猫に刺身を食べさせるときの注意点・食べさせてはいけない刺身の種類

猫に刺身を食べさせるときの注意点・食べさせてはいけない刺身の種類

食卓にお刺身や焼き魚がある時に、ニャンコが目をキラキラさせて可愛く甘えておねだりしに来る事がありますよね。あまりの可愛さに「少しくらいならいいよね」と、ついついニャンコのおねだりに負けてお刺身を食べさせてしまいます。でも、もしもその食べ物がニャンコの身体にとって良くないモノだったら?飼い主さんの無知がニャンコを病気にしてしまうかもしれません。お刺身やお魚にはニャンコの身体に有害な成分が含まれているかどうか、それを知っておけば安心してニャンコのおねだりに応える事が出来ますよ!

741view

猫にお刺身を与えても問題はないか

猫と魚

毎日、大量に与えたり、食事そのものが生魚やお刺身だけ、と言う状態でなければ、ほんの一切れ二切れ程度なら猫にお刺身を与えても問題はありません。ただ、お刺身に使われる食材の中には、人間には無害でも猫には与えてはいけない食材があります。なぜその食材を与えてはいけないのか、その食材を猫が食べるとどんな事が起こり得るのかを知っておきましょう。

刺身の中で猫に食べさせる時に注意が必要なものは?

イカ

猫は要注意!イカ、カニ、エビなどの甲殻類の刺身

生でイカや、カニ、エビなどの甲殻類を食べるとその食材に含まれる酵素によって猫の体内のビタミンB1が破壊され、ビタミンB1欠乏症を引き起こす恐れがあります。加熱すればこの酵素は破壊されるので、イカ、タコ、甲殻類を猫に与える時は必ず加熱し、大量に食べさせなければ問題はありません。

猫は要注意!貝類の刺身

普段は安全に食べられる貝類でも、時期によっては、有害な成分が含まれる事があるので、生で食べさせるのは避けるべきです。特に昔から猫の飼い主さん達に言いつがれて来て有名な事例が、「アワビを食べると耳が落ちる」と言われる現象です。

これは、貝の毒によって光線過敏症を発症し、毛の薄い耳に症状が現れ腫れやかゆみが生じ、さらに進行してその付近の組織が壊死してしまう恐れがある病気です。特に3~5月頃は貝の毒素が強いため、この時期はどんなにおねだりされても、猫に貝類を食べさせるのは避けた方がいいでしょう。

猫は要注意!サバ,イワシ、アジなどの青魚の刺身

食べすぎると、青身魚の不飽和脂肪酸により、猫の体内の脂肪が酸化して 「黄色脂肪症(イエローファット)」になります。皮膚の下の脂肪が炎症を起こして痛みを伴うしこりができ、さわると嫌がる事もあります。特にビタミンEが欠乏するとなりやすいと言われています。

お刺身としてでなく、これらの魚は焼き魚など加熱しても、大量に食べさせたり、喜んで食べるからと言って毎日食べさせていると、猫の体内でどんどん脂肪が蓄積され、病気を引き起こす原因となります。

猫に人間用に調理されたお刺身は与えない

マグロの刺し身

ネギやニンニクで和えたタタキの様なお刺身は、絶対に猫に食べさせては行けません。ネギ、ニンニクに含まれている成分が溶解性貧血を引き起こします。また、醤油、酒などで味付けされた漬け汁に漬けたヅケも、塩分が多く、猫の身体には良くないので、与えない様にしましょう。

お刺身を猫に与える時は、ワサビや醤油などは必要ありません。生の切り身だけで、猫には十分すぎるごちそうなのですから。

魚の刺身は猫にとって、魅力的な食材

サンマ

貝に含まれているタウリンも、青魚に含まれている不飽和脂肪酸も、悪い成分ではありません。食べ過ぎなければ、青身魚も体に良い食材ですし、貝も与える時期に気をつけて、甲殻類も火を通して少しだけなら、猫にお裾分けしてもOKです。ただ、甘やかして、猫のおねだりに負けてしまうのではなく、きちんと猫の健康に気を配り、与える量、調理方法も工夫して、本当に猫の為になる様に与えるのが、1番猫にとっての素敵な飼い主さんと言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

人気のキーワード