サビ猫の性格や特徴とは?知っておきたい基礎知識

サビ猫の性格や特徴とは?知っておきたい基礎知識

「サビ猫」ってどんな性格かご存知ですか?個性的な柄をしていて好き嫌いこそ別れますが、サビ猫は知れば知るほどとっても愛嬌たっぷりの猫なんです!やさしい性格の子が多いと言われていますので、サビ猫を飼いたい!と考えている方は是非一読を!さっそくサビ猫の特徴や性格、魅力などを見ていきましょう♪

4476view

サビ猫の性格を知ろう!

サビ猫の性格とは

サビ猫は穏やかで優しい性格の持ち主

サビ猫は優しい性格をしており、他の猫にも優しく接する事が出来るので、既に1匹猫を飼っていて、2匹目を迎え入れる時(多頭飼い)にも適した猫です。病院の診察の時でも、暴れずに大人しくしている子が多いそうです。そんな性格を見ると、サビ猫は比較的飼いやすい品種、飼い猫に向いていると捉えることができますね。

サビ猫は奥ゆかしく、性格が良い

猫と言えば“ワガママ”というイメージがあるかと思いますが、サビ猫はとても奥ゆかしく、良い性格の持ち主。例えば多頭飼いをしている場合、「我先に」と主張することはなく、他の猫の様子を伺ってから行動する思慮深さを持ち合わせています。協調性の高い性格を持っていると言ってもいいでしょう。

ただし、その性格が時にストレスを溜めてしまう原因になることも。そんな時は飼い主さんが気を遣ってあげて、たまにはサビ猫ちゃんをベタベタに甘やかしてあげるのもいいかもしれません。

サビ猫には「ツンデレ」な性格の子が多い

サビ猫は賢いので、飼い始めたばかりの頃は警戒心が強く、環境に慣れて飼い主さんに懐くまでは少し時間がかかります。そんな性格に難有り…というわけでは決してありません!賢いので、一度信頼関係を築いてしまえばこっちのもの!

サビ猫本来の甘えん坊でツンデレな性格を見せてくれるようになります。比較的控えめなデレ具合ですが、擦り寄って膝に乗ってきたり、ぴたっと体をくっつけたり。サビ猫ちゃんの仕草や行動から、飼い主さんへの信頼がしっかり感じられるはずです。クールな見た目で控えめなサビ猫ちゃんのツンデレな一面には、骨抜きにされてしまっている飼い主さんは数知れず(笑)

サビ猫の性格以外での特徴

車内にいるサビ猫

1.猫界トップクラスの賢さ

サビ猫は実は猫の中ではかなり優秀で、ダントツ1位と言われているほどの賢さを誇ります。野良猫出身も多いサビ猫は鋭い洞察力、観察力で飼い主さんを観察しています。人の気持ちを敏感に感じ取り、空気を読むのが上手い性格と言える猫です。

頭が良く飲み込みも早いので、比較的しつけに苦労はしませんが賢い分、飼い主さんに気づかれないようにこっそりイタズラをするというヤンチャな面も(笑)

2.健康で丈夫

雑種のサビ猫は体が丈夫です。生まれつきの病気などがある場合は例外ですが、病気になりにくく、もし風邪をひいてしまったとしても比較的治りが早いと言われています。上記のサビ猫の性格にも言えますが、身体の強さや個性などは当然一匹一匹異なりますので、サビ猫は健康だから大丈夫と過信のしすぎには十分注意しましょうね。

3.運動神経抜群

小さい頃からやんちゃで好奇心旺盛な性格の子が多いサビ猫は、遊びの中で体が鍛えられ運動神経抜群!運動を沢山することも健康に繋がりますし、飼い主さんと一緒に遊ぶことで絆もより深まります。スラリと手足が長くスタイルも良い子が多いような気がします。

4.実はサビ猫は“三毛猫の一種”

三毛猫のオスがほぼいないというのは有名な話ですが、三毛猫の一種であるサビ猫もオスは生まれず、ほぼ全てが「メス」なんです。ですのでオスのサビ猫を発見したらそれはもうスゴイことなんですね。

5.美しい赤と黒のモザイク模様

サビ猫とは、別名「べっこう」とも呼ばれる美しい毛色を持つ猫。毛色は黒、薄い茶色、焦げ茶色が混ざった色で、猫によって色の散らばり方が全く異なるので、とても個性的です。

一見すると柄がランダムでバラバラなので、「雑巾猫」「汚い柄」という人もいますが、その反面、独特な魅力に惹かれサビ猫に夢中になってしまう人が多いのも事実。英語ではトーティーシェル(鼈甲猫)と呼ばれており、海外ではその美しい毛並みから人気があります。

個人的には、定まっていない模様がとても魅力的で天然石のような美しさを感じます…“世界に一つだけの模様”を持つ猫なんて、素敵過ぎる!!

サビ猫の性格と容姿のギャップで人気急上昇!

