猫の嗅覚ってどのくらい?ニオイを嗅ぐ能力やその意味について

猫の嗅覚ってどのくらい?ニオイを嗅ぐ能力やその意味について

猫の嗅覚は犬ほどではないにしても、人間よりは優れていると言われています。一体どの程度優れているのでしょうか?またその嗅覚を使って猫は何をしているのでしょう?気になる猫の嗅覚についてお伝えします!

178view

目次
猫の嗅覚はどのくらい?
猫の嗅覚を人間と比較すると何倍?
猫の嗅覚が発達した理由とは
猫は嗅覚をどのように活かしているの?
猫が体をこすりつけるのはなぜ?嗅覚との関連性は?
猫の嗅覚まとめ

猫の嗅覚はどのくらい?

猫の嗅覚は、どの程度のニオイを嗅ぎ分ける事が出来るのでしょうか?猫の嗅覚で特徴的なのが、ニオイを感知する能力だけではなく、ニオイを「嗅ぎ分ける」能力がある、という事です。

よく飼い主の靴下のニオイや何かのニオイを嗅いだ後に口を半開きにして、ボ〜っとした表情になるのが面白い!と話題に取り上げられる事があります。これは猫的には決して変顔をして飼い主を喜ばせようとしているのではなく、「フレーメン反応」と言って、フェロモンなどのニオイを嗅ぎ分けています。

口を開けて、口の中にあるヤコブソン器官というニオイを分析する器官で、どういうニオイなのかを嗅ぎ分けているのです。これをやられると一見、「クサいの?」と人間は思ってしまうのですがそうではなく、猫としては分からないニオイだからチェックしている、という行動なのです。

猫の嗅覚を人間と比較すると何倍?

猫の鼻アップ

猫の嗅覚は人間の数万〜数十万倍と言われています。とは言っても、人間の数万倍ニオイを強烈に感じるという事ではありません。ニオイの濃度が人間が感じ取れる濃度の数万分の1〜数十万分の1でも感じ取ることが出来る、という事です。これは、猫の鼻にあるニオイを感知する細胞が人間よりもはるかに多い為です。犬は人間の100万倍嗅覚が優れている、と言われていますから犬ほどではないにせよ、人間の基準で考えると相当鼻が利くということです。

猫の嗅覚が発達した理由とは

匂いを嗅ぐ猫

猫にとって「ニオイを嗅ぐ」事は死活問題です。最悪視力や聴覚を失っても、ケアしてくれる飼い主がいれば暮らしていけます。ですが万が一嗅覚を失った場合には、ちょっと危険です。元々視力もあまり良くない猫はニオイを嗅ぐ事で危険か安全かを判断しているからです。ニオイを嗅ぎ分けることができなければ、自分の身の安全を守ることが難しいのです。

猫は嗅覚をどのように活かしているの?

鼻チューする猫

何でもクンクンとニオイを嗅ぐ猫ですが、そんなにニオイばかり嗅いで、何をしているのでしょうか?それにはいくつか理由があります。

猫は嗅覚を使って食べられる物か判断している

ニオイを嗅ぐことで食べられるものなのか、腐っていないかなどのチェックをしています。食べ物であっても、ニオイがしないものは口にしようとしません。我が家の猫も、しばらく置いてあったドライフードはニオイが飛んでしまうのか口をつけません。袋から出して直ぐのものは食べます。

猫風邪やその他の病気で嗅覚が鈍ってしまうと食べ物かどうかの判断が出来ずに、食べない場合があります。これには注意が必要で、なるべく猫が食べ物だと分かるように鰹節(猫用)をトッピングしたり、少し温めてニオイをさせるなど工夫をしてあげましょう。食べ物を食べないと体力も低下してしまいますし、病気も治りにくくなります。

猫は嗅覚を使って縄張りの確認をしている

猫は自分の縄張りには自分のニオイをつけています。ですから、ニオイを嗅ぐことで誰の縄張りなのか確認をしています。うっかり他の猫の縄張りに入ってしまい、怒られたら怖いですものね〜!

猫は嗅覚を使って挨拶をしている

可愛い猫の仕草としても取り上げられる、猫の鼻チューですが鼻と鼻を接近させてニオイを嗅ぎ、挨拶をして敵対心が無いことを示しています。食べたものや行った場所の情報交換をしている、とも言われています。慣れてくると人間にも鼻を近づけて挨拶してくれます。一応こちらもニオイを嗅いでみますが、残念ながら何のニオイも感じ取れない事がほとんどです。

猫は嗅覚を使って相手の情報を確認している

鼻の挨拶をした後は、肛門のニオイを嗅いで相手の年齢や体調、生殖可能かなど、相手の情報をチェックしています。優位な猫が下位の猫のニオイを嗅ぐ、と言われていますが、我が家ではお互い相手に気がつかれないようにスキを見て、コソっと嗅いでいる気がしなくもありません。飼い主にも嗅いでいいよ、とばかりにお尻を見せてくることがありますが、さすがに躊躇しますね。

猫が体をこすりつけるのはなぜ?嗅覚との関連性は?

体をこすりつける猫

猫は飼い主の体や家の柱、家具など、様々な場所に体をこすりつけます。猫には頬の両側や唇の両側、顎の下、肉球などに臭腺と呼ばれるニオイを出す器官があります。体をこすりつけることで自分のニオイを付け、縄張りや所有権を主張していると言われています。後から自分のニオイを嗅ぐことで安心出来るのでしょう。

猫が体をこすりつけるのはそれだけの理由ではなく、他には親しみを表していたり、優位者への挨拶として行うこともあります。我が家の猫はご飯をねだる時にだけ私に体をこすりつけますが、これはなぜなのでしょうか?よほどご飯が欲しくて、へりくだっているのかもしれません。

猫の嗅覚まとめ

身を低くする猫

猫が懸命にニオイを嗅いでいる時は鼻がヒクヒクして目も細くなり、可愛らしい限りです。ですが猫にとってニオイを嗅ぐ事は死活問題です。大事な鼻がつまらないように、ケアしてあげたいものですね。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード