先住猫と仲良くするには?多頭飼いの注意点や馴染めない子の対処法

先住猫と仲良くするには?多頭飼いの注意点や馴染めない子の対処法

猫好きな人ならやはり猫の多頭飼いは憧れるのではないでしょうか?一度に増やすのに抵抗はあっても、やっぱり猫に囲まれて暮らしたいのなら先住猫との相性は気を付けたいものです。先住猫のことをまずは一番に考えなければなりません。ここでは多頭飼いの参考になる情報をお教えします。

371view

目次
猫の多頭飼いにおいて先住猫の存在を考える
先住猫が成猫で後から加える猫も成猫の場合の注意
先住猫と新参猫を会わせる時は飼い主がいる中で
先住猫と新参猫のご対面には距離が重要
先住猫になかなか馴染めない猫の対処法
先住猫に新参猫、多頭飼いの良さ

猫の多頭飼いにおいて先住猫の存在を考える

一人で歩く猫

猫は単独で生きることを非常に好む生き物です。一見仲間同士に思えても、それは私たちが考えるような「仲間意識」で成り立っているのではありません。同じ場所がそれぞれ自分のテリトリーと重なっているだけで、それには必要な食糧確保が完全に個別で成り立ってる必要があります。猫は人間の様に食料を蓄えることはしませんので、餌がもらえる相手は知ることが出来ても、「量」はわかりません。そこで、まず自分が食べることが出来るということが完全にわかっったうえで、他の猫が同一テリトリー内に居ても、気にしなくなるだけなのです。

猫を複数頭飼いたい、あるいは先住猫が既にいて、子猫を新たに飼い始めるとか、成猫を増やしてみたいと思うのなら、先住猫には「食料は満たされている」ことをまず最初に覚えさせなければいけません。

多頭飼いに失敗した場合

通常、互いに体格が同じで同性の場合の猫は、ケンカやいざこざで決着がつかなかなければ、弱い方のオスは必ずその場所から脱走します。先住猫が既にいる場合、最初は新参の猫が脱走する確率は高いですが、1歳でも年齢が上で若い猫だった場合は先住猫が家出してしまうケースはよくあります。また、その環境が既に自分の縄張りとして気に入ら無くなれば、どちらの猫もその家から隙を見て脱走するなどのトラブルは増えます。

猫を後から増やすというのは、上手にやらないで方法を間違えると不幸にしかならないので要注意です。

先住猫が成猫で後から加える猫も成猫の場合の注意

2匹の成猫

一番良いのは、避妊手術済みのメスを加えることですが、オス同士の場合は物理的に餌の場所を変え、与えるエサも全く別の種類にします。先住猫は従来通りで構いませんが、後から家に来た猫と先住猫とは同じ餌を与えてはいけません。猫は同じ獲物への執着が強いため、なかなか新しい餌には切り替えてくれないものです。最初から一緒に複数頭飼っていない場合で、後から新しく猫を参加させるには、餌代もそれなりに費用負担がかかりますから、そこは留意しておいた方が良いでしょう。

ただし、約半年ほど暮らして落ち着いてくれば、先住猫は元の暮らしに全く変化が無いことがわかれば、同じ餌を与えてもケンカになるようなことはありません。

新参猫は、暫く別室で面倒を見る

これは子猫も同様ですが、新しく連れてくる猫は、先住猫との対面は「猫同士が興味や関心」を持ってもらうまでは、顔を合わせないようにします。猫はそれでも勘は鋭いので、別室に猫がいることは、物音ですぐ悟りますが、飼い主さんと一緒に隔離された部屋の中であるなら、自分の縄張りは邪魔されず済むので、暫く先住猫は大人しくなってくれます。

「ケージに新参猫を入れておく」という方法は、先住猫の立場としては常に「上位」に立つことになるため、新参猫の立場がその後も悪くなりがちです。猫というのは、自分が立っている場所の位置とか、環境によって一種の身分を決めるところがあります。よく猫が家の中で一段高い場所によくいるのは、自分が縄張りで一番上ということを態度で示しているからです。

脅したり威嚇して排除しない代わり、態度で示すのが猫の縄張り意識なんですね。猫のケンカはそのため、餌を巡ってとか、メスを巡ってが最も多いのです。縄張りに関しては、あまり争いも無いのが面白いですよね。

先住猫と新参猫を会わせる時は飼い主がいる中で

人と猫

猫という動物は、人が見ている中ではケンカをしない面白い習性?のようなものがあります。そのため、人の多い場所で猫同士の争いを見れる機会は少なく、大抵は夜の建物の物陰などで1対1でケンカをしています。そこで、敢えて飼い主さんから積極的に「顔見世」はしなくとも、別の部屋で隔離してある新参猫のいる部屋に入って、飼い主さんが部屋のドアをわずかに開けておくと良いです。

猫の場合、目と目が至近距離まで肉薄しない限り、実力行使に出ることはありませんから、そこで互いの猫がどういう行動をとるかじっくり、他のことを近くでしながら観察してください。その際にも、互いの餌は既に済ませてあることが条件です。

絶対に飼い主さんが介入してはダメ

例えば新参猫と先住猫が、睨みあっていて一色触発の光景を目にしても、飼い主さんはどちらかの猫を引き離せるのは、子猫を連れてきた場合だけです。それ以外は、猫のケンカやトラブルに直接介入してはいけません。たとえ、その場ではそれで治まっても、猫は飼い主さんがい無くなればまた攻撃的になります。

ケンカになった場合の対処

何か気に入らないことがあって、何でもないことで猫同士はケンカになることがあります。これを止めさせるのは意外に簡単なのをご存知ですか?それは、大きな音を立てることです。紙袋を含ましてパン!と叩くとか、何かの破裂音を聴かせると「別にこっちがひるんだんじゃない。音にビックリしたから。」といった、状況に置き換えてその場をおさめることが猫には出来るので、当事者の猫同士が多少驚く共通のことを近くですればいいのです。

他には睨みあった猫の間を歩くとか、猫同士には全く干渉しない形で邪魔をすると、猫のケンカは意外にすぐおさまることが多いです。

先住猫と新参猫のご対面には距離が重要

2匹で歩く猫

猫というのは、自分との距離と間合いで互いの関係性を捉えています。これは猫は視力があまりよくないからで、視野は広いのですが奥行きがハッキリ見えていないのです。従って、少し離れるとボンヤリと見えているだけです。野良猫が人と出会って逃げても、ある程度の距離でこちらを振り返るのは、危険の無い距離を測っているからです。

トイレ、餌の器なんでも離す

猫同士のトラブルは、自分が何かの用事がある時に邪魔をする体格と年齢が同じくらいの、他の猫がいた場合だけです。トイレとかエサ入れなどはその典型的な、「自分の場所」で、これは、新参猫と先住猫で距離を離せば離すほど、トラブルの可能性は減ります。

先住猫になかなか馴染めない猫の対処法

箱の中の猫

これも意外に簡単です。馴染めないというより、ケンカが絶えないと言えば正確でしょう。猫同士というのは、互いに無関心が普通です。餌とか共通に平等にもらえるなら、同じような行動をとりますが、それ以外では自分が関心のあること以外は他の猫に追従したりすることはありません。それが「猫同士の仲の良さ」です。従って、ケンカやトラブルが多いというのは、共通に猫が利用するトイレとか、エサ入れ、水飲み場所や寝床などが隣接している証拠です。

また猫は犬の様に匂いで区別するのは、メスが近くにいる様な場合で自分の強さを誇示する、スプレー行動のような場合に限ってであり、それ以外で他の猫の匂いに敏感になることはありません。だからこそ、猫同士ぎゅうぎゅうになっても寝られるのですが、その場合も「餌のことは気にしなくてもいい。」という前提があるから平気になってるだけなのです。別に仲が良いとは限りません。

餌や普段使ってるプライベートな空間が、他の猫に取られる心配が無いのなら、そもそも猫はトラブルを自ら好んでするような動物ではないのです。ですから、そうした心配のない環境で長く暮らした猫同士は、同じエサ入れや水飲み器から互いに餌や水をケンカもせずに食べたり飲んだりできるようになります。猫の行動は、意外に単純でしたってのが楽しいですね。

先住猫に新参猫、多頭飼いの良さ

複数の猫

これは猫本来の生活に近づけることが出来る点で、多頭飼いはお勧めです。他の猫が近くにいるというのは、互いに発見した物を共有しなくとも、自分が知らない興味や関心を知るため、猫では緊張が野生に近い感覚が得られるからです。野良猫でも、他の猫を観察して行動をよく見ているのは、相手が獲物を見つければ、そこには獲物がいる確固たる証拠ですし、何か危険があれば他の猫を見て知ることも出来ます。

また猫同士、ケンカでは無くて単純に追いかけて狩りの真似事をすることも出来るし、飼い主さんも猫に構わず、自由にさせておくことも出来るようになります。これは猫の関心ごとが飼い主さんから、猫同士に切り替わることでもあり、多頭飼いは結構手間がかからないものなのです。

あまり極端な多頭飼いは問題かもしれませんが、2匹~3匹くらいなら、多頭飼いとしてはオススメですね。

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード