猫のおしっこが出ない原因と考えられる病気、その対処法

猫のおしっこが出ない原因と考えられる病気、その対処法

愛猫のおしっこが出ない…そんな経験ありませんか?猫ちゃんが病院にかかる際に非常に多いのが泌尿器疾患、つまりおしっこ出ない、等の尿に関する病気と言われており、どの飼い主さんにとっても決して他人事ではありません。もし愛猫ちゃんのおしっこが出ない等の異変が起きたら?そんな時に参考にしてもらいたい情報をまとめてみました。

249view

猫のおしっこが出ない原因

おしっこが出ない猫

「そういえば愛猫ちゃんが長らくおしっこをしていない、、、」そういった場合、幾つか原因が考えられます。
ひとつは身体の「病気」、二つ目はストレスに関係してくる「飼育環境」です。後者は、飼い主さんの努力と時間が解決してくれるかもしれませんが、病気が原因と思われるサインが見えた場合は早急に対応する必要があります。

猫のおしっこが出ない時に考えられる病気

トイレと猫

おしっこが出ない場合に疑われる病気は、主には下記の3つと言われています。
尿に関する疾患はどれも隣り合わせなので、併発しないよう早め早めの治療が重要です。

猫のおしっこが出ない原因①尿路結石症

尿路結石症は、腎臓、尿管、膀胱、尿道のいずれかに結石ができる病気です。

その兆候は様々で、「一日のおしっこの回数が多い(3~4回以上)」「一回当たりのおしっこの時間が長い」「おしっこに血が混じっている」など、おしっこをしている様子から発見出来るケースが多いようですが、尿路結石が痛くておしっこが出来なくなっている場合も十分にありえます。

猫のおしっこが出ない原因②膀胱炎

膀胱炎は、膀胱が炎症が起こすことで腫れや痛みで頻尿やおしっこが出来なくなる病気です。

医学的な原因として、尿道から入った細菌が尿管を伝って炎症を起こすと言われていますが、
「突発性膀胱炎」という原因がはっきりわからない症例も多く、肥満、飲水不足、寒さ、ストレスによるものではないか?と考えられています。特に若年の猫に多く、さらに尿道の細いオス発症しやすい傾向にあるようです。

猫のおしっこが出ない原因③尿毒症

尿毒症は、腎臓の機能が低下することで老廃物の排出が出来なくなってしまう病気です。

老廃物の処理が出来ない状態なので、各臓器に悪影響が及ぼされ、おしっこをしないと同時に<口臭や食欲不振などの兆候、更には無理に毒素を排出させるため、嘔吐や下痢などをするようになります。

また、尿路結石症による欠席が尿道や尿管につまることで排尿が出来なくなり、尿毒症を引き起こす恐れがあるので、早急に専門機関の治療が必要となります。

猫のおしっこが出ない時の対処法

おしっこが出なくて苦しい

トイレを清潔にする

猫ちゃんは”家になつく”と言われるくらいに、非常に環境に左右される生き物であり、非常にキレイ好きです。自らの身体のブラッシングはもちろんのこと、自身が排泄する場所の清潔さを非常に気にします。

砂やトイレシートを定期的に変えるのはもちろんですが、お家の中でのトイレの配置やタイプが原因でおしっこが出来ていない可能性もあるので、清潔を保つために2週間に一回程度は丁寧な拭き掃除をしてあげましょう。

お水をたくさん飲ませる

おしっこを出してもらうためには、その元となるお水を飲んでもらう必要があります。しかし、トイレと同様に猫ちゃんは食事の環境にも非常にデリケートです。心地よくお水を飲んでもらうために、「器を清潔に保つ」「器を置く場所を変える」なども試してみましょう。

運動をさせる

人間同様、排泄に重要なのが運動。猫は本来狩猟本能を持っており、しっかり動き回れる環境が無いと、慢性的運動不足及び大きなストレスの原因となります。

爪とぎ、キャットタワーはもちろんのこと、おもちゃを通したコミュニケーションで定期的に発散させてあげましょう。

腎臓ケアのフードに変える

おしっこは毒素なので、腎臓がしっかりと機能することが大前提。合わせて、猫は腎臓が生まれつき強くない生き物なので、毎日のフードを腎臓ケアに特化したものに切り替えて様子を見るのも一手です。

まとめ

トイレでうなだれる猫

如何でしたか?代表的な原因や対処法を挙げましたが、猫の異常を感じたらまずは早めに動物病院にかかることをオススメします。プラスで普段からの予防を積極的に行うことで、発症率は更に下がることでしょう。愛猫ちゃんとのハッピーライフを過ごすために、普段の生活しっかりケアしてあげて下さいね♪

女性 ゆんゆん

記事にもありました、猫の特発性膀胱炎の治療法についてもう少し詳しく述べます。推奨されている治療法に、ストレス管理、栄養療法、トイレの管理が挙げられます。まずストレス管理について。猫の不適切な場所での排泄を発見しても、罰は与えない方が良いです。懲罰でトイレトレーニングすることは、一貫性がなかったり、タイミングが悪いと効果もなく、猫に不安や恐怖、ストレスを生じさせてしまいます。また、多頭飼いの家では、猫同士の関係も重要です。猫同士の喧嘩はストレスの要因となります。猫同士の関係改善には猫が利用可能なおもちゃを室内環境に豊富に用意することです。1匹ずつ休めることのできるキャットタワーを設置したり、相性の悪い猫同士は隔離したりすることも良いでしょう。次に栄養療法について。特発性膀胱炎には水分を多く含むウェットフードやオメガ3脂肪酸、抗酸化成分を含む療法食の利用が推奨されています。ヒルズのc/dマルチケアが有名ですよね。さらに、フードを与える際にはキャットタワーや何かしらの遮蔽物を使って猫1匹のプライバシー空間を作ると良いです。最後にトイレの管理についてです。特発性膀胱炎を認めた時には、トイレの場所を変えてみる(騒音の少ない場所など)、スタイルの違うトイレにしてみる(カバーをはずずなど)、トイレの下の素材を変えてみる、トイレ掃除をこまめに行うなど、一つずつ試してみると良いでしょう。理想的なトイレとして、大型で、砂は粘土質で固まるタイプ、5センチ以上の砂がある、清潔で、猫が近づきやすいが人通りなどは少ない場所にあることが挙げられます。猫の特発性膀胱炎にはストレスが原因の一端となっています。これらの治療法は猫の行動学的アプローチも含まれているため、実践してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

人気のキーワード