猫が誤飲したら?原因の判断との正しい対処方法が重要!

猫が誤飲したら?原因の判断との正しい対処方法が重要!

一般家庭で人の食事を猫がよく見るような室内飼いが一般化してから猫の誤飲が急増しています。いざという時に慌てないよう、猫の誤飲に関する予備知識を学んでおきましょう。意外に知らないことも多いものですよ。

814view

目次
猫が誤飲した時にまずするべき事
猫の誤飲のケース別対処法
猫の誤飲の原因
猫の誤飲治療は単純明快
まとめ

猫が誤飲した時にまずするべき事

餌を食べる猫

まず絶対に慌てないでください。猫の場合、例え「食べさせては絶対いけないもの」の代表格、ネギ類を食べたとしても、いきなり卒倒して死ぬことはありません。中毒はゆっくり消化途中で起こるからです。極端な窒息や頭蓋衝撃以外、猫が突然絶命することはありません。

猫が何を誤飲したか?

猫が何を食べてしまったかは、なかなか知り得るチャンスは少ないです。人の食べ物を盗むときは、猫はその場を離れて物陰で食べる習性があるからです。そこで、普段から猫が飼い主さんが叱ったり、あるいは食べ物を盗んだ時など、どこへ逃げるか観察してください。大抵のその場所には食べた残骸が落ちていることが多いです。

猫が誤飲したかもしれないと思ったら

猫が食べてはいけないものを後から食べたかもしれないと知った場合は、まず時計を見てください。動物病院で診断する時、その時間によっては吐き出させるか、あるいは薬で強制的に排出させるかの判断が出来ます。そして、食べたらしいものを出来るだけメモを取り、まずは動物病院に電話連絡を入れてください。その方が、場合によっては優先的に診てもらえます。

猫の誤飲のケース別対処法

窓の猫

まずよくある猫との相性が悪い「猫に食べさせてはいけないもの」では、生のままか加工品であるかが重要です。猫はネギを丸のままかじるようなことはしません。大抵、人が食べる食べ物を見て、興味を持って口にします。その場合、口にしたのをみつけたら、箸やトングで取り上げてください。猫は自分が食べようとするものを横取りすると、「シャー!」と威嚇します。時には爪で攻撃して怪我をしますから、長いつまめるもので取り上げるのがコツです。

猫が飲み込もうとしていたら?

その場合は、直ぐ猫の頭を押さえて体を両腕を使って反転させ、腹這いにさせます。猫の後頭部から顎を親指とひとさし指などで抑えて、口を強制的に開けさせ、そこに誤飲した食べ物があるなら取り出してください。

猫が明らかに食べ物以外ものを誤飲した場合

プラスチック片、ボタン電池、洗剤等を飲んだりした場合は、「塩」を使います。ティースプーン一杯に塩を、猫の舌奥の方に乗せてください。僅かで良いです。上記の顎を抑えて口を開けさせ、乗せてやります。いっぱい乗せる必要はありませんし、塩を食べさせるわけではないのです。必要なのは「刺激」です。

塩の持つ強烈なアルカリで、舌の奥を刺激させ、吐き気を催させるのが目的です。「ゲー!!」と吐かないようなら、その方法を中断します。急いで動物病院へ電話するか、深夜なら、少し待ってから試してください。吐いても吐かなくても、翌日には動物病院へ連れて行き、内容物が残ってないか確かめるようにしてくださいね。大抵は胃の内容物を吐き出します。単なる塩水では効果は薄いですよ。逆に量が多いと中毒の可能性もありますから、少々手慣れた人の応急処置です。自信が無いなら、指にガーゼを巻き付けて喉の奥に突っ込んで吐かせましょう。

また薬局で市販されるオキシドールも、数滴塩と同じように「舌の奥に乗せる」程度なら、効果はありますが、一般家庭でそれを常備している家庭は今では少ないでしょう。

猫の誤飲の原因

食卓と猫

これは間違いなく、人の食事風景です。猫がすぐそばでポテトチップスやおやつ、あるいは朝食や夕飯を食べていませんか?この光景が猫の関心を引くのです。防ぐには、猫の普段の食事が人より早い事、あるいは食事の時は猫を同席させないことです。ベストはキッチンやリビングで食事をする場所に猫を入れないことです。冷蔵庫から冷凍食品を台所に放置することも避けたいですね。こうしたことは総じて猫の誤飲の予防対策になります。

猫は誤飲しても無症状

猫の場合、臼歯が発達していないのでほとんど丸のみです。そのため、魚の小骨が多いものは猫が食べると喉に引っかかり、苦しがるはずです。それ以外は食道をスルーすれば、消化がスタートするまで無症状です。大きな異物は便秘になります。特にボタン電池は酸に対して弱いのでよく注意してください。

猫の中毒症状はうずくまる事が多い

寝ているというより、出来るだけうずくまった姿勢から全く変化が無くなる事が多いです。そして同じ場所から動かず、何とか具合が良くなるまでじっとしています。このため、中毒に気が付かないことも実は多いのです。また猫は、頻繁によく吐く動物ですから、吐いているからダメなものを食べたとはなりません。

猫の誤飲治療は単純明快

寝ている猫

誤飲して動物病院に担ぎ込まれたら、やる治療は極めて単純です。まずは吐かせる、それがだめなら胃洗浄、そして消化中なら下剤投与です。中毒で、血の気が引くチアノーゼは、猫の歯茎を見るとわかります。怖いのは液体の薬品や石油系の液体を飲んでしまった時です。この場合、水を飲ませると逆効果になる場合がありますから、直ぐに動物病院へ連絡し、出来る限り上記の応急処置を試してください。特に、風邪薬は人間が飲みやすいように加糖されていることが多いため、要注意です。他は活性炭などを飲ませて、毒性物質を吸着させることですが、これは素人がうかつにやってはいけません。

まとめ

抱かれて寝る猫

とにかく猫が誤飲した場合は、まず飼い主さんが落ち着いて行動することです。取り乱して騒いだり、泣いたりするうちに猫の容態が変わります。「誤飲で急死することは滅多にない」と覚えておいてください。食べさせてはいけないものも、結局は「量」が問題なのです。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 女性 にゃコロ

    我が家の誤飲要注意アイテムは、ビニール袋です。まだ食べてしまった事はありませんが、買い物後のレジ袋をしまい忘れていると、隙をみてかじりに来ます。
    到底美味しいとは思えないので、理由を考えてみた結果、かじった時の間カサカサ音が楽しいからか、歯茎が痒いからか。どちらかと言うと後者かなと思われますが、正直確証はありません。
    何にせよ、食べてしまったら確実に消化出来ない物なので、出しっぱなし、置きっぱなしの"ぱなし削減運動"を実施中です。
    普段から誤飲予防対策は心掛けていますが、実際飲み込んでしまった時の対処法を知らなかったので、万が一の時は実践してみようと思います。人との共存が引き起こすトラブルは様々ですが、誤飲はとても身近な事です。普段からの注意を怠らず、お部屋を綺麗にしておく事は対策になりそうです。
  • 女性 ゆんぼ

    猫が誤食しやすいのは、おもちゃや日用品だと思います。猫じゃらしの先端部分や紐、ビニール袋などはよく聞きます。誤食によって腸閉塞を起こしたり、中毒症状が出たりすると危険だし、誤食後1時間程度なら、吐かせることができることもあるので、誤食を発見した時点で動物病院に相談するべきです。病院内の催吐は静脈内に薬を投与することで行うことが多いのではないでしょうか。それによって大部分を吐き出してくれれば安心です。ただ、誤食して時間が経っていたり、嘔吐が頻回になってくると、危険です。胃腸の完全閉塞ならば麻酔下で内視鏡で異物を取り除いたり、最悪、開腹手術で異物を除去しなくてはなりません。中毒ならばなるべく有害物質を外に出さなければなりませんし、有害物質に対する対症療法を行うことになります。何日も入院になってしまうこともあると思います。
  • 女性 むぅ

    動物病院で看護師をしております。
    猫の誤食はよく診察しています。
    おもちゃなどで遊んでいるうちにそのまま飲み込んでしまい、胃にある間は催吐処置といって、胃内の物をすべて吐かせる処置をしますが、残念ながら猫の場合はすんなり吐いてくれないことがほとんどです。
    その場合は全身麻酔下で内視鏡による摘出を行いますが、見えにくい場所に隠れていると摘出できない場合もあります。
    胃に入ってから大体3時間経過すると、腸に流れて行きます。
    腸まで行ってしまうと、催吐処置や内視鏡摘出が難しくなりますので、そのまま便にでてくることを祈って経過を見るか、開腹手術のどちらかになります。
    とくに厄介なのが紐状異物で、便に出るだろうと様子を見ていると、腸が壊死して腹膜炎を起こし、命に関わることになります。
    紐状のものを食べてしまったかもしれないしれないときは、様子を見ずにすぐに病院に行きましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード