猫の口臭の原因と対策について

愛猫の口臭を軽く考えて放置していませんか?猫はもともと無臭と言われていますが、最近では口臭がするといった猫が家庭にはよくいるそうです。実は、その口臭は病気のサインかもしれません。今回は猫の口臭の原因と対策、普段からの飼育管理について解説します!

273view

目次
猫の口臭の原因について
柔らかい餌が猫の口臭の原因に!
口臭の原因となる猫の歯周病とは
猫から口臭がする前に早期発見を!
口臭の元を断つ!猫の歯石は固いので獣医にお任せ

猫の口臭の原因について

猫の口

猫の性質は、獲物を捕らえるのが本質なので、相手に自分の存在が悟られないように体臭がしないのが普通です。ですから、「口臭がする」とか、「最近うちの猫が臭くなった」というのは、異常な状態なので、何らかの対策をすぐに行う必要があります。

与えるエサで臭う事はあるの?

缶詰とか安いドライフードを日常的に与えても、猫の口臭が酷くなることはありません。また、パルボウイルスのような子猫などが感染する病気では、独特の体臭がすることがありますが、成猫では一般的に口臭の原因は、歯に関する病気が考えられます。これは歯周病や人間でいうところの歯槽膿漏と同じで、歯にこびりついた餌の残りカスが、咥内雑菌と結びついて歯石になることで起こります。

柔らかい餌が猫の口臭の原因に!

猫の口に指を入れている

どうしても血統が付いた猫以外に、貰ってきた猫とか拾ってきた猫、あるいは野良猫を家猫にするなどの場合、餌にあまり費用をかけたくない飼い主さんが多いです。それで、安い食いつきが良い餌を多く与えることが多いのですが、どうしてもそうした餌は、ソフトで猫が飲み込んでも消化しやすいように、非常に柔らかいものが多いです。

猫は臼歯が発達しておらず、餌を数回かみ砕いて飲み込むのですが、その際に柔らかい餌は歯に残りやすくなります。

歯磨きの必要性

猫の咥内環境には、人のような虫歯になる環境はありませんが、被毛の手入れで体を舐めたり、普段の生活が床や地面に近いので、雑菌と接する機会が多いです。そのため、いわゆるばい菌が咥内に常に繁殖しやすい状態にあります。

また雑食性の動物とは異なり、食べる時にあまり唾液も分泌されないので、必然的に人工的な餌は歯にくっついた時にそのまま残れば歯肉炎や歯周病になりやすいのです。飼い猫においては、歯磨きは人と同じように必須であると考えるべきです。

口臭の原因となる猫の歯周病とは

歯ブラシを噛む猫

猫の歯周病は飼い猫では非常に多く、実際口臭が酷くて動物病院に連れて行くと、ほとんどの猫には歯石が確認されます。歯石は、歯に残った餌に雑菌が繁殖し、化学変化を起こして石灰化したもので、一度歯についた歯石は物理的に器具で削り落とさない限り取れません。

この歯石がやがて大きく肥大し、歯と歯茎の間に入り込み、歯の根元に寝食し始めると神経を刺激し痛みを覚えるようになります。歯周病が進行した猫の場合、この痛みで餌を食べるのが苦痛になりやすく、絶食の原因にもなるのです。最悪のケースは永久歯が抜けてしまうので、猫は流動食とか柔らかい餌しか食べられなくなり、健康にも深刻な影響を与えることになります。

猫から口臭がする前に早期発見を!

歯磨きをする猫

口臭がする猫の場合、ほとんどは既に歯周病が進行している状態です。この時点で家庭で対策を行うことはまず無理です。動物病院で治療を行う必要があります。ですから、猫の飼い主さんは常に猫の口の中を観察する癖をつけましょう。

猫の歯のみかた

猫はあまり歯は多くなく、小さい切歯が上下に6本で、これは成長と共に抜けてしまうことがあり、あまり歯石はつきにくいのが特徴です。犬歯と呼ばれる牙は上下に2本で4本、臼歯は上下合わせて14本です。歯石が付きやすいのは牙の後ろから臼歯の部分で、猫の横顔から片手で頭を押さえながら、口を閉じた状態で親指を使って唇を引き上げると観察できます。猫が熟睡している時などを狙って行うと良いかもしれません。

口臭の元を断つ!猫の歯石は固いので獣医にお任せ

獣医と猫

普段のケアは飼い主さんが猫に歯磨きを行う事で、歯石付着を予防できますが、一旦ついた歯石は歯茎と歯の間に固着するので、除去を飼い主さんが行うのはちょっと危ないですね。年2回くらいは定期健診をした方がベストです。

口からよだれを垂らしていたら要注意

歯周炎を起こしている猫の場合、何でもない時によだれを垂らしている場合があります。また餌を食べる時に、片方の歯しか使わないなどの癖が見られる場合は、歯周病を疑った方が良いでしょう。あまりに進行した歯周病は抜歯する以外に治療は出来ません。歯石は茶褐色、歯周病は歯肉と歯の間が赤くなる炎症を起こしているので、一見してすぐわかります。

普段から猫に与える餌には充分配慮し、ある程度固いドライフードを与えるようにしましょう。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード