猫用ミルクの選び方や注意点 緊急用のレシピまで
アニマルヘルステクニシャン、ドッググルーミングスペシャリストなど

猫用ミルクの選び方や注意点 緊急用のレシピまで

子猫を飼い始めた時や生まれて間もない子猫を保護した時に与える猫用ミルク。大人の猫でも好きな子は多いですよね♪初めて猫を飼う方は「人間が飲むミルクじゃダメなの?どの種類でもいいの?」などいろんな疑問があると思います。これを参考に子猫・成猫それぞれに合った猫用ミルクを選びましょう。

231view

猫用ミルクと人間用ミルク(=牛乳)の違い

牛乳

ペット用品も豊富になり「猫用ミルク」という物が販売されているにも関わらず、「うちの子、牛乳が好きでよく飲むのよ」と猫に人間用ミルクを与えているご家庭も多いのではないでしょうか?確かに牛乳はどのご家庭にもたいてい買い置きしてあって、人間が飲むついでに猫ちゃんにもあげられて手軽ですもんね。しかし、猫用ミルクと牛乳では含まれている成分がかなり異なるのです。

子猫に人間用ミルク(牛乳)を与えない方がいい理由

猫用ミルクと牛乳では必要な栄養素が異なり、タンパク質や脂肪が牛乳よりたくさん含まれ、乳糖が少ないのが特徴です。牛乳には猫の母乳の3倍もの乳糖が含まれるため、減らす必要があります。

乳糖を分解するための「ラクターゼ」という酵素を持つ量は動物種で異なり、自分の母親の母乳に含まれる乳糖を分解出来る分の酵素しか持っていないので、すべて分解できずに下痢を起こすことがあります。中には牛乳を飲んでも平気な子もいるかもしれませんが、子猫で下痢が続くと命に関わることもあるので牛乳は避けた方が良いでしょう。

特に離乳できていないくらいの子猫に猫用ミルクではなく牛乳を与えることは、栄養バランスも崩れることになるのできちんと猫用ミルクをあげましょう。

成猫に牛乳を与えない方がいい理由

ラクターゼは成長して離乳すると必要なくなり減少するため、子猫より分解できなくなります。人でも牛乳を飲むとお腹を壊しやすい人とそうでない人がいるように猫にも個体差がありますが、スプーン1杯でも「乳糖不耐症」になって下痢を起こす子もいるのでオススメしません。少量あげて下痢を起こすようなら、今後は猫用ミルクに切り替えましょう。

また、高齢猫に牛乳をあげるときは牛乳中のナトリウムイオンが心臓に負担を与えると言われているため注意が必要です。

もし、牛乳を飲んで体が痒くなったり咳が出る場合は乳糖不耐症ではなく牛乳アレルギーの可能性があるので、牛乳を与えるのを止めて動物病院に行きましょう。

猫用ミルクの選び方・与え方

粉末タイプの猫用ミルク

ミルクの粉末をお湯に溶かして作るタイプです。作る手間はかかりますが、必要な分だけ作れるため無駄にならない上に長期間の保存がききます。費用も液体タイプに比べて抑えられます。

液体タイプの猫用ミルク

もうすでにミルクが出来上がっている状態で売られているので、作る手間が省けます。しかし使い切りが多いので、開封したら長期間の保存はききません。子猫用、成長期用、成猫用、シニア用など種類が豊富です。

注意点

子猫の場合

子猫
子猫には子猫用のミルクを与える

成猫用のミルクでは子猫に必要な栄養素を補えないため栄養失調になる恐れがあります。

哺乳瓶、スポイト、シリンジの準備

生後2~3週の生まれて間もない赤ちゃん猫はまだ自力でミルクを飲めないので猫用の哺乳瓶やスポイト、シリンジを使って飲ませます。お皿で飲めるようになったら哺乳瓶などであげるのはやめましょう。

子猫にはミルクを温める

子猫はお腹を壊しやすいので、粉末タイプならお湯で溶かしたミルクを38度くらいまで冷ましてから、液体タイプなら38度くらいにミルクを温めてからあげましょう。

成猫の場合

成猫
成猫用のミルクを与える

小さいときにあげていたものを好んで飲むからと子猫用ミルクを与え続けると肥満の原因になります。子猫用ミルクは栄養価が高くてさらに高カロリーなため、量も調整しないと太ります。

成猫には冷たいままで

成猫に温かいミルクを与えると、胃の中で冷める時に脂肪の膜が胃壁にくっついて消化不良を起こすためです。

猫用ミルクがないときの緊急用ミルク

猫とミルク
  • 牛乳 250cc
  • 卵黄 1個
  • 砂糖 ティースプーン4杯

温めた牛乳に卵黄と砂糖を加えます。卵白は猫に良くない食べ物なので取り除いてくださいね。

生後間もない子猫を突然保護することになった時や買い置き忘れなど、すぐに猫用ミルクが必要だけど買えない場合の緊急用として、牛乳を使う場合に栄養価を高める方法です。この手を使うのは1回にして、次からは猫用ミルクを与えましょう。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター