段ボール製猫ベッド「アスクの黒缶爪とぎ」レビュー

段ボール製猫ベッド「アスクの黒缶爪とぎ」レビュー

アスクが作った丸い形の段ボール製の猫ベッドを先日購入しました。中はすべて段ボールで、爪とぎにもなっており、猫がベッドに入ると自然と丸くなるので綺麗なニャンモナイトが出来上がるということで話題の猫用品です。使用法と猫の様子を公開します。

400view

段ボール製猫ベッド 購入の決め手

段ボール製猫ベッドの側面の写真

段ボール製猫ベッドの側面にはキャットフードの黒缶の写真がプリントされています。猫が大好きなマグロのフードの写真が、猫によく似合うんです。うちの猫はマグロが大好きなので、きっと喜んでくれると思ってこの商品を購入してきました。

段ボール製猫ベッドの使い方

段ボール製猫ベッドの内部の様子の写真

付属のキャットニップを使う

段ボール製猫ベッドにはキャットニップが付属しています。初めて猫の目の前にこのベッドを置いたときは、さすがに警戒すると思います。繊細な猫ならしばらくは寄り付いてもくれないかもしれません。そんなときに頼りになるのが、付属のキャットニップです。

新しいものに興味を持ってもらうときはいつも使わせてもらっています。まずキャットニップを段ボール製猫ベッドの中にばらまきます。そうするだけで、猫はお鼻をヒクヒクさせながら寄ってきてくれました。そのしぐさや目つきを見ているだけでときめくくらいです。

あとは猫の自由に任せるだけ

猫がベッドに入ってくつろいでいる写真

興味を持ってくれたら猫の好きなようにさせておくだけです。猫が好きなタイミングで爪をといだり、好きな時に丸まってニャンモナイトを見せてくれたりするようになるのです。うちの猫は使用開始から3時間後には、段ボール製猫ベッドの中で見事なニャンモナイトを作って見せつけてくれました。

普通にその辺のカーペットの上でできてるニャンモナイトを見るよりも、段ボール製猫ベッドのような丸くてサイズがぴったりの入れ物の中でできてるニャンモナイトは丸みが強調されて、より猫本来のかわいい魅力がアップしているような気がします。

段ボール製猫ベッドの使用方法

ニャンモナイトを真上から見た写真

段ボール製猫ベッドは上から入ってその中で丸くなるだけなので、間違った使い方をされてしまう心配はほとんどありません。興味を持ってもらえさえすれば、うちの猫のように期待通りの使い方をしてくれるようです。

このベッドを購入する前に使っていた、正面の穴からくぐって入るタイプの猫ベッドはどうしても上に乗っかって押しつぶして使っていました。

この段ボール製猫ベッドの場合は、上に乗っかるタイプなので、穴に入るよりも上に乗るのが好きな性格の猫には相性がいいものだということがわかります。

今も、1日1回はきれいなニャンモナイトを見せつけてくれるので、目の保養になっています。猫も今まで以上に安心しきって寝ているようで、熟睡してくれているのがよくわかります。丸くなっている状態で聞かせてくれる寝息もかわいらしいですよ。

まとめ

段ボール製猫ベッドの中で熟睡している様子
  • 段ボール製ベッドの魅力は丸くなる猫の丸みを堪能できること
  • 丸まっている猫を見るのが好きな飼い主にぴったり
  • 上に乗って寝るのが好きな性格の猫に相性抜群
  • 猫も、体型にぴったり合ったサイズの丸いベッドが落ち着くのか、本当によく熟睡できている様子。

スポンサーリンク

人気のキーワード