ノルウェージャンフォレストキャットの飼い方

ノルウェージャンフォレストキャットの飼い方

その名の通り、ノルウェー出身の「ノルウェージャンフォレストキャット」。大きくてフサフサな被毛が特徴のノルウェージャンフォレストキャットは一体どう飼うのが良いのでしょう?これからノルウェージャンフォレストキャットを飼いたいと思っている方に飼い方をご紹介します。

582view

ノルウェージャンフォレストキャットの飼い方【食事】

見つめるノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャットは3年くらいかけて成猫へと成長する大型猫です。あの大きくてたくましい筋肉質な体、しっかりとした骨格、美しい被毛を作り上げるために良質なフードを与えましょう。
猫は本来肉食動物なので高タンパク・高カロリーのフードが望ましいでしょう。

ノルウェージャンフォレストキャットの飼い方【運動】

期の上のノルウェージャンフォレストキャット2

ノルウェージャンフォレストキャットは運動能力が高く、木や岩場に登ったり獲物を捕らえるのが上手い猫種です。
性格はおとなしいですが、がっしりした体つきで体力もあるのでオモチャで遊んであげることが大切です。上下運動のできるキャットタワーを用意して、ひとりで遊べる環境も整えてあげましょう。

また、本棚や家具の上に登ることも好きなので落下事故にも気をつけましょう。

ノルウェージャンフォレストキャットの飼い方【お手入れ】

3匹のノルウェージャンフォレストキャット3

ノルウェージャンフォレストキャットはあのゴージャスな被毛が最大の特徴です。
ダブルコートとなっていて、寒さの厳しい場所で生き抜いてきたため防寒防水できるくらい密度も高くなっています。1日2回はピンブラシやスリッカーでブラッシングやコーミングして、抜け毛を取り除いてあげるとともに皮下に空気を通してあげてください。
また、被毛は薄い皮脂で覆われていて、皮脂に汚れがついて黒ずんだり、放っておくと雑菌が繁殖して皮膚炎を起こすことにつながります。シャンプーは月に1~2回はしてあげましょう。
被毛は水を通しにくい構造になっているので、シャンプーのときは毛をよくかき分けて濡らしてあげてくださいね。

ブラッシングやシャンプーを怠ると、毛球症といって猫がセルフグルーミングする際に飲み込んでしまう抜け毛が胃に溜まってしまう病気になってしまったり、熱中症になりやすくなってしまいます。夏場はサマーカットにしてしまうのも一つの手でしょう。寒くなる冬には元通りに毛がフサフサになるので心配いりません。
熱中症はお手入れもそうですが、室内の温度にも気を配ってあげてくださいね。

ノルウェージャンフォレストキャットはストレスを溜めやすい

遠くを覗くノルウェージャンフォレストキャット

おとなしくて我慢強い性格なので、小さな子どもや他のペットがしつこく構っても温厚に接することができるノルウェージャンフォレストキャットですが、その性格ゆえストレスを溜めこんでしまうことがあります。
また、運動不足もストレスの原因になります。
飼い主がよく観察して、少しの変化も見逃さないようにしましょう。

まとめ

近年人気が出てきたノルウェージャンフォレストキャット。
被毛のお手入れと夏の温度管理に気を配ってあげれば、温厚でフレンドリーなのでとっても飼いやすい猫さんです。
ブラッシングはコミュニケーションの一環でもあるので、ペットと良い関係を築きたい方はぜひノルウェージャンフォレストキャットを飼ってみてはいかがですか?

スポンサーリンク

人気のキーワード