猫のお尻が臭い原因と対処方法!肛門腺のケアで改善しよう

猫のお尻が臭い!そんな経験はありませんか?「なんか愛猫の体が急に臭くなった…」といった体験があるなら、それはその猫が繁殖の準備が既に整った証です。でも猫のお尻が臭ったらなにかの病気なんじゃないの?そんな心配をされる方も多いかと思います。この記事で猫の習性を知って、猫の体臭とお尻が臭い原因と対処を知っておきましょう。ちなみに、猫のお尻が臭うのはケアを行うことで簡単に防ぐことが出来ますよ♪

495view

目次
猫のお尻はなぜ臭うの?
猫のお尻が臭い原因
猫のお尻が臭うのを予防する方法
猫の肛門腺絞りを最初にやるときは美容室か病院で

猫のお尻はなぜ臭うの?

猫のお尻

猫の縄張りの主張はおしっこの他に、肛門にある2つの肛門嚢からの非常に臭い分泌物を利用して行います。ですが、猫自体は無臭が普通です。肉食性のハンターである猫が、元から体臭が強い筈はありません。お尻から臭っている場合も、飼い主さんは「体臭がキツイ」と勘違いすることがあります。ですが猫の臭いの正体は、ほとんどが肛門周辺からが最も多いのです。

猫のお尻が臭うのは病気のサインなの?

この肛門周辺、お尻からの臭いは病気ではありません。ほとんどがその猫、個体特有の体質です。狩猟を行う肉食性の動物は何らかの肛門腺があるのが普通です。しかし、場所が排泄物が通過する近くにあるため、どうしてもばい菌に侵されやすいのです。動物は、排泄物を利用して、自分の存在を相手に知らせるため、これはある意味宿命です。

猫のお尻が臭い原因

臭いがする猫のお尻

猫のお尻が臭いという症状は、子猫や若い猫ではあまり例がありません。ある程度成長した大人の猫、それもオスの場合に非常に多いです。しかもそうした「体質」を持った猫であり、普通はあまり肛門腺が常に臭っている猫はいません。

つまり、どうしても肛門と肛門腺が個体によってその距離が様々あるために、肛門腺が汚染されて化膿する場合があるのです。所謂この化膿した膿が臭いの原因です。これは特に繁殖のタイミングがやってこない、単独で飼っている猫にはありがちです。

肛門腺が破裂したら、治療が必要

別に命にも健康にもあまり影響はない、肛門腺詰まりですが、放置しておくと膿が溜まり続けてやがて肛門腺が破裂し、中から非常に臭いドロドロとした液体が流れて、お尻が不衛生になります。そこで必要な治療は「肛門腺絞り」ですが、これが猫の場合は非常に暴れて苦労します。

猫のお尻が臭うのを予防する方法

猫を抱く人

肛門腺詰まりは定期的にケアが必要

根本的に、猫のお尻が臭うというのは猫それぞれの体質の問題なので具体的な予防策はありません。そこで、定期的なケアが必要になります。それが「肛門腺絞り」で、直接肛門を手で触って肛門腺を絞って溜まった分泌物を強制的に排出させます。

肛門腺は四時と八時

肛門を中心として、お尻中心を時計に見立てると、4時と8時の位置左右に通常は肛門腺があります。ここから分泌物が排泄物につけられるので、イメージとしては肛門の下から上に向かって、肛門をつまむように肛門腺を絞ります。要は、見えにくい肛門腺がどこにあるかをイメージできれば、親指と人差し指で誰でも出来るようになります。

まずは猫の尻尾を根元から

肛門腺絞りに初めにチャレンジする際には、まず猫の尻尾をグイと根元から上に持ち上げる必要があります。これをさせてくれないと、肛門腺絞りは出来ません。そして猫を高いテーブルの上などに乗せて、猫が動けないように体を手で固定させることです。

エリザベスカラーを上手に活用

皮膚炎などで、猫の体を自分で舐められないようにするために、猫用エリザベスカラーが専門店で購入できます。肛門腺絞りは猫にとって肛門という弱点を触られるために、かなり唸ってすごく怒ります。飼い主さん一人では初めはその威嚇に、かなり驚くことでしょう。激しい怒りで大きな声をあげます。

猫の肛門腺絞りを最初にやるときは美容室か病院で

猫とトリマー

ペットショップに併設しているトリミングなどの美容室や、動物病院では猫の肛門腺絞りはやってもらえます。大抵は専門の道具を使ったり、2人がかりで行うため、その方が初めは安心かもしれません。しかし慣れた人は、猫をいきなりガッと捕まえ、脇の下で猫を抑えながらその場で素早く肛門腺絞りをやれるものです。やり方はよく見ておくと良いですね。

まぁとにかく初めての肛門腺絞りは、かなりビックリするものです。それでもこれは必須のケアなんですけどね。それと、猫のお尻が臭って困った時は、まず動物病院へ行くのを強くおすすめします。的確な指示を頂けますし、他の心配事も一気に解消されるかもしれませんしね。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード