猫が頭突きする本当の理由

猫が他者に対する愛情表現には様々な仕草があり、特に単独で飼っていると、とても可愛い仕草で愛情を示してくれることが多いです。その中で猫の頭突きもその愛情表現の一つと言えます。実は、猫の頭突きにはこんな理由があったのです。

1322view

猫が頭突きをする理由

撫でられる猫

生後1年くらいまでの猫には非常に良く見られるのが、前足を使って毛布やベッドやソファーの上で座ったり寝ている家族に踏み踏みする行動と、頭を当ててくる頭突きです。一説では「母親に甘える仕草」だとされてますが、よく観察すると野良猫でも時々見られます。一体なぜなんでしょうか?

数少ない仲間だと思っている

野良猫でも人が近づくと、慣れた子なら頭を撫でると、手のひらに向かって頭突きをしてくることがあります。これは普段餌を人から与えられ、あるいは常に触れられて撫でられたり、気持ちがい良い思いをしてきた場合、同じようにしてもらいたい欲求によるものです。猫は成猫になったオスなどは、特に排他的で他者を容易に近づけませんが、人に飼われて対象が異種でも猫の性別に対して異性の場合、メスでもオスでも特にこの頭突き行動がよく見られます。

実は相手を異性だと思っている

この猫の頭突きの行動で面白いのは、子猫から飼うと成猫になって一緒に飼っている犬にも行う場合が多い事です。しかも観察すると、相手はその猫とは性別が対照的になってることです。雌猫ならオスや男性に対して、雄猫なら飼い主さんが女性である場合などは非常に顕著にそれが見られます。雌猫などは、男性の飼い主さんにお尻を向けて繁殖行動を見せることもありますね。群れで暮らす習性が殆どない猫の特徴かもしれません。

猫が家族に頭突きをする理由

2匹の猫

猫がまだ小さく子猫の時は、明らかに自分より大きな対象である家族や飼い主さんを、「親」と同一視しています。この場合の猫の頭突きは通常私たちが人に対して行う、ハグなどと同じです。動物は体の接触で一部コミュニケーションをとるので、体を摺り寄せるとか、頭突きなどは明らかに愛情表現と思って良いのです。

成猫になると若干頭突きに目的が出てくる

子猫の場合は純粋な愛情表現ですが、成猫になってくるとこの頭突きの行動も若干変化が出てきます。それは飼い主さんなどに猫の要求が加わることです。朝の場合は「餌をちょうだい。」、外に出している猫なら「外に出して!」、寒いから一緒に寝て欲しいなど、頭突きで思わず可愛がった後には、なんらかしらの期待を猫が抱いている場合も多いです。

これは野良猫でも同じで、夕方などで普段から餌を貰っている時間になると、空腹で思わずこちらにすり寄って、撫でる手に頭突きをしたり、頭をふくらはぎに押し付けてきたりしますね。これもまた、猫独特の甘えなのでしょう。

猫が猫に頭突きする理由

見つめる猫

猫同士頭突きをするケースは、野良猫では少なく、あるいはほとんどありません。ペットショップやブリーダーから兄弟で2匹連れてくると、成長の間ずっとこの頭突きをするケースがあります。それと去勢した雄猫と避妊した雌猫などの場合も、雌猫は繁殖の時期以外でも雄猫と一緒にいて、頭突きをする場合がありますね。多頭飼いの場合は、一緒に寝ることが多いのですが、特定の1対1以外は見られないことが多いです。

理由としては、上記と同じで「仲間の確認」である愛情表現の一種と考えていいでしょう。いずれにせよ家猫独特の行動の一つであるということは言えます。

猫が自分に心を開いてくれた

こうした猫の頭突きは、体を摺り寄せるなどの他の行動と対になってることが多いので、猫のテリトリー内に唯一許された存在になったと、飼い主さんは思ってもいいですよ。人にとっては「猫を飼う」ですが、猫の立場ではその家の中は「テリトリー」となります。猫の行動は常に自分が優勢ですから、猫にとっては飼い主さんのことがよく理解できる存在になったということでしょう。本来猫は、警戒心が非常に強い動物なのです。

頭突き以外の猫が行う様々な愛情表現

横になる猫

頭突きと合わせてよくあるのが、以下のような行動です。

  • 尻尾を垂直にピーンと伸ばして近づいてくる
  • 明るい声で「にゃーん」と鳴きながら近づいてくる
  • 追いかけてきて、足元で体を摺り寄せる
  • 顔を自分の顔に押し付けてくる
  • 自分の頬をこすりつけてくる

喉を「ゴロゴロ」鳴らすのは、自分を嫌がる猫でもやるので、これは甘えとか愛情表現とはちょっと違うと言われています。動物学で調べても謎とされてますね。

よく見ると頭突きというより、頭を差し出している感じ

「猫の頭突き」と評して公開された一般の動画をみると、頭の頭頂部を押し付けて擦るような動作になっています。頭突きというより「すり寄ってる」といった感じですね。そのため攻撃的にガツーンとぶつけてくる感じは無いです。また、これは犬猫共通の特徴ですが、額と耳の後ろ、そして頬の筋肉が柔らかいとか、猫自身があまりいじれない場所などは、猫が気持ち良い部位でもあるので、それも関係しているのかもしれません。いずれにしても、猫の感情としては、警戒心を解いているので、猫好きの人からすればたまらない印象は多いと思います。

野良猫を観察すればわかることですが、人に対して警戒心をもつのが猫にとっては普通で、通常、家猫は血縁関係のある親子や兄弟と同じ感情を、猫は心理として持っているのかもしれません。やがて成長した猫は、自然と自分の親や兄弟とは別れて単独に暮らすのが普通です。それを大人になっても甘えてくるんですから、その感情や態度は大切にしていたいものです。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター