ペルシャ猫の値段を知りたい!平均価格や個体差による違いについて

ペルシャ猫の値段を知りたい!平均価格や個体差による違いについて

「ペルシャ猫を飼いたいけど、値段が高そう…」と思っている人も多いのではないでしょうか?ペルシャ猫といえば、とても古くから存在している猫で、おっとりとした性格とふわふわゴージャスな被毛は多くの人を魅了してきました。そんなペルシャ猫を実際に購入する場合はどの位の値段がするのか、平均的な値段から個体差による値段の違いまで調べました。

1977view

ペルシャ猫の値段について

上を見上げるペルシャ猫

ペルシャ猫を購入する場合、ペットショップかブリーダーやキャッテリーから迎える事が出来ます。それぞれのペルシャ猫の平均の値段についてお伝えします。また、子猫ではないかもしれませんが里親を募集している事も多いです。

ペットショップでのペルシャ猫の平均的な値段

ペルシャ猫は安定した人気があり、ペットショップにも数多くのペルシャ猫が展示されています。毛色や月齢で金額に差がありますが、5万円〜40万円程度で販売されています。平均すると15万円位でしょう。月齢が高くなるほど値段が安くなりますので、ある程度大きくなったペルシャ猫は5万円位で手に入ることもあります。

ブリーダー・キャッテリーでのペルシャ猫の平均的な値段

ブリーダーやキャッテリーでペルシャ猫を購入する際の値段は10万円〜40万円程度です。平均すると20万円位でしょう。ペルシャ猫のような純血種は遺伝性疾患を持っている可能性が高くなります。

ペットショップでは身元が分からないペルシャ猫が販売されている事もありますが、その点ブリーダーやキャッテリーですと親猫を見学できたり、血統もしっかりと分かるので安心です。

もちろんペットショップでも身元が分かるペルシャ猫を販売している所もありますので、見学の際に確認してみると良いでしょう。ブリーダーでも中には悪徳ブリーダーと呼ばれるブリーダーもおり、無理な交配をしていたり遺伝性疾患を隠して販売していたりする所もありますので充分な注意が必要です。

個体差によるペルシャ猫の値段の違い

チンチラペルシャ猫

ペルシャ猫の中でもシルバーとゴールドの被毛を持ち、青や緑の目のペルシャ猫は「チンチラ」と呼ばれ、特に人気が高いです。ペットショップで30万円位、ブリーダーやキャッテリーでは40万円位が相場のようです。

もちろん月齢が高くなるにつれ値段が下がります。チンチラは人気が高い為、供給も多いです。沢山のチンチラの中から好みの子を選べるのも良い点ですね!

里親募集中のペルシャ猫も

爪切りとペルシャ猫

ペルシャ猫は人気がある猫だけあって、実際購入するとなるとそれなりの金額がかかります。「お金はあまり出せないけど、それでもどうしてもペルシャ猫が飼いたい!」という場合には、飼い主を募集している里親募集中のペルシャ猫を迎えてみてはいかがでしょうか?

この場合既に成猫の事が多いですが、それでも充分可愛らしく、きっと飼い主の心を癒してくれるはずです。里親として譲渡して貰う場合には生体代は掛かりません。

その時の条件にもよりますが、基本的にはワクチン代や去勢・避妊手術代など全部で5万円以下で済む事がほとんどでしょう。しかも、飼い主がいないペルシャ猫の命を救う事にもなります。

里親募集中のペルシャ猫は里親募集サイトや動物病院、譲渡会などで探す事が出来ます。最近では地元の譲渡情報を掲載しているサイトもありますので、チェックしてみる事をおすすめします。子猫の譲渡情報が掲載されている事もありますよ!

ペルシャ猫の値段に関するまとめ

睨むペルシャ猫

昔も今も変わらず人々の憧れであるペルシャ猫。筆者も実は飼いたいと思った事がありました。理屈ではなく魅了されるものがペルシャ猫にはありますよね。是非、お気に入りのペルシャ猫と幸せな暮らしを送ってくださいね!

▼ペルシャについて詳しく知りたい方はこちら
ペルシャ猫の性格とは?オスとメスでの違いも!

40代 女性 ann

現在、猫を一匹飼っています。私もペルシャ猫はすごく値段が高そうなイメージがありましたが、ほかの品種の猫とさほど変わらないのは意外でした。また、見た目もゴージャスですし、それに加えて穏やかな性格ですから、人気があるのは大きく頷けます。
記事にも書いてありましたが、確かに遺伝性の疾患のことを考えると、ブリーダーから譲り受けたほうが安心かもしれませんね。その疾患にもよりますが、手術が必要な場合などは、いくらペット保険が適用されたとしても、高額な治療費がかかってしまいますし、そのうえ、看病のために生活スタイルも変わってしまうかもしれませんしね。
なるべく安い価格で購入できたらそれに越したことはありませんが、値段だけで選ぶのはよろしくないと思います。

女性 Keiko

ペルシャねこちゃんのお値段は、随分値段に幅があるのにびっくりしました。確かに、あのキレイな長毛の毛と、クルっとしたキレイな目や性格は人々を魅了し、昔から人気のねこちゃんですよね。やはり、チンチラはその中でもそれなりのお値段がつく子が多いんですね。チンチラと一緒に暮らしている方も多いですから、シャムさんの中でも人気があるんだろうと思っていましたが、結構想像以上のお値段でした。ただ、大事なことは、お値段が高いねこちゃんがとてもいいねこちゃんではないですし、実際里親さんを待ってるシャム猫さんも多い気がします。性格が少しキツイところがある印象があるので、こんなはずじゃなかった、と手放してしまう方も多いからでしょうか。いつかねこちゃんとの出会いの場が、ペットショップではなく里親サイトや保護施設からが増えてくるといいな、と改めて思いました。

20代 女性 ミミキュウ

野良ちゃんだけでなく、血統のある猫ちゃんまで里親の募集がある現実に、がっかりしてしまいました。
猫の人気が急上昇していて、色々と特集があったり、動画サイトでの閲覧数が上がっていたりするけれど、もっと注目しないといけない事が、あるんだなー、と胸に染みます。

ペルシャちゃんは、綿あめみたいにふわふわな毛が、何とも魅力的だと思います。
お値段を見て、私の手の届かない価格に驚いて、逆に里親募集でお金がいらない事にも驚いて、ダブルに私の心の中で、事件でした。

猫を飼う事、生き物を飼う事自体が出会いだと思っているので、ペットショップでお金を出して出会うのも、里親募集で出会うのも、飼う心があれば同じ事だけど、人の手にもて余ってしまわない数で、押さえてほしいです。

30代 女性 tonakai

ペルシャ猫は、被毛や毛色のイメージから高級だと思っていました。販売している場所によっても多少価格が違うようですが、やはり高い印象です。遺伝による疾患がある品種の猫は、親の健康状態が分かると安心ですよね。たとえ病気になる可能性があっても健康チェックを怠らないなど早急に発見して対処できる準備ができます。
猫を販売しているのはペットショップ、ブリーダー、キャッテリーがありますが、下調べが重要ですよね。信頼関係を築いてから購入をする必要もあると思いました。私の家の近くのペットショップでは豆柴の子犬が展示されていて「左の膝がゆるいです」と書いてあり、ペットショップでこのような情報を提供しているのを見たことがなかったので驚きました。購入前に色々な情報を教えてくれるところで購入したいですよね。

30代 女性 haru

毛色がシルバー、目がグリーン色のチンチラを飼っていたことがあります。
現在チンチラが人気猫種になっているというのは初耳で驚いています。昔はまったく飼っている人に会ったことがなかったので・・・。

30年ほど前の記憶なので薄れてはいるのですが、我が家のチンチラはペットショップ販売で10万円以下だったように記憶しています。
当時でも格安のお値段だったと思います。

まだまだ可愛い盛りの(成猫になっても可愛いですが!)小さな子猫で、値引きされるような月齢でもありませんでした。持病もなく、病気らしい病気を一切しないまま一生を終えた、とても丈夫な子でした。

私たち家族で話していたのは、「この子が(表現が悪いですが)お安く売られていたのは、お鼻が高いからではないだろうか?」ということです。
本当なのかデマなのかはわかりませんが、ペルシャ猫は「お鼻が低ければ低いほど高級な猫なのでお値段が上がる」という説がまことしやかにささやかれていました。

うちの子はお鼻がツンと高く、加えて猫なのでもちろん大きな目を持っていたため、人間で例えるならば現代風のクールな美女のような雰囲気がありました(飼い主の贔屓目も入っているかとは思いますが)。
でも、お鼻が低いニャンコが良しとされる(といわれている)ペルシャ、チンチラ界隈ではおブスなのかもしれないね、なんて冗談交じりに話していたことを覚えています。

たとえお鼻や価格が高かろうが低かろうが、飼い主にとってはその子が世界で一番可愛い猫ちゃんなことには変わりありません。自分としっくりくるオンリーワンの出会いができたら幸せですよね。

スポンサーリンク

人気のキーワード