猫が網戸を登って脱走してしまうことの対策

猫が網戸を登って脱走してしまうことの対策

掃除などで窓を開けていて、猫が網戸を登って脱走してしまったなどの経験はありませんか?猫がよじ登るのを防ぐ網戸の工夫や脱走防止方法などをご紹介します。

1127view

猫が網戸を登ってしまう理由

窓辺の猫

猫が網戸によじ登るというのは窓の外に興味や関心があって、ある時、網戸に手をかけたら爪が引っかかるのを感じ取って、それでよじ登ることを覚えるからですね。一旦猫はこの方法を覚えると、やがてよじ登って網戸がずれた隙間から脱走することを覚えてしまいます。そこで、網戸そのものを変えるという方法が結構、効果が高いです。

破れない網戸

”ペットディフェンス”と呼ばれる、ペット用網戸の交換用ネットが約2,700円くらいで市販されています。今は通販で気軽に買えるので、これを使うと猫がよじ登っても破れないので安心です。通販の口コミでも非常に評判が良く、売れているようですね。

網戸そのものを固定する対策法

窓と猫

ネットでよく見かけるのは、網戸のサッシに防犯用金具を取り付けて、猫の力では動かせなくするやり方ですが、この方法にはデメリットがあるんですよね。網戸のサッシに金具を取り付けるにはある程度の金属加工作業が必要なのと、やっぱり普段の使い勝手が悪くなることです。窓を閉めようとして、わざわざ網戸のロックを解除するのはなかなか面倒です。

そこで簡単な方法が、「角材」を切って置くだけの方法です。まずサッシのレールの幅に合わせてホームセンターで安くて堅い角材を買ってきます。それをサッシの窓の幅に合わせて切るだけです。これを網戸を閉めた反対側のレールに置くだけで、網戸は完全に固定されます。反対側の窓を開けないと角材は取れませんから、簡単な割に意外に効果が高く、しかも人の力でもこのつっかえ棒では網戸を開けることが出来ません。一番安上がりで加工の必要も無いのでお勧めですね。

猫が網戸を登る前に!外を眺められる台をセットしよう

窓と子猫

そもそも猫が網戸を登るというのは、実は窓の外を詳しく眺めたい欲求が強いからです。人間の場合は視力が猫よりも良いために、網戸くらいでも窓の外は離れれば確認できますが、猫の場合は近眼に近い視力なので、網戸で遮断されると外があまり見えないのです。

猫という動物は、自分のテリトリー内の様子を巡回したり、眺めて監視するような行動を好むので、まずは透明な窓で外を眺めることが出来る様、猫があがって外を眺められる場所を設けてやるのがなかなか効果があります。賃貸とか、最近の窓ガラスは半分がすりガラスになっていたり、普段から網戸で遮蔽されているので、猫には外が気になっても見ることが出来無いんですね。そこで、キャットタワーなどは窓辺に置いたりして、外を眺めることが出来るように工夫してあげると、網戸への関心が下がることが多いです。

専用台よりキャットタワーの方が良い理由

ネットでは木製の台が、「猫の見晴台」と称してよく紹介されてますが、猫が勢いよく飛び乗って転倒する様子が、いろんな動画サイトで見かけます。どうしても縦に長い木製台の場合はてっぺんに猫の重量がかかると重さで倒れることも多いので、個人的には縦に長いキャットタワーの方が便利です。

キャットタワーは猫が爪を研いだり、座ったり寝たり休んだり出来るように、猫が勢いよく飛び乗っても土台がある程度重く出来ているので、容易に倒れません。猫専用でそれなりに費用は掛かりますが、猫に対する安全度はキャットタワーの方が高いですね。

窓がスリガラスで外が見えない場合

1階などの部屋では、防犯対策で窓自体がスリガラスや金網が入ったガラスで外が全く見えない場合も多いものです。そこで、猫の為に窓を開けるのなら、目の粗い金網やワイヤーネットを窓にはめ込んで使ってる人も多いのではないでしょうか?こういった製品も市販されていますし、確かに猫の脱走防止にも役立ってはいるようですね。

しかし難点は、地震や振動で時々外れてしまって、自分が怪我をしたり、たまに外れてインテリアを壊したりする点です。ワイヤーネットはそれなりに重量がありますからね。

猫が網戸から脱走しないようにする工夫

窓辺の猫

個人的に非常に重宝したのが、在宅時だけに限って使えるのですが、ガーデニング用の木製フェンスです。格子状になったものや、クロスに重なったものなど安くて頑丈なものが市販されています。「目隠しフェンス」として売られている場合もありますね。大きさが色々あるのと、壁に金具を取り付けたり、DIYで窓に取り付けることも出来ます。飼い主さんの中には、ベランダ全体をこれで囲って猫専用スペースにしている方もいます。何より微妙に猫の頭が通過できないサイズの隙間が多いので、猫にとっても外を眺められて、しかもある程度の目隠しにもなるので便利です。

安くて安全が魅力の木製フェンス

自分が留守の時はさすがにこれだけで防犯対策には出来ませんが、非常に使い勝手がよく、また取り外しも事故も少ない良いアイテムでした。木製で軽いというのもお勧めできるところです。

猫の脱走というのは、結局「外の様子を見たい」という猫の欲求から来るものですから、窓で外を眺められれば、それなりに猫も満足してくれるというものです。

30代 女性 ライモン

網戸を開けて、もしくは破って脱走する猫の話は、聞いたことがあります。
ウチの猫たちは幸い、自分で網戸を開けられると思っていないようで、開けて脱走したことはありません。

でも脱走癖のある猫ちゃんの飼い主さんは、色々と工夫されているようですね。
防犯用のロックをつけたり、網戸の前に金網を貼ったり・・・

記事を読んで、角材を使ったロックは手軽で良いなぁ、と思いました。
窓のサイズを測ってあう角材を見つけ、場合によってはカットして置くだけ・・・なんてお手軽なんでしょう!
角材もヒノキなどにしなければそれほど値が張るものではありませんし、なんと言っても、取り外しが楽々♪
良いアイデアを頂きました!感謝です♡

スポンサーリンク

人気のキーワード