そっぽ向くサビ猫

サビ猫はその見た目から、「里親募集しても貰い手がつかない」「家猫として産まれても捨てられることが多かった」という悲しい過去があります。子猫のときは全体的にぼんやり黒っぽいのが、成長していくにつれサビ猫特有の模様が見えてくるので「汚い模様」と嫌われてしまうことが多かったようです。

しかし!!!インターネットの発達のおかげなのか、猫好きが増えたからなのか、サビ猫ファンは現在急増中!「ワイル」な模様なのに「女の子」というミステリアスさ。そして、整っていない柄が野生的でワイルドな見た目なのに、サビの性格は甘えん坊でおしとやか。この容姿と性格のギャップが可愛すぎます…!

サビ猫の性格に関するまとめ

転がるサビ猫

賢く、物覚えも良く、優しい性格のサビ猫ちゃんは、今まで猫を飼ったことが無い人でも飼いやすい猫です。子猫のうちから飼えば一番懐きやすいですが、大きくなった子でもじっくり時間を掛ければ十分信頼関係を築くことが出来ます。「もうサビちゃんしか見えない!」こんな風になってしまう飼い主さんの多いこと…サビ猫ちゃんは実はかなりの“人たらし”かもしれません(笑)

以上、サビ猫についてでした。サビ猫の性格や魅力、今まで以上に感じていただけていたら幸いです!

40代 女性 keiko

私の家の近所にもサビ猫のノラ猫がいます。最初見たときは、あのワイルドな雰囲気に加えて体も大きいので正直、ちょっと怖かったです。しかし、見た目とは裏腹にとても大人しく、よそのお宅の庭先で日向ぼっこをしている姿をよく見かけるうちに、そのかわいさが分かるようになりました。
確かにサビ猫の見た目は好き嫌いが分かれるかもしれませんが、実際に接してみると印象が変わると思います。
また、これは猫を飼っている経験から言えることですが、猫はただかわいいという理由だけで飼えるほど楽ではありません。もしやんちゃな性格だったら、イタズラに悩まされるなんていうのはよくある話です。そのため、とくに初めて猫を飼う場合などは、サビ猫のような賢い性格で、しかも体が丈夫で病気になりにくい猫のほうが向いているのではないかと思います。

30代 女性 tonakai

初めての猫を飼育する前までは、サビ猫という言葉すら知りませんでした。猫に興味を持つようになり、サビという模様の猫を知ったときは正直かわいいとは思いませんでした。模様のせいで表情が見えないので、かわいらしさが分からなかったのです。ですが、猫を飼育するようになり、いろいろな猫に関する情報を見ていくと、サビ猫のかわいらしさに気付くようになりました。よく見ると表情が豊かだなと思います。遠くから見るとわかりにくですが、赤色や黒色、茶色のモザイク模様の毛はとても魅力的です。
賢くて優しい性格で飼いやすい猫ということですが、猫初心者の方よりも、猫の飼育経験がある人の方がサビ猫の魅力に気付きやすいのかもしれません。

女性 mami2

唯一無二の毛色なので、そのミステリアスな姿が、中世のヨーロッパでは『魔女の飼う不吉な猫』と言われたり、ノルマンディーの言い伝えでは『サビ猫を見ると事故死の前兆』何て事も言われていたようですね。要するに、人間が勝手に見た目で判断しているだけですよね。
個性的なので、譲渡会などでは、わりと最後まで貰い手がつかないのは分かる気がします。かくいう私も最初は怖いイメージがあって、ちょっと苦手でした。
日本での呼び名もよくないと思います。「サビ猫」とか「雑巾猫」とかマイナスイメージ。海外では「べっこう猫」と呼ばれ、真逆なのに。
「穏やかで優しくて奥ゆかしい」「賢くて健康で丈夫」
初めての猫を迎えたい、と考える人には、実はとても飼いやすい猫かもしれませんね。何処にも同じ柄の猫がいないので、そう言った点に価値を見いだす飼い主にも向いてるな、と思いました。私だけのオリジナル猫みたいで。

女性 のん

サビ猫、可愛いじゃないですか♡あまり実物を見たことがないのですが、「汚い猫」とされてしまうのは、不名誉ですね。
”サビ”というネーミングが、ネガティブなイメージを想像させてしまうのではないでしょうか?サビてないのに・・・

個人的には不思議な柄で、唯一無二な所がとっても良いと思います♡
トラネコなんて、どれも同じ柄に見えてしまいますからね!もしトラネコが100匹いたら愛猫を見分けられるか、ちょっと自信がありませんが、
サビ猫だったら柄の入り方で見分けられそうな気がします。

なぜサビ猫の柄ができるかと言うと、遺伝子の活性化の仕方だという事です。O遺伝子とかX染色体とか、そういう話になってくると難しくなりますが、要は黒い部分と赤い部分では異なる遺伝子が活性化しているので、あの柄になるそうです。

汚い猫なんて言わず、もっともっと愛されて欲しいですね!

人気のキーワード