突き放されてしまったりすることもあるようです。

性格の違い③ オスのペルシャ猫は室内でマーキングの可能性もある

オスのペルシャ猫は去勢手術をしないと室内でもおしっこをかけてしまうこともあるようです。
マーキングを防ぐためには去勢手術をすることをおすすめします。

ペルシャ猫の特徴

ペルシャの子猫

ペルシャ猫の特徴をまとめました。ペルシャ猫を飼うときなどの参考になればと思います。

ペルシャ猫の特徴① 美しい被毛

ペルシャ猫はふさふさしている美しい被毛をもつ猫です。
美しい被毛を保つためにも毎日のお手入れが必要な猫のようです。コーミングやブラッシングを毎日してあげましょう。

毎日のお手入れができないような人にはペルシャ猫は不向きな猫かもしれません。

ペルシャ猫の特徴② 筋肉質でガッチリ体型

ペルシャ猫は毛が多いため太って見られがちのようですが、実は筋肉質でガッチリ体型の猫です。

また、体重が増えすぎていたり減りすぎていたりすることに気付きにくいことが多いようなので体重管理には十分気をつけましょう。運動量が少ないため、特に食べさせすぎには注意しましょう。

ペルシャ猫の特徴③ しつけがしやすい

  • 声が小さい
  • あまり鳴かない

ということから、ペルシャ猫はしつけがしやすく、室内でとても飼いやすい猫の一種のようです。

ペルシャ猫の性格に関するまとめ

ペルシャ猫アップ

ペルシャ猫はとても飼いやすい猫のようですね。部屋が毛で汚れることが苦にならないようならペルシャ猫はおすすめの猫です。
オスとメスでも多少性格が違うことが分かったので、あなたの好みに合った方を選ぶと良いでしょう。

女性 にゃコロ

ペルシャ猫は風格があって、堂々としているイメージ通り、猫の王様と別名があったんですね。あまり実物を見る機会はありませんが、アニメ映画では、必ずキーポイントとなる出演をしている気がします。
そのフワモコな毛質とガッチリした体格、穏やかで甘え上手な反面、浮き沈みある気まぐれさは、正に猫の性格を代表を表すのではないでしょうか。
我が家の愛猫は雄です。やはり縄張り意識か高いせいか、若い頃は部屋の至るところにマーキングされてしまい、困っていました。尿とは少し違う様で、その匂いはなかなかの手強さ。
この匂いを消すのに、熱湯をかけたり、柑橘系やミントの香りで誤魔化してみたりしましたが、お手上げ状態。去勢をすると、頻度は減りましたが、猫による様です。
ペルシャに限らず、マーキングは縄張り意識の表れなので、要注意ですよ。

スポンサーリンク

人気のキーワード