ラグドールの寿命と長生きさせる4つのポイント

ラグドールの寿命と長生きさせる4つのポイント

ラグドールの平均寿命がどのくらいかご存知でしょうか?ペットを飼うと毎日が幸せですが、いつかは寿命を迎えてお別れしなくてはならないのがとても辛いですよね。人間に比べてラグドールの寿命の方が圧倒的に短いのは事実です。しかし生活習慣などで寿命を少しでも長くすることだってできるんです!ここではラグドールの平均寿命やラグドールの気をつけたい病気、また寿命を延ばす生活習慣についてお話しします。出来るだけ長くラグドールと思い出をつくるためにも、「寿命」について最低限の知識は身につけておきましょう。

1570view

ラグドールの平均寿命

ブルーの目をしたラグドールのモノクロ写真

ラグドールの平均寿命は14~16歳とされていて、猫全体の平均寿命とほぼ変わりありません。
その理由の一つとして、ラグドールは完全な室内飼いが推奨されていることが考えられます。ラグドールはそのおっとりとした性格ゆえ、危険が迫ってもすばやく対応できないため室外に出すことはもっての外とされています。
現在でも室内飼いと室外飼いの猫ではやはり寿命の差があり、完全に室内で飼われているラグドールは平均寿命が比較的長いとされています。

猫全体の平均寿命

少し前までは飼い猫全体の平均寿命は10歳前後、野良猫は5歳前後だとされてきました。
しかし、今ではキャットフードや獣医療の進歩、飼い主のペットに対する意識の向上などにより、飼い猫の平均寿命は15歳前後にまで寿命が延びています。

食事・お手入れ・ストレスなど寿命を左右する要因はたくさんあり、飼い主が愛猫のことを考えて愛情持って接すれば元気に長生きしてくれるはずです。

ラグドールの寿命にかかわる病気

ブルーポイントのラグドールの顔アップ

ラグドールがかかりやすい病気を知って予防に努めることが寿命を縮めさせないことにつながります。
ラグドールは比較的新しい猫なので先天性の遺伝疾患は少ないとされていますが、ペルシャ、バーマン、バーミーズなどを交配させて誕生した猫なので、その3種がかかりやすい病気には注意しましょう。

ラグドールの寿命にかかわる病気① 「熱中症」

ラグドールは見た目にも分かるように毛が密集しているので熱を外に逃がしにくく、熱中症になりやすい猫です。

症状

口を開けたままハアハアと息をしている、ヨダレを垂らす、嘔吐や下痢、元気がなくぐったりしているようなら熱中症を疑いましょう。

対処・予防

一刻を争うので、なるべく早く動物病院に連れていきましょう。その間も体を冷やして、体温を下げてあげてください。
夏の暑い日はお部屋の風通しをよくし、お水をたっぷり用意しておきましょう。
窓を開けても暑い場合はケチらずにエアコンをつけておくこと。猫の体温は人より少し高めなので、人が普通くらいだと感じていても猫にとっては暑いかもしれません。

ラグドールの寿命にかかわる病気② 「毛球症」

猫はセルフグルーミングといって自分で舐めて毛繕いする動物で、その際に飲み込んでしまった毛を吐き出す習性があるのですが、それが上手くできずに体内に溜まってしまう病気です。
ラグドールは長毛種なので短毛種に比べてこの病気になりやすいのです。

症状

食欲がなくなったり、下痢、吐き出す素振りを見せます。

対処・予防

軽度であれば毛球除去剤で治すことができますが、重症化すると外科手術で取り除くことになります。
予防としてはこまめなブラッシングとシャンプーで抜け毛を取り除いてあげることが大切です。

ラグドールの寿命を長くするための4つのコツ

お花とラグドール

ラグドールの長生きのコツ① 高タンパク高カロリーの食事を与える

ラグドールは体が大きいため、食事の管理はとても大切になります。あの大きな体と筋肉質な体を維持するため、高タンパク高カロリーのフードを選びましょう。
フードの選定はラグドールの寿命に関わる大きな要因ですので必ず意識をしてください。

特にラグドールは子猫期が長く、あの体に成長するまで2~3年かかるので、その間は栄養不足にならないように気をつけましょう。
成猫になってからもある程度は高タンパク高カロリーのフードで大丈夫ですが、老猫になると消化不良を起こすこともあるのでライフステージに合わせたフードを選びましょう。

ラグドールの長生きのコツ② 運動したくなるような環境を整える

ラグドールは自分から積極的に運動する猫ではありませんが、遊びは好きな猫です。
飼い主さんがオモチャで興味をそそったり、ラグドールの体重に耐えられるキャットタワー(倒れては危ないので低めが良いです)を用意するなど、運動する環境を整えてあげてください。

運動不足は肥満のもとであり、肥満は様々な病気を引き起こす原因になります。
「肥満は万病の元」なんて言葉もあるくらいですから、ラグドールの寿命を少しでも伸ばすためには肥満対策は必須になります。

ラグドールの長生きのコツ③ スキンシップを兼ねたブラッシングはこまめにする

先述したようにラグドールは毛球症になりやすいため、ブラッシングやシャンプーが欠かせません。
ブラッシングは1日1回、換毛期には1日2回してあげましょう。ブラッシングは愛猫との良いスキンシップでもあります。

シャンプーは1ヶ月に1回で良いでしょう。

ラグドールの長生きのコツ④ ストレスを溜めさせないようにする

ストレスはラグドールの寿命に大きく影響します。人間も同じですね。
ラグドールは帰巣本能が強い猫なので、引っ越しや模様替えなど環境が変わるとストレスが溜まってしまいます。
ストレスにならないように安心できる場所を作ってあげて、落ち着いてくれるまでそっとしておきましょう。

また、ラグドールは飼い主に従順で懐いてくれる猫なので、忙しさにかまけてあまりに放っておくとそれもストレスになってしまいます。愛猫の気持ちをしっかり汲み取ってあげてくださいね。

ラグドールの寿命に関するまとめ

撫でられて目をつむるラグドール

ラグドールの寿命は猫全体の平均寿命と同じ程度ですが、寿命にももちろん個体差はあります。
あくまでも参考程度に捉えて、あなたの飼っているラグドールに最適な生活環境を提供してあげるよう努めてください。

ラグドールは猫の飼育初心者でもとても飼いやすいと言われている猫ですが、その性格や特徴をきちんと知って飼い主が対処してあげることが元気に長生きできる秘訣だと思います。

ラグドールを飼っている方、またはこれから飼いたいと思っている方はしっかりラグドールのことを知ってあげて、幸せな生涯を送らせてあげてくださいね。

▼ラグドールについて詳しく知りたい方はこちら
ラグドールはどんな性格?オス・メスでの違いと飼う上で注意すること

女性 Keiko

ラグドールは名前の通り、お人形さんみたいでほんとにかわいいです。毛並みもフワフワ、サラサラなのでとても人気もありますし、私も飼ったことはないですけど、ちょっときになる猫種です。また成長が遅い、というのは初耳でした。ノルウエージャンなどもゆっくりと成長することは知っていましたが、ラグドールもなんですね。記事にあることは、ラグドールだけではなく、どの猫ちゃんにもいえることなのかな、と思いました。やっぱり自分の愛猫が、人の都合なのはわかりますが、長生きしてほしいと思うのは猫ちゃんを愛する飼い主さんならみんなが思うことだと思います。その猫ちゃんの特徴を知ってその猫ちゃんに見合った環境を整えることがやはり大切ですね。

40代 女性 奈良県民

熱中症対策としてラグドールを初め長毛種の毛を全て剃ってしまう人がいますがあれはやめたほうがいいです。猫の毛は防寒ではなく、直射日光を避けるための日焼けを防ぐ役割もあります。
猫の皮膚はとても薄く弱い為、長時間皮膚に直射日光があたり続けると低温やけどのような状態になってしまい可哀想な事になりますし、とても危険です。

「家の中だから火傷なんて大袈裟な!」

そうおっしゃるかたもいると思いますが、実際に少なからずそのような事故がおきています。サマーカットは必ずトリマーさんに相談してみて下さい。被毛があるのはそれなりに理由があることを覚えておいて下さい。また熱中症は夏だけじゃなく湿気の多い梅雨や、冬の暖房を効かせた部屋でもおこります。ラグドールは特に熱中症になりやすいので気を付けたいですね。

女性 ケロキ

ミックスの猫は親が分からないとかかりやすい病気を知るのは難しいですが、品種がはっきりしているとかかりやすい病気などが分かるので早めに対策をとれますよね。
ラグドールはやはり被毛が健康に大きく関係していると言えますね。熱中症の予防は実際に猫と同じように1日を過ごしてみないと室温の変化や日差しの入り方が分からないと思います。エアコンをつけても、留守中に停電や故障で止まることがあるかもしれないというのも考えておくとより安心ですよね。
運動したくなる環境作りは意外に難しいです。我が家の猫はあまり遊ぶことがなく運動不足なので、タンスの上に上がれるような足場を用意しようと計画しています。材料や安全性を考えると難しいと思ってしまうのですが、猫が満足して使用してくれるのを想像するとわくわくしますね。

女性 ゆき

あの綺麗な被毛に惹かれてラグドールを飼いたいと感じる方も多いですよね。私もその中のひとりです。

実は先週友人から、子猫を飼わないかと連絡があり、3匹の子猫の画像が。うちにはすでに3匹いるのでお断りしましたが、画像を見る限りではラグドールにソックリ。「あれ?これって・・・」と友人に聞くと「そうそう、病院に連れて行ったらラグドールの血が入ってるね、っていわれたよ」と。
友人が住む地域では最近ラグドールの血が入ったミックスの子猫、しかも風邪を引き目や鼻がぐちゃぐちゃになっている子たちが、しょっちゅう段ボールに入れられて捨てられているそうです。

もう悪徳なブリーダーの仕業だとしか思えません・・・。あれだけ可愛いラグドールを平気で捨てる人もいると知り、とても残念です。

寿命もほかの猫と比べて平均くらい生きてくれるのに、こんなに扱いされていてはせっかくの寿命もまっとうに生きることができません。ラグドールの長生きにつながる第1歩は、まずは”完全室内飼い”という所からですから・・・。

20代 女性 ゆず

友人がラグドールと生活していますが、やはりキャットフードはきちんと選んでいるようです。オススメは、カナガンやシンプリーのキャットフードです。どちらも市販のお店ではなかなか手に入らないというデメリットはありますが、安心安全が代名詞と言って良いくらい信頼出来るメーカーです。値段も、どちらも一袋1.5kgでだいたい4000円くらいなのでそこまで高くありません。完全無添加で穀物不使用、さらにラグドールに必要な高タンパク質と高脂質を兼ね備えたキャットフードです。ちゃんとしたメーカーのものを選んでラグドールの大きな体を支える筋肉をきちんとつけてあげるなら長生きできるでしょう。他にも比較的手に入りやすいロイヤルカナンの商品でも良いと思います。ちゃんとラグドール用というのがあって栄養のバランスが考えられています。2kgでだいたい2000円程度です。そちらもオススメです。
人気のキーワード