アビシニアンの値段の平均価格や個体差による違い

アビシニアンの値段の平均価格や個体差による違い

アビシニアンとは起源についてははっきりと分かっていない不思議な猫です。外見的にも神秘的な雰囲気があり、大きめな耳や大きなアーモンド型の目は特徴的です。アビシニアンを購入する時のお値段とは?平均的な値段や個体差による値段の違いをお伝えします。

332view

アビシニアンという猫の特徴

噛むアビシニアン

アビシニアンは人懐こく、まるで犬のような性格から飼いやすいと人気がある猫種です。いたずら好きな一面も。神秘的な外見と性格のギャップが楽しい猫ですね!頭が良いので飼い主の言う事を理解し、名前を呼ぶと寄って来ます。短毛種なのでお手入れも簡単で、水を怖がらない傾向がありますので、子猫の時からシャンプーに慣れさせておくと成猫になってもやりやすいです。

このように親しみやすい性格やお手入れのしやすさも手伝ってか、人気が高いので日本での頭数も多い傾向にあります。ペットショップでもブリーダーでも手に入れやすいでしょう。成猫でも良ければ、里親募集の件数も多いです。

アビシニアンのペットショップでの値段

綺麗なアビシニアン

アビシニアンの値段はペットショップで購入する場合、ショップによっても値段に差がありますが、15万円〜30万円位になります。ペットショップにいるアビシニアンも元はブリーダーが育てた猫なのですが、ペットショップに流通するまでに中間業者が入りますので、その分、値段がブリーダーよりも高くなる傾向にあります。

中には「パピーミル」と呼ばれる子猫生産工場のような非人道的な繁殖業者から来ている猫もいます。その惨状はここでは語り尽くせませんが、パピーミルから来た猫は体が弱かったり、既に疾患を持っており、購入後にすぐ亡くなってしまうこともあります。ペットショップで購入する際には必ず、繁殖をしたブリーダーが確認出来る子を購入する方が安心です。

アビシニアンのブリーダー(キャッテリー)での値段

こちらを見るアビシニアン

アビシニアンの値段は、ブリーダー(キャッテリー)で購入する場合は、5万円〜20万円位になります。アビシニアンのブリーダー(キャッテリー)は比較的多く、検索をすれば直ぐに探す事が出来ます。各ブリーダー毎で繁殖のこだわりが違いますので、比較してご自身に合った所を見つけると良いでしょう。ブリーダーから購入する場合も必ず、現地に出向き実際のアビシニアンに会って決めましょう。その際にブリーダーが信頼出来るブリーダーなのかを確認することも必要です。

個体差によるアビシニアンの値段の違い

凛としているアビシニアン

アビシニアンに限らず言える事ですが、成猫よりも子猫の方が値段が高いです。前述したアビシニアンの値段は全て子猫のものです。子猫の中でも月齢が低ければ低い程高くなりますが、これはペットショップではかなり顕著です。

アビシニアンの成猫は販売している事が少ないですが、里親として迎える事が出来ます。個体代は無料で、譲渡の際にかかるとしてもワクチン代や去勢・避妊手術代程度になります。行き場のないアビシニアンを助ける事にもなりますし、値段以上の価値のあることと言えるでしょう。

またアビシニアンには基本的にルディ、レッド、フォーン、ブルーの4色の毛色があり、毛色により値段が違う、という説もありますが、毛色の違いというよりかはペットショップやブリーダー(キャッテリー)により価格差があるように思います。

毛色が違くても同じブリーダーであれば全て同じ値段、という所もあります。毛色にも流行があり、その時の人気色は値段が高くなる傾向は多少なりともあるとは思いますが、迎え入れるアビシニアンを決める時は流行に流されるのではなく、実際に会いにいった時の印象などで決めるのが1番でしょう。

アビシニアンの値段のまとめ

上を向くアビシニアン

神秘的な外見と人懐こく飼いやすい性格から人気の高いアビシニアン。その値段はペットショップでは15万円~30万円、ブリーダーからでは5万円~20万円、といったあたりが相場です。毛色の流行も気になる所ですが、ご自身がピンと来た子を迎えるのがベストといえます。数万円〜数十万円を支払って子猫を迎えるのも良いですが、行き場のない成猫のアビシニアンを迎えることも是非、ご一考頂きたいと個人的には思います。

▼アビシニアンについて詳しく知りたい方はこちら
アビシニアンってどんな猫?性格や特徴、気を付けたい病気は?

女性 Keiko

アビシニアンは、その見た目がなんだか独特でとてもキレイなねこちゃんですが、起源がよくわかっていないんですね。そう考えると、アビシニアンが持っているあの不思議な雰囲気も納得です。毛色も独特というか、他のねこちゃんにはない毛並みですし、記事にもかいてある通り、水あそびが好きというのも聞いたことがあります。結構ペットショップさんで見かけるねこちゃんですが、やはりしっかりしたブリーダーさんから家族に迎え入れるほうが安心ですし、可能であれば大きくなったねこちゃんの里親になってもらうのも1つですね。私の周りでもペットショップさんやブリーダーさんから大きくなってしまったので、販売(あまり使いたくないですが)できなくなった子を引き取って家族に迎え入れた方もちらほらいますので、そういうところにも目を向けていただけるといいですね。

スポンサーリンク

人気のキーワード