猫用ミルクの選び方や注意点について

猫用ミルクの選び方や注意点について

子猫を飼い始めた時や生まれて間もない子猫を保護した時に与える猫用ミルク。大人の猫でも好きな子は多いですよね♪初めて猫を飼う方は「人間が飲むミルクじゃダメなの?どの種類でもいいの?」などいろんな疑問があると思います。これを参考に子猫・成猫それぞれに合った猫用ミルクを選びましょう。

2160view

猫用ミルクの選び方や与え方

ミルクを飲む子猫

粉末タイプの猫用ミルク

ミルクの粉末をお湯に溶かして作るタイプです。作る手間はかかりますが、必要な分だけ作れるため無駄にならない上に長期間の保存がききます。費用も液体タイプに比べて抑えられます。

液体タイプの猫用ミルク

もうすでにミルクが出来上がっている状態で売られているので、作る手間が省けます。しかし使い切りが多いので、開封したら長期間の保存はききません。子猫用、成長期用、成猫用、シニア用など種類が豊富です。

猫用ミルクを与える際の注意点

子猫の場合

子猫
子猫には子猫用のミルクを与える

成猫用のミルクでは子猫に必要な栄養素を補えないため栄養失調になる恐れがあります。

哺乳瓶、スポイト、シリンジの準備

生後2~3週の生まれて間もない赤ちゃん猫はまだ自力でミルクを飲めないので猫用の哺乳瓶やスポイト、シリンジを使って飲ませます。お皿で飲めるようになったら哺乳瓶などであげるのはやめましょう。

子猫にはミルクを温める

子猫はお腹を壊しやすいので、粉末タイプならお湯で溶かしたミルクを38度くらいまで冷ましてから、液体タイプなら38度くらいにミルクを温めてからあげましょう。

成猫の場合

成猫
成猫用のミルクを与える

小さいときにあげていたものを好んで飲むからと子猫用ミルクを与え続けると肥満の原因になります。子猫用ミルクは栄養価が高くてさらに高カロリーなため、量も調整しないと太ります。

成猫には冷たいままで

成猫に温かいミルクを与えると、胃の中で冷める時に脂肪の膜が胃壁にくっついて消化不良を起こすためです。

猫用ミルクと人間用ミルク(牛乳)の違い

牛乳

ペット用品も豊富になり「猫用ミルク」という物が販売されているにも関わらず、「うちの子、牛乳が好きでよく飲むのよ」と猫に人間用ミルクを与えているご家庭も多いのではないでしょうか?確かに牛乳はどのご家庭にもたいてい買い置きしてあって、人間が飲むついでに猫ちゃんにもあげられて手軽ですもんね。しかし、猫用ミルクと牛乳では含まれている成分がかなり異なるのです。

子猫に人間用ミルク(牛乳)を与えない方がいい理由

猫用ミルクと牛乳では必要な栄養素が異なり、タンパク質や脂肪が牛乳よりたくさん含まれ、乳糖が少ないのが特徴です。牛乳には猫の母乳の3倍もの乳糖が含まれるため、減らす必要があります。

乳糖を分解するための「ラクターゼ」という酵素を持つ量は動物種で異なり、自分の母親の母乳に含まれる乳糖を分解出来る分の酵素しか持っていないので、すべて分解できずに下痢を起こすことがあります。中には牛乳を飲んでも平気な子もいるかもしれませんが、子猫で下痢が続くと命に関わることもあるので牛乳は避けた方が良いでしょう。

特に離乳できていないくらいの子猫に猫用ミルクではなく牛乳を与えることは、栄養バランスも崩れることになるのできちんと猫用ミルクをあげましょう。

成猫に牛乳を与えない方がいい理由

ラクターゼは成長して離乳すると必要なくなり減少するため、子猫より分解できなくなります。人でも牛乳を飲むとお腹を壊しやすい人とそうでない人がいるように猫にも個体差がありますが、スプーン1杯でも「乳糖不耐症」になって下痢を起こす子もいるのでオススメしません。少量あげて下痢を起こすようなら、今後は猫用ミルクに切り替えましょう。

また、高齢猫に牛乳をあげるときは牛乳中のナトリウムイオンが心臓に負担を与えると言われているため注意が必要です。

もし、牛乳を飲んで体が痒くなったり咳が出る場合は乳糖不耐症ではなく牛乳アレルギーの可能性があるので、牛乳を与えるのを止めて動物病院に行きましょう。

猫用ミルクがないときの緊急用ミルク

猫とミルク
  • 牛乳 250cc
  • 卵黄 1個
  • 砂糖 ティースプーン4杯

温めた牛乳に卵黄と砂糖を加えます。卵白は猫に良くない食べ物なので取り除いてくださいね。

生後間もない子猫を突然保護することになった時や買い置き忘れなど、すぐに猫用ミルクが必要だけど買えない場合の緊急用として、牛乳を使う場合に栄養価を高める方法です。この手を使うのは1回にして、次からは猫用ミルクを与えましょう。

女性 Keiko

緊急用のミルクの作り方は参考になりました‼︎実際、子猫を拾う、育てるとなった時は、だいたいが突然ですし、夜などホームセンターなどが閉まっていたりする時間だとどうしていいかわからないので、一回きりの使用だとしてもこれを知っているだけでだいぶ違う気がします。また、私の知り合いのねこちゃんにも、ミルクが好きな子がいて、大人になった今でもねこちゃん用のミルクをお水に少し混ぜないと飲まない子がいます。たまに記事にもかいてある通り、牛乳をあげてらっしゃる方もいるお話は聞きますが、安易にあげるのはやはりナンセンスですね。擬人化するのはいいと思いますが、猫ちゃんは人という種類ではないので、食べていいもの、悪いものは飼い主側もしっかり把握すべきですね。

30代 女性 tonakai

今人生で初めて猫を飼育していますが、離乳が完了した子猫だったのでミルクに関して知らないことが多いです。牛乳は下痢をしてしまうので与えてはいけないというのは知っていましたが、理由は人間と同じなんですね。ミルクを与えるにしても、成猫の場合は冷たいままでいいということに驚きです。
私が子供の頃に子猫を見つけて、お皿に牛乳を入れて子猫の目の前に出してみましたが飲みませんでした。今となっては「飲まなくて良かった」と感じます。また、ミルクに関する知識がない頃に我が家の猫に牛乳のニオイを嗅がせてみましが、興味なさそうで安心しました。
猫を飼育していると、いつか子猫を保護するんじゃないかと思います。今は関係なくても子猫のミルクについて知っていると安心ですね。

30代 女性 ポン酢

私の家では、牛乳を常備する習慣がありません。
私自身があまり好きではない事が一番の理由ですが、主人も牛乳を飲むとお腹が緩くなるタイプなので、料理で必要な時だけ、500ml程度のものを買うパターンが多いです。
猫ちゃんも、牛乳が合う子・合わない子がいるんですね!

うちの子も、子猫の頃はミルクをあげていましたが、大人になってからは気が向いた時に買ってあげる程度。
大体売っているペット用ミルクが200mlですが、使いきれずに処分する事ももあります。

お店にも大体猫用ミルクが並んでいるからか、なんとなく、猫はミルクが好き!と頭にありましたが、好みはそれぞれなんですね。

人用の牛乳はダメ!と言うのも、実は大人になってから知りました。
子供の頃、家に顔を出していた外猫に、人用のミルクをあげてしまっていた記憶を思い出して、今更ながら可哀そうな事をしてしまってたんだ、と反省です。

知らないって、怖い事ですね(><)

20代 男性 慶

過去に保護した猫たちは、すでに歯が生え始めている子猫ばかりだったので、ミルクを与えたことがありませんでした。記事にあった緊急用ミルクの作り方は、とても参考になりました!今後、万が一緊急で猫用ミルクが必要な場合は、試してみようと思います。

成猫用ミルクが販売されていることや、記事にも飲ませ方があったように、成猫になってもミルクを与えることがあるのかと気になり、色々と調べてみました。やはり、成猫向けのミルクは少ないものの、栄養補給として推薦されているものもありました。食欲が減退する夏場などに、フードにプラスして与えるのがいいようです。フードにふりかけるのもOKだそうですね!

うちの猫は、生後2ヵ月程で保護したので、ミルクを飲ませたことがありません。ただ、最近便秘がちだったので、ミルクを試してみようかと思います。ただ、アレルギーなどには十分に注意が必要だということなので、少量から始めてみようと思います。
人気のキーワード