マンチカンは病気になりやすい?その原因や症状、治療・予防法について

短い足でヨチヨチ歩く姿が何とも可愛らしい「マンチカン」。もちろん全てのマンチカンが短足ではなく、中足や長足の子もいる事をお忘れなく。マンチカンで短足の子が産まれるのは実は全体の20%程度です。安定した人気を保つマンチカンですが、かかりやすい病気やその予防法、万が一病気になってしまった時の治療法などはどのようなものがあるのでしょうか?

350view

マンチカンの病気は原因は短足が関係していたる?

茶色いマンチカン

短足のマンチカンは、犬のダックスフンドのように腰に負担がかかりやすい猫種だと言われています。特にスコティッシュフォールドと掛け合わせがされた折れ耳・垂れ耳のマンチカンは、関節や骨、内蔵などに異常がある事があるようです。短足な上、耳が折れているマンチカンはとても愛らしいのですが、病気には気をつけてあげなくてはいけません。

実はマンチカンは元々は病気にかかりやすい猫種ではなく、健全に交配して良い環境で育てれば遺伝的疾患がなく、健康なマンチカンが育ちます。昨今のマンチカン人気から、利益を得ようと無理な交配をしてきた悪徳ブリーダー達が広めたマンチカンが遺伝的な病気を持っていたり体が弱かったりした事から、もしかすると「マンチカンは病気になりやすい」というイメージがついてしまったのかもしれません。マンチカンを購入する際には信頼のおけるペットショップやブリーダーから購入される事をおすすめします。

【マンチカンが掛かりやすい病気1】椎間板ヘルニア

白いマンチカン

短足な事から、腰に負担がかかりやすく椎間板ヘルニアなどの脊椎の病気になりやすいと言われます。ですがこれには賛否両論あり、世界的な猫の登録団体のTICAは脊椎の病気になりやすいということは否定しています。椎間板ヘルニアは肥満などで腰に負担がかかり起こりやすくなりますが、マンチカンがなりやすいか否かは別にしても肥満は様々な病気の元となりますので、気をつけてあげましょう。

治療法

万が一マンチカンが椎間板ヘルニアになってしまった場合ですが、軽度の時は薬の投与を行ったり、様子を見て肥満の解消をおこなったりします。重度の場合は手術によりヘルニア部分の切除を行ないます。

予防法

まずは「肥満」に気をつける事が1番でしょう。その他にも腰に負担がかかりそうな上下運動やあまりに高い所から飛び降りるなどは避けた方が良いかもしれません。

【マンチカンが掛かりやすい病気2】毛球症(長毛の場合)

手を合わせるマンチカン

マンチカンは短毛種と長毛種があります。長毛種の場合はお腹に飲み込んだ毛が溜まってしまい、胃や腸が傷つき便秘や嘔吐に繋がります。酷くなると腸閉塞になり命に関わります。体調が悪く元気がない・食欲不振や便秘・下痢・嘔吐・吐き気・お腹を触られるのを嫌がる、などの症状が見られたら、毛球症かもしれません。早急に動物病院に連れて行きましょう。毛球症は短毛種ではかかりにくい病気です。

治療法

症状が軽度であれば毛球除去剤を与えて、毛を排出するように促します。動物病院での治療の価格は、3,000円程度です。毛球除去剤でも毛が排出されない場合は重度の可能性があります。毛が消化管を完全に塞いでいるような場合には、開腹手術を行ない、直接毛玉を取り出します。手術や入院代など諸々かかっての価格は、20万円程度のようです。

予防法

猫は毛繕いが大好きです。暇さえあればペロペロと体を舐めて綺麗にしています。この時に抜け毛が多いと飲み込んで体に蓄積してしまいますので、なるべく抜け毛を減らすためにもまめにブラッシングをしてあげましょう。なるべく小さな頃から慣れさせる事が必要です。また、毛球症対策のフードも使ってみると良いでしょう。このようなフードには食物繊維を多く含んでおり、排出を促進してくれます。ドライタイプとウェットタイプ両方が販売されています。猫草も毛の排出には一役買ってくれることでしょう。食べ物には好みがありますので、愛マンチカンの好みに合った食べ物を与えてあげてくださいね。

【マンチカンが掛かりやすい病気3】外耳炎

忍び足のマンチカン

特に、スコティッシュフォールドと掛け合わされた折れ耳・垂れ耳のマンチカンに多いです。折れ耳・垂れ耳は湿気がこもりやすく、まめに掃除をしてあげないと外耳(耳の飛び出している部分とその奥の細い穴)に炎症が起きる可能性があります。

治療法

外耳炎の原因にはノミ・ダニ・アレルギー・異物・菌の感染・耳掃除不足など、様々な原因があり、その原因により治療法が異なります。ノミ・ダニなどの場合は洗浄剤などで綺麗にし、薬の投与を行ないます。アレルギーの場合はアレルゲンを取り除く事です。異物は耳垢や被毛、植物の種など簡単に取れるものから、腫瘍などの手術が必要なものもあります。菌の感染にはまず原因菌を突き止め、薬の投与を行ないます。耳掃除不足で不潔にしている場合も外耳炎の原因となります。かと言ってやり過ぎも良くありません。正しいケアの方法で愛マンチカンの耳を清潔に保ってあげてください。動物病院での治療の価格は、大体1回4,000円程度のようですが、完治までに何度か通院が必要になる事があります。

予防法

予防法としては、ノミ・ダニの場合は感染しそうな草むらや感染している動物に近寄らないようにする事です。アレルギーに関しては予防法はありませんが、一度アレルギーを起こしたら、それ以降はアレルゲンを取り除く事で起きないようにする事は出来ます。いずれにせよマメな正しい耳のお手入れが外耳炎を防ぐ手段でしょう。マメにお手入れをすれば耳の異常にも気がつきやすいはずです。

【マンチカンが掛かりやすい病気4】漏斗胸

眠るマンチカン

漏斗胸とは、先天的に肋骨の一部がへこんでいる病気です。芸度の場合はそのままでも通常の生活を送れますが、重度の場合は陥没した肋骨が心臓や肺などを圧迫することで呼吸困難を起こす事があり、命に関わることもあります。

治療法

漏斗胸は生後3ヶ月位までに手術を行う事で治療することが出来ます。骨が柔らかい子猫のうちにへこんでいる肋骨を糸や針金で引っぱり、ギブスで固定します。こうする事で治ったケースもあるそうです。生後3ヶ月を過ぎてしまうと骨が固まってくるのでこの方法は使えなくなります。

予防法

先天的なものなので、予防する方法はありません。強いて言うならば、遺伝的にこの病気を持っていない親猫から産まれた子を購入する、という事でしょうか。良心的なブリーダーなどでしたら販売時にこの病気があることを伝えてくれるでしょう。また、心配であれば親猫がこの病気を持っている可能性はないかを確認すると良いでしょう。

【マンチカンが掛かりやすい病気5】変形性関節症

座るマンチカン

変形性関節症とは、関節に炎症が生じた状態です。「骨関節炎」とも言われています。マンチカンが短足なのは、骨軟骨異形成という遺伝的疾患の為、という意見があります。骨軟骨異形成とは遺伝子の働きにより骨が充分成長しない病気の事で、手足が短い場合はこれに当たると言われています。マンチカンの短足は「異常ではない」と言う意見と「遺伝的疾患である」という意見があり、猫の登録団体でも見解が分かれています。この骨軟骨異形成の為、変形性関節症を併発しやすいようです。

治療法

変形性関節症は肥満・過度の運動・加齢・捻挫・靭帯断裂・膝膝蓋骨脱臼・骨折・股関節形成不全・関節リウマチなどでも起きます。これらの原因がはっきりしている場合はをその原因となっている事をまず治療する事で症状を改善します。原因が分からない場合は症状の軽減を図るため、鎮痛薬や抗炎症薬の投与を行ないます。海外では「幹細胞療法」と言われるマンチカンから培養した幹細胞を患部に注入することで変形を治す治療例が多数あります。日本ではまだあまり普及していないのですが、これから有効な治療法として広がっていくかもしれません。

予防法

変形性関節症の原因の一つとなっている骨軟骨異形成は遺伝性疾患なので防ぐ手だてはありませんが、親猫がこの病気を持っていないか確認する事が大事です。その他、肥満や過度の運動・捻挫・骨折・膝膝蓋骨脱臼などは飼い主が気をつけて予防する事が出来ますので、日頃から注意してあげてください。

マンチカンの病気のまとめ

遠くを見るマンチカン

マンチカンの病気は、人間が無理な繁殖によって作り出している部分も否定出来ません。悪徳ブリーダーからは購入しないように、身元や繁殖方法が明確に分かるマンチカンを購入するように心がけるのが、無理な繁殖を防ぐ一番の方法ではないでしょうか?悪徳ブリーダーが出現するのも、購入者が人気がある猫種だからと言ってむやみやたらに求める事にも原因はあるでしょう。可哀想なマンチカンを増やさないために自分が出来る事を考えていきたいですね。

▼マンチカンについて詳しく知りたい方はこちら
マンチカン大辞典!知っておきたい基礎知識

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

おすすめ記事

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター