猫のしゃっくりは病気のサイン?原因と止まらない時の対処法

猫のしゃっくりは独特で、人間のしゃっくりとはちょっと違っています。病気の心配などをする方もいますが、猫のしゃっくりの治し方や原因、あるいは防ぐ方法もご紹介します。また、猫はしゃっくりが出やすい年齢もあるので参考にしてください。

289view

目次
猫のしゃっくりの原因
猫のしゃっくりの止め方
猫のしゃっくり対策
猫のしゃくりに関するまとめ

猫のしゃっくりの原因

餌を食べる2匹の猫

成猫では非常に少ないのが猫のしゃっくりの特徴です。これは猫の餌の食べ方に非常に関係があります。若い猫、子猫のうちはかなりの確率でしゃっくりになりやすいのです。

しゃっくりの出やすい猫がいる

成猫ではしゃっくりが少ないのは、猫は本来一度に犬の様にまとめて食べるような習性が無く、消化の早い獲物を少しずつ時間をかけて、一度にすべて食べないからです。猫が野外で獲物を捕まえると、必ずどこかへ加えて逃げるのは、それは安心できる場所でゆっくり食べるためだからです。ところがこうした習慣は、家猫の場合はありませんから、いつでも餌が食べられる環境の猫は、ほとんどが小食なのです。

原因のほとんどは丸のみにある

若い猫や子猫の場合、餌がまだ柔らかいものや食べやすい小粒の物が多い場合、どうしても猫は臼歯が発達していないので、少し噛むだけで飲み込んでしまいます。しゃっくりは、肺呼吸をする哺乳類でも特に肉食性や雑食性の動物には、頻繁に見られます。

これは横隔膜の付近に食道が通り、肺の下に胃があるからです。丸のみなど一度に多量の食べ物が食道を通って、いきなり胃が活発に動いたり、呼吸が一時的に飲み込むと同時に不規則になり、それが原因でしゃっくりが出るというわけです。人でも、早食いの人はしゃっくりがよく出ますよね。炭酸飲料で急激に胃にガスが溜まっても出ますし、アルコールでもその刺激で胃の動きが急激になり、横隔膜が刺激されてしゃっくりが出ます。

猫のしゃっくりの止め方

猫を抱く人

人の場合と違って、猫のしゃっくりは「ヒック!」というような声は出ません、観察していると、体がピクッと動くだけです。子猫の場合でもそれほど苦しがる様子が無ければ、そのまま放置で与えている餌を止めれば、じきに治ります。問題は、異物や丸のみで喉の奥に何か詰まってないかを確認することです。餌しか与えないことが確実なら、猫を縦に抱きかかえて、喉の部分を顎から首筋に向かって撫でてあげてください。これで多少は喉で引っ掛かった餌などはスムーズに胃に降りることになります。

猫のしゃっくり対策

キャットフードを食べる猫

一つは一度に与えるエサの分量を減らすことと、餌の回数を小分けにして回数を増やすことです。一日の摂取量が総量で合っていれば、猫の餌は4回でも5回でも構いません。やたらと餌を食べる速さが早くしゃっくりをするようなら、餌の量を減らし、食べてしまってから少し与える様、餌を食べる時間を延ばしてください。

丸のみする子は、餌を細かくする

ドライフードを与えるようになってから、急に丸のみをするようになって、しゃっくりを繰り返す若い猫がいますが、その場合はドライフードも与える分量を砕いてしまっても構いません。猫にとっては食べずらい感じにはなりますが、その分ゆっくり食べてもらえるようになります。

缶詰に切り替えてはダメです

ドライフードを丸のみする様だからといって、消化吸収を気にして缶詰の柔らかい餌に切り替えるのはNGです。余計に缶詰の偏食になりやすくなり、ドライフードを避けるようになり、歯に食べかすが残って歯肉炎などの原因になります。しゃっくりの原因のほとんどは「ドカ食い」や「早食い」ですので、一度に食べる量を飼い主さんがコントロールしてください。

猫のしゃくりに関するまとめ

寝ている猫

毛玉や先天性疾患以外心配いりません

子猫の世話を何度もしたことがある人なら、猫のしゃっくりはよく見るものです。また、餌を与える場所があまり猫にとって落ち着かない場所にあれば、猫は急いで食べようとするものです。長毛種とか、抜け毛の季節にブラッシングをあまりしてない猫の場合は、毛玉が喉に詰まって、しゃっくりのような動きをすることがあります。他は、脳腫瘍や横隔膜異常ですが、これはあまり症例が少ないと考えていいですね。

あまり頻繁にしゃっくりを成猫になってからも繰り返すようなら、もちろん獣医に診てもらうのは言うまでもありません。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 女性 にゃコロ

    つい数日前に、生まれてはじめて愛猫のしゃっくりを聞きました。
    一瞬痙攣かとかなり焦りましたが、しゃっくりとわかって安堵です。
    若い頃から典型的な"どか食い"の"丸飲み"派な愛猫ですが、しゃっくりを見ることはありませんでした。
    今回のしゃっくり、我が家の場合は食べ方も一因かも知れませんが、恐らくそれだけではありません。
    最近は歯周病による口内炎が悪化ぎみで、食べ方は変わらず丸飲みですが、食べる量は減っています。飲み込む時に"ごっくん"と音も立つ事から、食道が口内炎で腫れて狭くなっているのかも知れません。しゃっくりはその食道の狭さから横隔膜の痙攣に繋がって出たのかな、との予測をしています。
    現在は餌を小さくしてみたり、どか食い丸飲み対策でフードの量を少なく数回に分けてみて、様子を観察中ですが、食べやすい方法を早く見付けてあげたいです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード