猫にささみを与えても大丈夫?食べていいもの悪いもの

猫にささみを与えても大丈夫?食べていいもの悪いもの

猫に「ささみ」を食べさせてもいいのかな?と疑問に感じている方もいらっしゃるかと思います。「猫に与えてはいけない食べ物」というのは非常に多くの情報がありますが、中には誤解されたままの食材も多いものです。ですので今回は「猫とささみ」について詳しく解説します。実際猫にささみは与えても大丈夫な食材なのでしょうか?

20937view

猫に「鶏ささみ」は食べさせても大丈夫?

食事中の猫

結論から申し上げますと、猫は鶏ささみを食べても問題ありません。しかし、与える際は決して生では与えずに、茹でて調理されたものにしてくださいね。

長い間ペット販売に携わった私の経験上では、ささみを猫に与える意味ははっきりしていますが、インターネット上の他の方の口コミや、獣医師さんの情報を集約してみると、「与える」といっても何について知りたいのか、異なる「2種類」の意味合いがあるようです。

一つは「栄養学的な意味合いで与えるべきか?」で、「毒になるのか?栄養になるのか?」という点を知りたい声でした。

そしてもう一つは「ささみを与えリスクは無いのか?」という点で、「与え続けると何か弊害が出てくるのではないか?」という不安に思う飼い主さんの声が中心でした。

これらを踏まえて結論をいうと、「健康で元気な猫なら与える必要はありません。」となります。しかし、このあたり少々誤解も多いので、今回は猫とささみの関係を詳しく解説していきたいと思います。

話の出所はペットショップ

一般的に猫を飼うケースは、ペットショップから買うか、里親を探して譲ってもらうか、拾った形で飼育するなどが普通の感じだと思います。中でもペットショップから連れてくるときに、最初のショップからの説明では「元気がないときなどは、鶏のささみを茹でて与えてください。」とよく言われます。これが、発端となって口コミで段々と伝わり、何故か「猫には鶏ささみが良い。」という誤った偏見が伝わったと考えられますね。

このショップが言うところの「与えてください。」の意味は、栄養的に鶏ささみが優れているわけでも、猫にとって必須の栄養素が鶏ささみに含まれているからではありません。それとなぜ同じささみでも、鶏ささみに限定されているのか、このあたりも注意です。ショップの説明には別の意味が含まれています。

猫にとってささみは単なる補助食品

補助食品と言っても、サプリメントやおやつなど様々ですがささみの場合は、単なる「食欲増進」でおかゆと全く同じ意味です。実は暖かく消化が良くて、お腹が膨れるというこの点だけ優れているためで、栄養的には本来どうでもいいことです。一番簡単に入手出来て、しかもお腹一杯になりやすい食べ物なので、食欲が落ちている時は便利なだけ、ということです。

手軽な猫の緊急食がささみ

子猫の場合は特にそうですが、猫は食欲が落ちて絶食を始めるとそれが癖のようになって、ますます食べなくなることがあります。猫という動物は、狩りをして生きてきた動物ですが、それもネズミのような小動物ばかりですから、どちらかと言えば「小食」の部類です。とにかく消化の早い動物の肉を内臓ごと食べることで、完全栄養食を効率よく食べてきたので、元々小食なんですね。

ですから、猫の食欲が落ちている時は食べやすい柔らかくて、温かい食事というのは療養食や緊急食として、ささみなどは便利だと事なんです。

なんで猫には鶏のささみが良いとされているの?

#肉を食べる猫

同じささみ肉でも「鶏ささみ」限定なのには、理由があります。まず猫に与える場合は生では決して与えませんが、必ず茹でて与えるため、このときに多くの水分を鶏のささみには含まれることになります。これが、病弱や元気のない猫にとっては良い水分補給になるんです。

他の肉では煮ると固くなるのですが、鶏ささみは茹でたてはかなりの水分が含まれます。

ささみは柔らかくて、元気のない猫には臨時食になる

成猫でも元気のない猫や病気から治った直後の場合は、食欲が無いのと同時に噛む力の体力も少ない場合があります。茹でた鶏のささみは、手で簡単に裂けることが出来るようにかなり柔らかいですから、ある程度噛んで飲み込んでも消化されます。ですからこの手軽さで、一種の療養食になっています。人間で言えば「おかゆ」ですね。

ささみは腹もちも良い

消化吸収が早い割に、脂肪も少なくある程度の量が食べられるので、とりあえずお腹一杯にはなります。食欲が落ちている場合などは、食べることも非常に体力を消耗しますから、ひとまずお腹を満たしてあげて、体力の回復をさせるのが常套手段です。ペットショップで、鶏ささみを薦められるのは、こういったたまに理由もなく食欲を落とす猫がいるために、一応食欲を落とさせない工夫の為の情報なんですね。

ただ必要以上に体力の無さを強調しては、飼い主さんに不要な不安を与えますから、猫を初めて飼う人などは、「食欲がないから、鶏ささみをあげよう」という知識があった方が良いからです。

実は鶏ささみには猫にとって大した栄養がない

猫にとってささみはあまり意味がない?

獣医師からの意見では、ささみにはミネラルを多く含むので与え過ぎはいけないとするものがあります。これも、一言足りてないのですが、鶏のささみは猫にとっては非常に好まれやすい食感の為に、食べ過ぎがあり得るから自重してくださいといった意味です。猫は特に偏食になりやすい動物で、ドライフード以外の加工食品や他の食材に慣れると、なかなか必須栄養価の調整された完全栄養食のプレミアム・ドライフードに戻ってくれないことが多いんですね。

猫は肉食性といっても、加工された精肉を野生で食べているわけではなくて、内臓も小骨も含めた雑食性の動物を食べてますから、人が食べる加工肉を与えても栄養は足りていないのです。

療養食とダイエットには補助食品

鶏のささみなどを茹でて与える場合、普段与えているドライフードに混ぜて与えるなどは、必要以上に栄養や脂肪を与えずに餌の増量を行うことが出来ます。猫の場合、食欲が落ちると同時に体力もかなり減るために、ひとまずお腹を満たして体温をあげる必要があるのです。

この点が非常に誤解が多いのですが、体力が減っているということは、同時に消化吸収の体力も少なくなっているわけで、下痢をしがちだとか闇が上がり、あるいは絶食しがちな場合、食が元々細い場合では、栄養が高い餌を与えてもあまり消化もせず、かえって消化に時間がかかる分、余計に体力を消耗してしまい逆効果なんです。

そこで人間なら「おかゆ」、猫なら「茹でた鶏ささみ」などで、水分とお腹が膨れる食事が非常に消化吸収も早く、手っ取り早く体力回復を行えます。同じ理由で、栄養はそれほど多くないが、お腹一杯になるという理由で、ささみ肉はダイエットにも効果があります。いずれにせよ、猫にとってささみは補助食品というわけです。主食ではありません。ささみ自体の栄養価も非常に低いのです。

いざという時には猫にささみを与えよう

寝ている猫

とはいえ、鶏のささみを茹でて与えるのは、猫にとってあるいは、一般的な雑食性、肉食性動物にとってはいざという時便利です。どうしても食欲が戻ってくれないとか、食が元々細くて小食で痩せてしまうといった場合、一時的に餌を増量することが出来るからです。

むしろ体力のない子に、高カロリーで消化吸収に時間のかかるものを与える方が逆効果ですね。ささみは茹でて猫が食べられるくらいに冷まして与えるくらいなら、非常に良く食べてくれます。ただし、それは一時的な処置に過ぎません。命に関わる程重篤ではないが、ひとまず体力回復と食欲を回復させるためには便利な食品ということです。

ささみは猫にとって、あくまでも補助食品の一つだとして知識に留めておくと良いでしょうね。

40代 女性 Luu

我が家の猫も鶏のささみが大好きで、茹でてるそばから、「早くくれ!」と言わんばかりに催促してきます。ネットで、鶏のささみを猫にあげてもよいのか、ということを調べると、獣医師によっても見解が様々なので、どの意見が正しいのか…いつも混乱するばかりです。
私は鶏のささみをあげるとき、いつもスジを取っているのですが、家族中から過保護だと呆れられます。私としては、スジは消化できるのか疑問なのでやっているだけなのですが、他のお宅ではどうしているのか、少し気になります。
それと、あげるのはやはり時々にしています。というのも、キャットフード以外のものばかりを欲しがるようになって、本来の食事をあまり食べなくなってしまうのが心配です。
しかし、もし食欲がないようなときは、与えてみようと思います。

20代 女性 匿名

私もスジや皮は取り除いて、細かく割いて与えてます。変に引っかかっても困るし、消化に悪そうですもん。

過保護というよりもリスクは最小限に抑える!って感じですかね。
人気のキーワード