猫が自ら行うグルーミングと他の猫にグルーミングをする理由について解説

猫が自ら行うグルーミングと他の猫にグルーミングをする理由について解説

猫はキレイ好きなイメージがありますよね。猫を飼っている方はご存知かと思いますが、猫は定期的にお風呂に入れる必要がありません。猫は自分で舐めるセルフグルーミングを行うからです。そのセルフグルーミングのおかげで犬に比べると体臭や毛の汚れ等はあまり感じないのです。猫が自ら行うグルーミングについて解説していきます。

416view

猫はセルフグルーミングする動物

セルフグルーミングする猫

猫は誰から教わらなくとも、自分の身体を清潔に保つ方法を知っています。グルーミングといっても水で体を濡らすようなことはまずしないです。猫の毛は水を弾かず、一度濡れると乾きにくいです。体の熱が奪われ体力の消耗をしてしまうのを本能的に恐れているのです。
では、水浴び以外で、猫はどうやって自らの身体をキレイにしているのでしょうか?

猫の舌にはザラザラとした突起部分があります。これを糸状乳頭(しじょうにゅうとう)といいます。猫は糸状乳頭のある舌で、体を舐めて汚れや抜ける毛を取り除いているのです。一般的に、前足、顔、体、後ろ足の順番で毛づくろいをしますが、まれに順番がバラバラな猫もいます。

排泄の後に排泄物を砂に埋める

ニオイを消すために、尿や便を砂に埋めます。敵に自分の居場所がバレないようにする本能的な行動でもあります。便の時の方が入念に砂をかけることが多く、一度汚れたトイレでは排泄をしたがりません。キレイ好きな面がここでも現れています。

猫のアログルーミングとは?

アログルーミングする猫される猫

アログルーミングとは親しい猫に対して毛づくろいをしてあげる行動

メス猫は性別を問わず仲間にやってあげることが多いですが、オス猫はメス猫に対してしかアログルーミングをしません。親和行動の一種で、その光景はとても平和的で見てて癒されます。しかし、仲良く毛づくろいしてたはずが、急にどちらかが怒り攻撃してくることがあります。そのまま喧嘩に発展してしまうことも。

その突然攻撃的になってしまう理由はハッキリ分かりませんが、優劣を付けるための行動の可能性があります。しかしなぜ、アログルーニング中に?という疑問が残ります。猫の世界は、まだまだ人間では理解できないようなルール等があるのでしょうね。

猫のグルーミングに関するまとめ

ブラッシングされる猫

猫は、やはり清潔感に敏感でキレイ好きな動物です。性格ではなく、そういった習性を持っているので猫はみんな自分でグルーミングをします。お風呂に入れる必要はほとんどなく、定期的にブラッシングをしてあげるだけで十分です。飼い主がグルーミングし過ぎてしまわないようにしましょう。猫にとって大きなストレスになることがあります。(長毛種の猫に関しては、ブラッシングを頻繁にしてあげる必要があります。)

そして、毛づくろいによって体を壊してしまうこともあるので注意が必要です。毛づくろいで飲み込んだ毛を、吐くことも排泄することもできず、お腹にどんどん溜まっていってしまうことがあります。これを「毛球症」といい、その原因は猫の加齢や、ブラッシング不足、ストレスなどです。動物病院での治療が必要になります。

スポンサーリンク

人気のキーワード