猫の年齢の見分け方!見た目や過ごし方からの判断方法

猫の年齢の見分け方!見た目や過ごし方からの判断方法

このご時世、野良猫も多ければ生後間もない子猫がさまよっていて保護されることも珍しくありません。そんな時に気になるのが、その猫の年齢です。保護猫は「推定〇歳」と年齢が推測されていますが、一体どんな見分け方があるのでしょうか?年齢によって見た目や行動、健康状態が大きく違ってくるので、正しい見分け方を知って、その子の年齢に合ったお世話をしてあげましょう。

928view

猫は被毛や歯、爪の状態などからおおよその年齢を見分けることができます。年齢ごとに特徴が違うので、その違いを見分け方の参考にしてみてください。専門的な見分け方ではないので、あくまでも「おおよそ」の年齢ですよ。
生後1年までを「子猫期」、1~6歳までを「成猫期」、7歳以降を「シニア期」とします。

子猫期の年齢の見分け方

3匹の子猫たち

子猫期の猫は成長がとても激しいので、生まれたのが1ヶ月違うだけで見た目も大きく違ってきます。成猫に比べて、細かい月齢が見分けられるでしょう。

0ヶ月齢

  • 被毛はまだ薄くてボサボサ
  • 目は開いていない
  • 耳も聞こえていない
  • 排泄が自力で出来ない
  • 一日のほとんど眠っている

1~2ヶ月齢

  • 2週齢ほどで目(青色)が開き、耳も聞こえるようになる
  • よちよち歩きを始める
  • 1ヶ月齢で乳歯が生え始める
  • 自力で排泄できるようになる

3~5ヶ月齢

  • 目の色が青色から黄色緑色へと変化する
  • 乳歯が生え揃う
  • 耳がピンと立っている
  • 元気に遊びまわる

6~8ヶ月齢

  • 6ヶ月齢の頃には乳歯が抜けて永久歯が生え揃う
  • 体が大きくなり、顔つきも大人っぽく凛々しくなる
  • サラサラした被毛に生え変わる
  • よく遊んで、よく食べて、よく眠る

9~12ヶ月齢

  • ややあどけなさが残っているが、成猫と同じくらいの大きさになる
  • メスは発情期を迎える(オスはメスの発情に呼応する)

成猫期の年齢の見分け方

縞模様の成猫

成猫になると、子猫期のように見た目での変化では見分けられません。

1~2歳

  • 骨格がほぼ形成され、猫として1人前となる
  • 白く輝いていた歯がやや黄ばみ始める
  • 完全に自立し、遊びのスタイルにも個性が現れる
  • 未去勢のオスは発情が盛んになり、凶暴化することがある

3~5歳

  • 毛ヅヤが一番良い時期でツヤツヤしている
  • 歯には歯石がついたり、やや摩耗してくる
  • 落ち着く子もたまにいるが、基本的には活発でよく食べてよく遊ぶ
  • 未去勢のオスは精力がピークな時期なのでケンカしやすい

6歳

  • 口の周りに白い毛が生えてくる
  • 遊びへの関心も薄れて、のんびり過ごすようになる
  • 肥満や病気になりやすい

シニア(老猫)期の年齢の見分け方

丸くなっている老猫

シニア期の猫の変化で顕著に表れる部分は「歯・歯茎」や「被毛」です。

7歳

  • 歯の先が丸くなる
  • 表情がやわらかくなったように見える
  • 一日をのんびり過ごす

8~9歳

  • 歯がすり減り、歯茎に色素沈着も増えていく
  • 体もかたくなるため毛繕いが行き届かず、被毛がボサボサになる
  • 寝て過ごすことが多くなるため、肥満体質になりやすい

10~15歳

  • 歯が大きくすり減り、色素沈着も顕著に現れる
  • 歯が抜ける子もいる
  • 毛ヅヤもなくなり、白髪が目立ってくる
  • 足腰が弱くなるため、一日のほとんどを寝て過ごす

まとめ

猫にキスをしている人

猫は6歳くらいになると老化が始まると言われています。シニア期に突入すると、歯や被毛の状態も変わってくるのでご飯の与え方やブラッシングなどのケアを考えてあげましょう。
愛情をかけて年齢に合った育て方をすることで、きっとあなたの愛猫は日々満足し長生きしてくれるはずです。

50代以上 女性 ごじちゃん

これまで50頭以上を飼育してきましたが、その中には我が家で生まれた子、保護した猫、元の飼い主から押しつけられた猫など、いろいろいました。猫の全年齢を見てきましたが、やはり一番問題が多いのは、3歳から5歳だと思います。可愛い子猫の時期を過ぎ、元気で生意気盛りの猫たちは、人間なら青年期なのでしょう。牡猫の中には家出してしまう子がいました。牝猫の中には、やたら喧嘩ばかりしている子や、狩りの達人となって、連日、鼠や蛇をくわえて帰って来たりする猫も。そんな猫たちも年老いてきまして、すっかり穏やかになりました。今は10歳以上の猫だけです。たいして美食をさせていたわけでもないし、特別なことをしていないのに、こちらの記事に書かれているような老猫ではなく、見た目は7歳ていどの猫のようです。若さのひけつを、ぜひ猫に教わりたいですね。

40代 女性 yuzu

野良猫を保護して現在一緒に暮らしています。家に迎えたときは、なんとなくまだ若そうだというのはわかったのですが、実際のところは何歳なのか不明でした。その後、動物病院に検診に連れて行った時に年齢を聞いてみたのですが、2~5歳ぐらいの間としか言いようがなく、とくに私の猫の場合は判別が難しいと言われました。
というのも、避妊手術もしてあるし、外で生活しているのにノミが1匹もいないので、おそらく誰かが世話をしているような形跡があったためです。やはり、年齢を知るには歯の状態を見るらしいのですが、獣医さん曰く、「もしその世話をしている(と思われる)方が歯みがきをしていなければ、まだ歯石が付いてなくきれいなので2歳ぐらいだけど、歯みがきしてこの状態なら…5歳という可能性もある」とのことでした。そのため、今も推定年齢しかわかっていませんが、とりあえず健康なので、よしとしています。

女性 Keiko

私の愛猫ももと野良猫さんです。ただ、まだ小さい時に保護されたので、なんとなく何ヶ月だろう、という獣医さんの推測で、今4歳になります。何匹か子猫さんを見ていますが、子猫さんは比較的月齢がわかりやすい気がします。いつ乳歯が生えて、いつお耳が聞こえてくるのか、など記事にも書いてある通り指標がいくつかあるのでおおよその判定はできる気がします。が、大きくなるとちょっと見た目にはなかなかわかりずらくなってくる印象があります。そういう時は、歯や毛並みをみて判断していますが、もともと野良さんだと生活環境によっては判断がつきにくくなってしまうような気がします。でも、ある程度の指標や確認すべきポイントが書いてあるので、参考になりました。

スポンサーリンク

人気のキーワード