猫のお尻が臭い!原因と肛門腺の対処方法

猫のお尻が臭い!原因と肛門腺の対処方法

猫のお尻が臭い!そんな経験はありませんか?「なんか愛猫の体が急に臭くなった…」といった体験があるなら、それはその猫が繁殖の準備が既に整った証です。でも猫のお尻が臭ったらなにかの病気なんじゃないの?そんな心配をされる方も多いかと思います。この記事で猫の習性を知って、猫の体臭とお尻が臭い原因と対処を知っておきましょう。ちなみに、猫のお尻が臭うのはケアを行うことで簡単に防ぐことが出来ますよ♪

1749view

猫のお尻が臭う原因

猫のお尻

猫の縄張りの主張はおしっこの他に、肛門にある2つの肛門嚢からの非常に臭い分泌物を利用して行います。ですが、猫自体は無臭が普通です。肉食性のハンターである猫が、元から体臭が強い筈はありません。お尻から臭っている場合も、飼い主さんは「体臭がキツイ」と勘違いすることがあります。ですが猫の臭いの正体は、ほとんどが肛門周辺からが最も多いのです。

猫のお尻が臭うのは病気のサインなの?

この肛門周辺、お尻からの臭いは病気ではありません。ほとんどがその猫、個体特有の体質です。狩猟を行う肉食性の動物は何らかの肛門腺があるのが普通です。しかし、場所が排泄物が通過する近くにあるため、どうしてもばい菌に侵されやすいのです。動物は、排泄物を利用して、自分の存在を相手に知らせるため、これはある意味宿命です。

猫のお尻が臭いのは肛門腺が関係している

臭いがする猫のお尻

猫のお尻が臭いという症状は、子猫や若い猫ではあまり例がありません。ある程度成長した大人の猫、それもオスの場合に非常に多いです。しかもそうした「体質」を持った猫であり、普通はあまり肛門腺が常に臭っている猫はいません。

つまり、どうしても肛門と肛門腺が個体によってその距離が様々あるために、肛門腺が汚染されて化膿する場合があるのです。所謂この化膿した膿が臭いの原因です。これは特に繁殖のタイミングがやってこない、単独で飼っている猫にはありがちです。

肛門腺が破裂したら、治療が必要

別に命にも健康にもあまり影響はない、肛門腺詰まりですが、放置しておくと膿が溜まり続けてやがて肛門腺が破裂し、中から非常に臭いドロドロとした液体が流れて、お尻が不衛生になります。そこで必要な治療は「肛門腺絞り」ですが、これが猫の場合は非常に暴れて苦労します。

猫のお尻が臭い場合のケアと予防法

猫を抱く人

肛門腺詰まりは定期的にケアが必要

根本的に、猫のお尻が臭うというのは猫それぞれの体質の問題なので具体的な予防策はありません。そこで、定期的なケアが必要になります。それが「肛門腺絞り」で、直接肛門を手で触って肛門腺を絞って溜まった分泌物を強制的に排出させます。

肛門腺は四時と八時

肛門を中心として、お尻中心を時計に見立てると、4時と8時の位置左右に通常は肛門腺があります。ここから分泌物が排泄物につけられるので、イメージとしては肛門の下から上に向かって、肛門をつまむように肛門腺を絞ります。要は、見えにくい肛門腺がどこにあるかをイメージできれば、親指と人差し指で誰でも出来るようになります。

まずは猫の尻尾を根元から

肛門腺絞りに初めにチャレンジする際には、まず猫の尻尾をグイと根元から上に持ち上げる必要があります。これをさせてくれないと、肛門腺絞りは出来ません。そして猫を高いテーブルの上などに乗せて、猫が動けないように体を手で固定させることです。

エリザベスカラーを上手に活用

皮膚炎などで、猫の体を自分で舐められないようにするために、猫用エリザベスカラーが専門店で購入できます。肛門腺絞りは猫にとって肛門という弱点を触られるために、かなり唸ってすごく怒ります。飼い主さん一人では初めはその威嚇に、かなり驚くことでしょう。激しい怒りで大きな声をあげます。

まとめ

猫とトリマー

もし、肛門腺絞りに自身が無い人は、ペットショップに併設しているトリミングサロンや、動物病院にお願すれば、猫の肛門腺絞りをやってもらえます。大抵は専門の道具を使ったり、2人がかりで行うため、その方が初めは安心かもしれません。しかし慣れた人は、猫をいきなりガッと捕まえ、脇の下で猫を抑えながらその場で素早く肛門腺絞りをやれるものです。やり方はよく見ておくと良いですね。

まぁとにかく初めての肛門腺絞りは、かなりビックリするものです。それでもこれは必須のケアなんですけどね。それと、猫のお尻が臭って困った時は、まず動物病院へ行くのを強くおすすめします。的確な指示を頂けますし、他の心配事も一気に解消されるかもしれませんしね。

30代 女性 tonakai

今飼育している猫が人生で初めての猫なので、ちょっとしたことでも気になってしまいます。以前、キャットタワーにいる猫を撫でていたらどこからかにおってきたので、トイレ以外にうんちをしたのかと思いました。どこからにおうのか探してみると、キャットタワーや床に3mmくらいの茶色の小さなシミがありそこからでした。もしかしてと思い、猫のお尻を見ると同じ茶色の液体が付いていて「これが肛門腺からの分泌液か!」とその時は感心してしまいました。今はブラッシングをしていると、時々お尻がにおってきます。調べてみると、びっくりしたときや興奮したとき、うれしいときにも出るようですね。肛門腺のケアはまだしたことがないので、するときは病院に相談してみようと思います。

40代 女性 ねこにこ

我が家の猫、アメショはまだ子猫で、2匹ともお尻のニオイはまだ臭くなさそうです。
見た感じも、肛門腺の場所がいまいち判らないので、まだ溜まってないんですね。

溜まらない体質に望みをかけます★

体に害が無いとは言え、破裂は恐ろしいですし、それこそ害になってしまいます。
絞り方を読んで、正直自分ではムリだ!と思いました。
臭った時は、潔く動物病院に行こうと思います。意外だったのは、美容室でも肛門腺を絞ってくれる事です!
我が家の猫達は短毛種なので、美容室との縁は遠そうですが、長毛種猫ちゃんの飼い主さんにはありがたいメニューだと思います♪

プロでも2人掛かりだと読んだので、素人が挑戦するにはまず一度、お手本を見る事を私も強くおススメします!

女性 ケロキ

猫のお尻が、うんちのニオイとは少し違うニオイがするときがあります。うちの猫のお尻が臭いと感じるのはブラッシングをしているときです。毎回ではありませんが、日差しが気持ちよく、猫がブラッシングでうっとりとしているときにあのニオイがしてくるときがあります。お尻を見るとちょっと濡れたようになっていいるので、おしりふきで拭いています。肛門腺絞りをしたことはありませんが、調べてみると高齢の猫や下痢をしている猫が肛門腺のトラブルを起こしやすいそうで、お尻を擦って歩いたり、しきりに舐めたりしている場合も炎症が起きている可能性があるそうです。ただ、肛門腺の分泌液のたまる量は個体差が大きく、肛門腺絞りは難しいとも言われているので病院で聞いてからしてあげようと思います。

30代 女性 もっちゃり

肛門腺のニオイは、強烈です・・うちは猫2匹いる中、1匹がたまに肛門腺からニオイを発します。一番はじめにそのニオイに異常を感じて、動物病院へ駈け込んだ時にしていただいたお話によると、自身の主張だったり、相手をお誘いする性的な分泌臭だったり、興奮や怖さからだったり、いくつか考えられる理由があるそうです。

うちの猫の場合は、相手をお誘いして、自分を主張してたのカナ?

と言う感じです。特に興奮や恐怖の中にいた訳でもなかったので。
結局その時は肛門腺を絞っていただいて、無時帰宅。
その後も年に1回あるかないかで肛門腺のニオイを放つ事があります。正直、私一人で絞れる作業ではないので(勇気もない)毎回病院です。

放置するにはあまりにも臭うので、破裂する話は知らなかったです。
今回、知ってよかった・・・

スポンサーリンク

人気のキーワード