猫に暖房は必要不可欠?最適な温度・湿度やメリット・デメリットとは

猫に暖房は必要不可欠?最適な温度・湿度やメリット・デメリットとは

みなさんは愛猫のために暖房をつけていますか?暖房をつけているとお部屋全体を暖めてくれるので猫がどこにいても暖かくて便利ですよね。でも、猫のために暖房を使うにはいくつか注意が必要です。お手軽に使える暖房を猫にとって安心・安全に使ってあげましょう。また、暖房以外の寒さ対策もご紹介します。

583view

そもそも猫に暖房は必要?

暖炉の前で撫でられる猫

猫は自分で快適な場所を探してくつろぐ動物です。冬でもお昼は日光が当たる場所で過ごしたり、日が落ちれば毛布にくるまって過ごします。なので、暖房が必要なのかと言われると実はそうでもないのです。猫が過ごす空間で大切なポイントは「一日の温度変化が激しくならないようにすること」と「快適だと思う場所を猫自身が選べるようにすること」です。

一日の温度変化が激しくならないようにする

暖房は温度設定ができるので急激な温度変化も起こらず、暖房のメリットといえます。タイマーを設定すると切れた時に温度がぐっと下がってしまうので、つけたままで一定の温度を保つことが大事になります。

快適だと思う場所を猫自身が選べるようにする

暖房をつけるとお部屋全体が暖まってしまって、猫が暑く感じた時に逃げる場所がないのがデメリットです。ですので、暖房を使うときは暖房をつけている部屋から出て行けるようにしたり、暖房が当たらない場所を作ってあげることが大切です。

脱水には気をつけよう

暖房をつけていると脱水になりがちです。お水をいつもより多めに用意してあげましょう。

猫に最適な暖房の温度や湿度は?

毛布にくるまる猫

猫にとっての適温は人とほぼ変わりません。一般的には20℃くらい、老猫は23℃くらいが良いとされています。
温度と同じく気をつけてあげたいのが湿度です。空気が乾燥していると人同様ウイルスに感染しやすくなるので、50~60%程度に保ちましょう。洗濯物の部屋干しも良いですね。

猫が出す寒いときのサイン

猫は基本的に寒がりな動物ではありますが、それも個体差があります。筋肉質の猫や活動量の多い猫は熱を作りやすく、また若い猫は運動量も多く代謝も良いため多少の寒さは凌げるでしょう。
しかし、痩せている猫やあまり動かない猫、老齢の猫などは寒さに敏感だったりと、体格・活動量・年齢によって寒さの感じ方が違ってくるため、その子に合った温度管理が必要になります。

  • 体をブルブル震わせる
  • 毛を逆立てて体を膨らませる
  • 体を丸める

このような行動が見られたら寒さを感じていると思われるので、温度を調整してあげてくださいね。

暖房以外の猫の寒さ対策

毛布の中で眠る猫

寝床を窓や床から遠ざける

いくら室内とはいえ、窓際は冷気が伝わってくる場所です。いつもくつろいでいるハウスやベッドは窓際から移動してあげましょう。また、床も冬は冷たくなるので、寝床を少し高さがある場所に置いてあげると寒さを和らげます。ドーム型のハウスに毛布をかけるだけでも寒さ対策になるようです。

こまめなブラッシング

毛と毛の間に温かい空気層を作ることで、猫は寒さから身を守ります。この能力を妨害するのが毛玉です。毛玉ができやすい長毛種の猫はこまめにブラッシングをして毛玉を防ぎましょう。
また、ブラッシングは皮膚を刺激する効果もあるので新陳代謝をあげてくれます♪

湯たんぽ

お湯を入れるタイプやレンジでチンするタイプがあります。そのままの使用は低温やけどの危険性もあるので、タオルにくるんだりカバーをつけてあげましょう。コードレスなので使う場所も選ばないですし、電気を使わないのでエコにもなりますね。

ホットカーペットやヒーター

最近はペット用のホットカーペットやヒーターも売っていますよね。暑くなったときに移動できる利点があるので、猫自身で調整できるのが良いですね。
しかし電気を使うため、感電や漏電に気をつける必要があります。コードにカバーをつけたり、お留守番中はコンセントを抜くなど対策をして使ってください。

スポンサーリンク

人気のキーワード