猫のウイルス性鼻気管炎〜原因や症状、治療法や予防法まで〜
ゆん
元獣医師

猫のウイルス性鼻気管炎〜原因や症状、治療法や予防法まで〜

猫風邪と呼ばれる猫のウイルス性鼻気管炎は一般的には軽症で終わる病気ですが、子猫や老齢猫、エイズウイルス感染などがある猫にとっては厄介な病気です。ここでは猫のウイルス性鼻気管炎について詳しく説明します。

176view

目次
猫のウイルス性鼻気管炎とは?
猫のウイルス性鼻気管炎になる原因
猫のウイルス性鼻気管炎の症状
猫のウイルス性鼻気管炎の治療法
猫のウイルス性鼻気管炎の予防法
まとめ

猫のウイルス性鼻気管炎とは?

ぐったりする猫

猫のウイルス性鼻気管炎は一般的に「猫風邪」と言われていますが、ウイルス性疾患で猫同士でうつる病気です。原因ウイルスはヘルペスウイルスと呼ばれるもので、一度感染すると、このウイルスは三叉神経節という脳神経系の部分にとどまります。つまり、症状が回復しても、ウイルスが体内に存在したまま、ということです。

このため、慢性の鼻炎に移行することもありますし、体力が衰えたりストレスがかかったりすると再び呼吸器症状が出てしまうことがあります。このヘルペスウイルスは感染猫の鼻汁や唾液、排泄物などから排出されるため、他の猫への感染に繋がる可能性があります。また、猫カリシウイルス感染症やクラミジア感染症との混合感染が起こると、症状が重症化することがあります。

猫のウイルス性鼻気管炎になる原因

ウイルス

主に感染猫のくしゃみなどによる飛沫感染によって起こります。多頭飼いの場合、共有している食器皿、トイレなども原因となる場合があります。また、母猫から胎児への母子感染なども原因になります。

ヘルペスウイルスが最初に感染しやすい時期は、母猫からの移行抗体がなくなる生後8週齢前後です。母猫がウイルス感染を起こしていたり、ウイルスを保有しているキャリアだったりすると、グルーミング等の接触感染でも移ります。兄弟同士の感染が多いのもこのためです。

猫のウイルス性鼻気管炎の症状

うつむく猫

主に鼻水、流涙、目やに、くしゃみ、発熱、結膜炎、口内炎等の症状が出ます。カリシウイルス感染症との混合感染を起こすと口内炎の症状が強く出ることがあります。食欲不振や下痢などの消化器症状が出る猫もいます。目の症状がひどいと、角膜炎から角膜潰瘍に移行することもあります。免疫力が弱い子猫や老齢猫の場合、衰弱や脱水症状を示したり、肺炎などにかかってしまうこともあります。

通常の成猫の場合、感染後1〜5日の潜伏期間を経て発症し、約2〜3週間で回復します。

猫のウイルス性鼻気管炎の診断

この病気は、主に鼻水、流涙、目やに、くしゃみ、口内炎等の風邪症状ですぐ判断できます。

猫のウイルス性鼻気管炎の治療法

触られる猫

治療は主に抗生物質の内服と、インターフェロンの注射を投与します。抗生物質は二次的な感染予防が主な目的です。インターフェロンは1日おきに3回程(だいたい1週間を目安にする)注射すると症状が改善していきます。目の症状が強い猫に対しては、インターフェロンを混合させた抗生剤の目薬も有効だと思います。ファムシクロビルという抗ウイルス作用の内服薬がありますが、角膜炎などの目の症状にも効果的があるという報告もあります。

鼻炎がひどい場合、動物病院でネブライザー処置してもらうと、症状が緩和することがあります。もちろん自宅での飼育環境の見直しも重要です。多頭飼いであれば他の猫との隔離を徹底しましょう。また、栄養管理や室内保温も適切にしましょう。

治療を行なっても症状が良くならない場合、他のウイルス性疾患、例えば猫エイズウイルスや、猫白血病ウイルスに罹患している可能性があります。このようなウイルス感染がないかどうかは、血液検査で簡単に判定できます。

猫のウイルス性鼻気管炎の予防法

むすっとしている猫

猫のウイルス性鼻気管炎は通常の3種の混合ワクチンに含まれており、初年度2回、以後毎年1回接種しておくのが一番の予防法となります。

ただしこのワクチンというものは接種していれば感染しても軽症ですむというもので、決して感染しないということではないので注意しましょう。自宅で多頭飼いをしている場合は、猫同士で感染しないよう気をつけてください。感染猫の食器やトイレは塩素系漂白剤で消毒しましょう。

まとめ

すやすや眠る猫

猫のウイルス性鼻気管炎を、たかが猫風邪と思わずに、上記のような症状があれば早めに動物病院を受診しましょう。免疫力の弱い子猫にも多い病気ですし、重篤化すると命にも関わる病気です。蔓延させないように、この病気のことはしっかり覚えておいてくださいね。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード