子猫の値段っていくら?種類ごとの平均価格や個体差による違いとは

子猫の値段っていくら?種類ごとの平均価格や個体差による違いとは

「可愛い小さな子猫を飼いたい!」と思う方は多いですよね。子猫の値段は種類ごとに違いますし、その子猫が持つ特徴などからも値段が高くなることもあります。この記事では人気猫種10種類の子猫の値段にフォーカスしてみました。是非ご購入の際の参考にしてくださいね!

1912view

目次
子猫の値段
マンチカンの子猫の値段
スコティッシュフォールドの子猫の値段
ラグドールの子猫の値段
メインクーンの子猫の値段
ロシアンブルーの子猫の値段
エキゾチックショートヘアの子猫の値段
アメリカンショートヘアの子猫の値段
ノルウェージャンフォレストキャットの子猫の値段
ソマリの子猫の値段
ベンガルの子猫の値段
子猫の値段に関するまとめ

子猫の値段

元気な子猫

一般的に2〜3ヶ月の子猫は高値で販売されます。子猫から育てたい、月齢の高い子はしつけがしづらい、と考える人が多いからだそうです。ペットショップやブリーダーでは、子猫を長く置いておくとそれだけ経費やスペース、手間がかかりますので4ヶ月位からの買い手のつきにくい子猫は安くする傾向にあります。

また一般家庭向けの猫は、顔が可愛いとか人気毛色や柄などでも値段が高くなります。キャットショーに出るようないわゆる「スタンダード」(猫種ごとの基準となる体の大きさや形など)は可愛い、と感じる基準からは遠いこともありますので、一般受けはしないことも。子猫の値段は月齢と外見、人気があるかどうかなどで変動すると言えますね。全体的な平均価格は安くて5万円、高くて40万円程度のようです。

マンチカンの子猫の値段

マンチカンの子猫

短足が可愛らしい大人気猫種、マンチカンの子猫の価格を見ていきましょう!

マンチカンの子猫の平均価格

マンチカンの価格は、5万円〜25万円といった所でしょう。

マンチカンの子猫の個体差による価格の変動

短足が特徴のマンチカンですが、産まれた子猫全てが短足になる訳ではありません。長足の子も産まれますので、短足か長足かで価格に差が出ます。長足の子が5万円〜10万円以下なのに対し、短足の子は10万円〜25万円位になります。

スコティッシュフォールドの子猫の値段

スコティッシュフォールドの子猫

折れ耳とつぶらな瞳が可愛い、スコティッシュフォールドの値段はおいくらでしょうか?

スコティッシュフォールドの子猫の平均価格

スコティッシュフォールドの価格は、5万円〜35万円位です。中には45万円の子猫もいます。

スコティッシュフォールドの子猫の個体差による価格の変動

やはり折れ耳のスコティッシュフォールドは高値になり、10万円以上はします。スコティッシュフォールドも全てが折れ耳になる訳ではなく、立ち耳の子もいますので、立ち耳の子は比較的安価になります。両親猫の血統が良いと、45万円という値段になることもあるようです。

ラグドールの子猫の値段

ラグドールの子猫

青い目と穏やかな性格で飼いやすい性格が人気を呼んでいるラグドールですが、子猫のお値段はどの位なのでしょうか?

ラグドールの子猫の平均価格

ラグドールの価格は、15万円〜38万円位です。

ラグドールの子猫の個体差による価格の変動

ラグドールは大きく分けて3種類の毛色があります。鼻先や耳など、ポイントで色がつく「ポイントカラー」、足・顎・胸が白くお腹に模様が入っている「ミテッド」、顔の逆Vの字(いわゆる「ハチワレ」)が特徴の「バイカラー」です。

ラグドールはポイントカラーであるブルーポイントシールポイントに人気がありますので、この2色は少し高くなる傾向にあります。ちなみにブルーポイントは鼻先や耳などが濃いブルー、ボディが淡い青色で、あとはほとんどが白の被毛になっています。シールポイントは焦げ茶色のポイントになっていて、鼻周りのグラデーションが美しいカラーです。

メインクーンの子猫の値段

メインクーンの子猫

大きな体が特徴のメインクーンですが、子猫の価格はどの位でしょうか?

メインクーンの子猫の平均価格

メインクーンの子猫は、15万円〜40万円といった所です。中には3000万円の子も!

メインクーンの子猫の個体差による価格の変動

ベーシック以外の毛色が比較的高値になる傾向にあると言われていますが、3000万円するメインクーンの子猫は、じつは三毛のオスなのです。3万匹に1匹という確率で生まれる超希少な猫なので、こんなに高値になったのですね。正に家が1棟買えてしまうお値段です。

ロシアンブルーの子猫の値段

ロシアンブルーの子猫

マイペースで穏やかロシアンブルーも人気があります。ほとんど鳴かない所もマンションなどで飼いやすいのでしょう。さて、子猫のお値段はいかほどでしょう?

ロシアンブルーの子猫の平均価格

10万円〜40万円程度がロシアンブルーの子猫の価格です。

ロシアンブルーの子猫の個体差による価格の変動

ロシアンブルーの毛色は、その名前からも「ブルー」一色になりますが、その中でも薄いブルーだったりブルーポイントといって全体の毛色が白いのに鼻先や耳だけがブルーになっている珍しい毛色の子は高値になるようです。

エキゾチックショートヘアの子猫の値段

エキゾチックショートヘアの子猫

ペルシャの短毛種として作出されてきたエキゾチックショートヘアですが、ちょっとつぶれた顔とお手入れに手間がかからない事からも人気があります。

エキゾチックショートヘアの子猫の平均価格

エキゾチックショートヘアの子猫の値段は、12万円〜43万円位のようです。

エキゾチックショートヘアの子猫の個体差による価格の変動

エキゾチックショートヘアは流通頭数はあまり多くはありません。その中でもレッドタビーなどの珍しい毛色の子は高値がつきやすいようです。

アメリカンショートヘアの子猫の値段

アメリカンショートヘアの子猫

飼いやすい猫として安定した人気を誇るアメリカンショートヘアです。子猫はおいくら位するのでしょうか?

アメリカンショートヘアの子猫の平均価格

8万円〜24万円位がアメリカンショートヘアの子猫の価格です。

アメリカンショートヘアの子猫の個体差による価格の変動

毛色などでの価格差はあまりありませんが、やはり月齢が高くなると安くなる傾向にあります。また、親猫がキャットショーのチャンピオンですと高値がつくこともありますが、価格が安定している猫種です。

ノルウェージャンフォレストキャットの子猫の値段

ノルウェージャンフォレストキャットの子猫

長いロングコートと落ち着いた雰囲気のノルウェージャンフォレストキャットですが、価格はどの位でしょうか?

ノルウェージャンフォレストキャットの子猫の平均価格

ノルウェージャンフォレストキャットの子猫の価格は、10万円〜35万円位です。

ノルウェージャンフォレストキャットの子猫の個体差による価格の変動

ノルウェージャンフォレストキャットは毛色の種類が多い猫種ですが、毛色による価格差はそこまでみられません。どの子も可愛らしいですので、ピンと来た子を選ぶのが1番良いのではないでしょうか?

ソマリの子猫の値段

ソマリの子猫

アビシニアンの長毛版のソマリですが、鳴き声がとても可愛らしく、野性味を残した性格が好きな方も多い猫種です。

ソマリの子猫の平均価格

5万円〜20万円位になります。

ソマリの子猫の個体差による価格の変動

ソマリは日本でも良いブリーダーが沢山存在しています。ペットショップの方が割安な傾向にありますが、優良なブリーダーを見つけてそこから購入した方が良い、という話もあります。ソマリを購入する際は是非、色々と見て回り、信頼出来る所から購入するのがベストでしょう!

ベンガルの子猫の値段

ベンガルの子猫

なんといってもそのヒョウのような体の模様がベンガルの特徴ですね。ワイルドな外見とフレンドリーな性格のギャップに、ハマる人も多いのではないでしょうか?

ベンガルの子猫の平均価格

ベンガルの子猫の価格は12万円〜40万円程度です。

ベンガルの子猫の個体差による価格の変動

ベンガルの特徴は、なんと言ってもその模様にあります。「スポテッド」と呼ばれるカラーは1色のヒョウ柄模様で一般的な模様です。「ロゼット」と呼ばれる2色以上の模様の子猫は高値がつく傾向があります。その他にも「マーブル」というクラシックタビーに似た模様もありますが、こちらは比較的安値になります。

子猫の値段に関するまとめ

複数の子猫

一般的に犬よりも猫の方が価格が高い、と言われています。犬に比べて猫の方がブリーダーやキャッテリーが少ないので、猫の頭数も少ないからでしょう。ですが猫を飼う人も増えてきましたので、これからもっと猫が手に入りやすい時代になるかもしれませんね。

  • 女性 にゃコロ

    需要があるからこそ付く販売価格ですが、家1棟買えてしまう価格には驚愕です。我が家は中古で購入しましたが、猫の価格の方が上でした。高額になる子猫はやはりどの猫種も稀少性と珍しさに比例しているなと判ります。
    私は個人的に顔や性格で選びますが、それに加えて血統や、毛色、柄の珍しさをふまえて選ぶ方もとても多いと思います。時々キャットショーに出す飼い主さんのドキュメンタリー番組を見ると、その育て方のこだわりにとても愛を感じます。毛並や毛艶の維持に体型のバランス、食事管理も徹底していて、お手入れが念入りです。その猫ちゃんの事を1番に考えて、ストレス配慮も徹底されていました。
    我が家の猫は、奔放に気まま。雑種でブリーダーさんやペットショップで買った訳ではありません。価格として値段は付きませんが、血統書があって、純度の高い猫を育てる事に価値がつくからこそ、価格もステータスになっているのだと思います。
    価格の基準をいまいち理解していなかったので、とても納得できました。
  • 20代 女性 ユキ

    猫を飼うならやっぱり子猫のうちから飼育したいと思ってしまいますが、自分の好きな猫種を調べるとやはり高いと40万円近くしてしまいますし、なかなか手が出せるような金額ではありませんね^^;

    私の場合、マンチカンやスコティッシュフォールド等が大好きですが、子猫のうちから飼おうとすると、とても厳しいという現実を改めて実感しました。ひと昔前まではペットショップで猫をみることも少なかったですが、今では犬と同じくらい並んでいますよね。

    この間フラっと立ち寄ったペットショップでは、ダックスが11万円だったのに対し、スコティッシュフォールドの子猫は何と30万円を超えていました。この記事にもあるように、猫ちゃんの方が高いというのを目の当たりにした瞬間でした。

    もちろん血統書付きの人気の猫種は可愛いですが、子猫の場合どんな猫種でも可愛いものです。どうせならやっぱり保護猫を大切に育ててあげたいと言う気持ちになりますね。ちなみに私はその辺をお散歩している子猫でさえ、柄によってはアメショーと同じに見えますよ。(笑)
  • 女性 ひなママ

    私は大の猫好きですが、最近はメインクーンにとっても興味があります。大人しく温厚な性格、そして大きい体はとても魅力的ですし、子供の面倒を見てくれる”育児するメインクーン・イクメン”も存在するそうで、頼りがいがあるなぁと思いながらテレビを見ていました。

    しかしこちらの記事でオスの三毛柄でメインクーンの子猫、となると3000万円の子もいると知り、驚きが隠せません(笑)3000万のメインクーンを飼おうと決める飼い主さんは、一体どんなお仕事をしているのか・・・そんな所まで気になってしまいます。(笑)

    オスの三毛猫自体、とても希少だということは知っていますが、さすがに3000万円は猫の値段の常識を大幅に超えていると思いました;;
  • 女性 ふーたん

    成猫になってから飼育し始めた猫でも、異常なほどに可愛いので、子猫のうちから飼うともっともっと可愛いんでしょうね。

    しかし、小さい頃からわが子のように大切に育てていくことで、私はペットロス症候群になりそうで少し怖い気がしてしまいます。

    いくら小さなうちから家族になっていようと、必ず私たちよりも先に亡くなってしまうということを考えると、やっぱりその時はペットロス症候群から逃げられないと思うからです。

    子猫の価格に関してはピンキリですが、あまりにも安いペットショップは避けるべきだと思っています。私の経験上、あまりいい思い出がありませんね。

    ひとつお話すると、ネットで遠方のペットショップのサイトを見ていたら、マンチカンが3万円で売られていました。「え?!マンチカンが3万円?」と思い、主人と2時間かけ直接ペットショップへ見にいったのですが・・・

    結局、ワクチン代やその他もろもろで色々掛かり、合計は何と25万円に^^;何やかんやで25万円にもなれば、近場のペットショップでは、可愛いマンチカンが12万円で売られていましたので、その時は諦めることに。

    なんだぁとすこしがっかりしましたが、のちにそこのペットショップで働いた経験があるという人が、ネットで「ワクチン代を請求するものの、実はワクチンを打っていません」という暴露をしているのを目にしてしまい、購入しなくてよかった、と少しホッとしたのを覚えています。

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード