猫の抱き方とは?正しい方法を覚えよう!

自分から膝の上に乗って来たり、撫でてほしい時は飼い主さんの用事などお構い無しに甘えてくる猫。「仕方ないなあ、可愛がってあげようか!」と猫を抱き上げた途端、「それは嫌!」と逃げてしまう…そんな経験はありませんか?実は猫にとって嫌な抱き方があるとしたら?抱っこを嫌がるにもちゃんと理由があるのだとしたら?あなたが正しい猫の抱き方を知れば、あなたの腕にはいつだって喉を幸せそうにゴロゴロと鳴らす猫がいる…そんな素敵な毎日も夢ではないかもしれません!正しい猫の抱き方を知っておきましょう!

1327view

猫の抱き方~基本的に猫は抱っこを好まない~

猫を抱く男性

個体差はありますが、基本的に猫は抱っこをあまり好みません。その理由をいくつか考えてみましょう。

抱かれた後に強烈に嫌な事があり、それをいつまでも覚えている

例えば、野良猫の子猫を連れて帰る時、抱き上げたとしたら、「どこに連れて行かれるか」と、物凄く不安になっていたかも知れません。その後病院に連れて行かれて注射をされたり、点滴されたり。猫の為だと思ってした事でも、「抱かれたから怖い目にあった」と思い込んでいても不思議ではありません。

またゆっくりと寛いでいる時、その愛らしさに思わず抱き上げてしまう事もあると思いますが、それも猫にとってはとても迷惑で、「嫌な事」と認識しているかも知れません。嫌がる事をしているのだから、抱っこが嫌いなるのも当然ですね。

抱き方が嫌い

いつ落とされるかわからない様に抱きかかえられて、しかも人間が立ち上がったぐらいの高さで身体を拘束されたら、例え猫がどんなに身軽でも不安になるのも無理のない事です。猫が安心して身を委ねられる様な上手な抱き方を身に付けましょう。

抱っこをしてくる人間の匂いが嫌い

人間にとっていい香りのする柑橘類の香水や、嗜好品である煙草の香りは猫にとってはとっても苦手な悪臭と感じています。飼い主さんの事は大好きでも、その悪臭を鼻先に突き付けられるのは我慢ならない事なのです。

猫の正しい抱き方

抱かれて寝る猫

猫を抱っこ出来る事のメリット

大人しく抱かれてくれたら、私達飼い主が嬉しいだけでなく、猫の被毛や皮膚の状態、口臭、目や耳の異常に早く気がつく事が出来ます。また、災害時に避難したり、獣医さんに連れて行く際、楽にゲージに入れる事が出来ます。抱っこが嫌いな猫を、抱っこ大好き猫に少しでも近付ける様に飼い主さんが少しずつ歩み寄ってみましょう。

まずはリラックス

猫の心を解し、リラックスさせます。寛いでいるところを優しく撫でたり、ブラッシングが嫌な猫でなければ、優しく声をかけながらゆったりとブラッシングしてあげます。

ゆっくりと脇から

立ち上がらず、猫がいる床に膝をついて、猫の脇に手を差し入れます。やんわりと猫の身体を自分に添わせて、少しづつ猫の身体を持ち上げて床から足が離れたら、足裏を丸める様に片手をお尻や足の下に入れて安定させます。嫌がる様なら、すぐに止めてあげましょう。身体をくねらせる、前足を突っ張る、など愛しい猫なら、「嫌だ!」と言うサインを出しているのは分かりますよね。決して無理強いはしない様にしましょう。

寒くなるまで待って

まずは冬になるのを待ちましょう。抱っこ嫌いの猫でも、寒さを我慢する事は出来ません。抱き方が嫌いでも、飼い主さんの匂いが嫌いでも、温かい飼い主さんの膝の温もりの魅力には叶わない筈です。部屋中の暖房を切り、飼い主さんがいるところ以外は暖をとれる場所がない状態にし、床の上であぐらをかきます。そうすると、暖かく気持ちよく眠れる場所を求めて、飼い主さんの側にやってきます。心から信頼して大好きな飼い主さんならきっと膝の上に乗って来ます。

ですが、その時点でいきなり抱っこしてはいけません。したい様にさせ、のんびりと飼い主さんも一緒に寛いでいて下さい。そして、丸くなって寝始めたら、その穏やかな眠りを妨げない様に、自分の掌の温もりが猫の身体に染み込む様な気持ちで優しく柔かく猫を撫でてやります。

そして、猫が目を覚ましたら、床に腰を下ろしたまま、優しく身体に密着させる様に抱っこしてあげましょう。もちろん、嫌がる様ならすぐに離してあげましょう。これを毎日続ければ、「抱っこは気持ちいい」と思う様になります。

猫の抱き方~焦りは禁物~

猫と女性

子猫や、若い猫なら抱っこ嫌いを克服するのにそう時間はかからないかも知れません。けれど、野良生活が長く警戒心が強い猫だと、とても時間がかかります。それこそ年単位はかかる可能性も覚悟しておきましょう。愛しい猫との幸せな時間と、猫の健康の為に気長に焦らずに猫とのコミュニケーションを続けましょう!

おすすめ記事

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター