猫が歯周病について解説!予防から治療法まで

猫が歯周病について解説!予防から治療法まで

猫の歯周病は、腎臓や肝臓、心臓や肺への悪影響を及ぼす可能性がある危険な病気です。ここでは猫の歯周病の原因と、自宅で出来るデンタルケア等の予防や治療について解説します。

594view

猫の歯周病とは

ほっぺをモミモミされる猫

歯周病には歯肉炎と歯周炎が含まれます。

歯周病

歯を支える組織(歯肉や歯を支えている顎の骨)が腐って壊れており、元には戻せない状態です。

歯肉炎

歯肉にのみ炎症がみられる状態で、適切な処置により元の組織に戻せる状態です。

症状

意外に歯周病を患ってる猫ちゃんは多くみられます。多く見られる症状としては、

  • 口臭
  • 口腔内の違和感(さかんに口を前足でひっかくような様子をみせるなど)
  • よだれを垂らす
  • ごはんの前まで行って匂いを嗅ぐが食べずに立ち去る

などがあります。

また、口の中を見ると歯肉が赤いこともあり、酷くなると痛みのためごはんが食べられなくなり体重が減ってしまいます。

猫の歯周病の診断方法

口を診断される猫

病院で口腔内の赤みや潰瘍、歯肉の赤みや歯石や歯垢の状態を確認します。頭部のレントゲンを撮影して、歯を支える骨が溶けていないかどうかも確認します。

猫の歯周病の原因

猫の口

猫ちゃんの歯周病、口内炎の原因はさまざまで、以下のような原因が考えられます。

感染

歯肉には通常善玉菌や悪玉菌など様々な菌が存在しています。歯肉と歯の隙間(歯周ポケット)にも一定の菌が存在していますが、通常は自浄作用が働いています。歯石や歯垢がたまり自浄作用が低下すると、歯周病菌が増え歯周病を引き起こします。

猫白血病ウイルス(FeLV)や猫免疫不全ウイルス(FIV)などのウイルス感染がある猫ちゃんでは免疫抑制状態になり、歯肉炎などを起こしやすくなります。

猫ヘルペスウイルスや猫カリシウイルス感染では鼻炎や結膜炎とともに口内炎を起こしやすくなります。

腎不全

腎不全の猫ちゃんでは毒素をおしっことともに排出することができず、口腔内の粘膜や胃腸粘膜にダメージを与えることがあります。

外傷

硬くとがった形の異物を食べたり、電気コードを咬んでしまったりした時に口の中を傷つけてしまうことがあります。

猫の歯周病の治療方法

歯を治療する猫

抗菌薬の投与

歯周病菌をやっつけるために抗菌薬を投与します

消炎鎮痛剤の投与

痛みや炎症を軽減するためにステロイド剤や非ステロイド性消炎鎮痛剤を投与します。

外科

全身麻酔を施した上で歯石を除去したり、歯周病にかかっている歯そのものを抜きます(抜歯)。

インターフェロン

新しい治療法として、インターフェロンを投与する方法もあります。

猫の歯周病予防について

歯磨きをする猫

まずは、歯石が付きにくいようにこころがけることが大切です。

フードの内容を検討してみる

缶詰のごはんはドライフードと比較して匂いが良く、猫ちゃんの食いつきも多いですが歯垢がたまりやすくなります。缶詰でないと食べない等の理由がなければ、ドライフードを与えると良いでしょう。

デンタルケアを自宅で行う

理想的には家で毎食歯ブラシを使用して歯磨きをします。歯の裏や、歯周ポケットもわすれずに磨きます。ガーゼなどは歯の表面の汚れを落とす効果はありますが、歯周ポケットの中まではきれいにできません。

猫ちゃんが楽しんでブラッシング出来るように、怒らないようにしましょう。嫌がる前にやめるのがコツです。喜んでできるように好物を準備し、ブラッシング出来たら大げさに褒めてから与えましょう。

おかしいな?と思ったら病院を受診する

元の状態に戻れない歯周病に進行する前に受診し、治療を受けることが必要です。

スポンサーリンク

人気のキーワード