ロシアンブルーの抜け毛は多い?やっておきたい対策や考えられる病気

ロシアンブルーの抜け毛は多い?やっておきたい対策や考えられる病気

ロシアンブルーの抜け毛が酷くて困った!大量の抜け毛を防止・対策したい!そんな声をたまに聞きます。ロシアンブルーはマイペースで穏やかな性格とその上品な見た目が人気です。ロシアンブルーの被毛はまるでビロードのようだと形容される事が多いのですが、一方で「ロシアンブルーは抜け毛が多い」とも言われていますが、実際はどうなのでしょうか。では、ロシアンブルーの抜け毛対策や、毛が抜けやすい時期、注意した方がいい抜け毛などについて、詳しくみていきましょう!

500view

目次
ロシアンブルーの抜け毛は多い?
ロシアンブルーの毛が抜けやすい理由
ロシアンブルーの抜け毛対策2つ
ロシアンブルーの抜け毛が酷過ぎる時は病気の可能性も
ロシアンブルーの抜け毛が人間におよぼす影響
ロシアンブルーの抜け毛まとめ

ロシアンブルーの抜け毛は多い?

ロシアンブルーの毛はよく抜ける?

ロシアンブルーは短毛種でダブルコートと呼ばれる「アンダーコート」と「トップコート」の2層になっています。毎日アンダーコート、トップコートの両方が少しずつ抜けています。その量は1日、大人の手のひらの半分くらいとも。でも実は、ロシアンブルーは猫の中でも毛落ちが少ない方なのです。

ロシアンブルーの毛が抜けやすい理由

ロシアンブルーの抜け毛

ロシアンブルーの毛がよく抜ける時期である「換毛期(かんもうき)」は大量の抜け毛を目にすることでしょう。「春」と「秋」にはアンダーコートが抜け替わり、普段よりも抜け毛が目立ちます。特に春には、寒い冬用に生えていたフサフサのアンダーコートが抜けるので、かなりの量になります。

また、ロシアンブルーの被毛は非常に細く、特にアンダーコートは密生しています。その為、抜け落ちる量が多いように感じられるのでしょう。綺麗好きな猫種ですので、頻繁に毛繕いをしています。ですからお手入れは比較的楽、と言われます。それでもやはり、家の中に毛が落ちるのは避けられません。

ロシアンブルーの抜け毛対策2つ

かわいいロシアンブルー

ロシアンブルーの抜け毛対策には、どのようなものがあるのでしょうか?

ブラッシング

基本的な事ですが、毎日ブラッシングをしてあげる事で抜け毛を減らすことが出来ます。毎日は難しい、という場合はお休みの日だけでも良いでしょう。ブラッシングはロシアンブルーとのコミュニケーションにもなりますので、なるべくマメに行いたい所です。

シャンプー

シャンプーが好きなロシアンブルーでしたら月に1回程度、シャンプーをしてあげるのも抜け毛を減らす方法です。ですが全てのロシアンブルーがシャンプーが平気、と言う訳ではなく、嫌いな子もいるでしょう。無理にシャンプーをする事はストレスになってしまいますので、春と秋の換毛期だけでも良いですし、どうしても難しい場合はシャンプーはせずにブラッシングの頻度を増やしてあげましょう。

ロシアンブルーの抜け毛が酷過ぎる時は病気の可能性も

遊ぶロシアンブルー

ロシアンブルーの換毛期にいつもより抜けるのは異常ではありませんが、毛が固まって抜けていたり皮膚が見えるほど抜けている場合には病気の可能性があります。では、そのようにロシアンブルーの毛が異常な抜け方をした際に考えられる病気とはいったい何なのでしょうか?

皮膚炎

皮膚炎はカビやノミ、アレルギー、アトピーなどが原因で引き起こされます。皮膚炎は最も多い脱毛の原因です。家の外に出ているロシアンブルーでしたら、外で皮膚炎の原因となる物を持ってきているかもしれません。多頭飼いの場合は、他の猫へも広がる可能性がありますので注意が必要です。毛が抜けるだけでなく、かゆみが出るのでさかんに体を掻いている時は早めに受診しましょう。

ツメダニ

ツメダニが皮膚に寄生することでツメダニ症を発症し、脱毛になる場合があります。頭部や背中に大量のフケや湿疹、かさぶたが出るのも特徴で、人にも移ります。治療は薬の投与で行ないます。

皮膚病

真菌に感染することで脱毛やかさぶたが生じます。いわゆる「水虫」です。猫から猫へ感染しますが、人の水虫が猫に移る場合もありますので、水虫がある人は猫への接触に注意が必要です。我が家の猫も、シェルターから貰ってきた方は感染していました。しばらく鼻の頭にかさぶたが出来、それがポロッと取れなんとか治りましたが、感染力が強いので移らないように注意してください、と獣医師に言われた記憶があります。

栄養不足

ビタミンが不足することで脱毛になる事があります。受診をすると共に、与えていた食事を変えて栄養バランスを見直すと良いでしょう。

免疫異常・腎臓病・糖尿病

左右対称に毛が抜ける場合は、ホルモンの異常があるかもしれません。運動不足で肥満になり、糖尿病にかかっていることもあります。重篤な疾患の場合がありますので、抜け毛を見逃さないように気をつけましょう。

ストレス

体にノミやダニなどもいず、病気でもない場合はストレスが原因で毛が抜けていることがあります。ストレスの原因をつきとめて取り除くことが大切です。ストレスがあると自分の体を舐め過ぎて、そこの毛がなくなってしまいます。我が家の外にいた猫も、保護した当初は前足を舐め過ぎて毛がはげていました。保護してから毛が生え始め、今ではすっかりなくなっていますので、外にいることでのストレスがあったのでしょう。保護して本当に良かったと思います。

ロシアンブルーの抜け毛が人間におよぼす影響

落ち葉とロシアンブルー

ロシアンブルーの抜け毛は、人にどのような影響があるのでしょうか?

家の中が毛だらけ

普段もロシアンブルーの毛は抜けていますので、家の中に常に毛が落ちている、というのは仕方のない事でしょう。特に換毛期は抜け毛が増えますので、気がつくと至る所が毛だらけに・・・なんて事もありそうです。なるべく毎日掃除機をかけるなど、こまめな掃除が必要です。

毛が舞ってしまうので、少しスプレーなどで水を含ませると舞わずに掃除することができます。抜け毛が多いと、来客時には焦りそうですね。

アレルギー

ロシアンブルーに限らずですが、猫の毛が原因で猫アレルギーを引き起こします。ですがアレルギー持ちの家族がいても毎日掃除をする事でアレルギー症状が出ない、という人もいるようです。抜け毛はアレルギーだけではなく、ノミやダニが繁殖する温床となりますので、アレルギーがなくともマメに掃除するのは必須です。

掃除機の音が苦手な猫は多いですので、ストレスを感じさせないように、逃げ道を塞がないようにして掃除機をかけてあげましょう。音の出ないコロコロでの掃除は、ロシアンブルーにとっては優しいお掃除方法です。

ロシアンブルーの抜け毛まとめ

ロシアンブルーの横姿

ロシアンブルーを飼うことでの抜け毛は、避けられない問題です。掃除は大変かもしれませんが、穏やかで犬のような性格をしているロシアンブルーは、それ以上のものを飼い主にもたらしてくれるでしょう。快適なロシアンブルーとの生活を送る為にも、抜け毛対策はしっかりと行ないたいですね。

ロシアンブルーについてもっと詳しく知りたい方はこちら▼

ロシアンブルー大辞典!知っておきたい基礎知識

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード