キャッテリーとは 普通の猫繁殖家とは違う!

キャッテリーとは 普通の猫繁殖家とは違う!

「キャッテリー」という言葉、猫好きさんなら耳にしたことがあるかもしれません。簡単に言うと猫のブリーダーのこと。しかし、細かく見るとキャッテリーとブリーダーは似て非なるもの。この記事では猫を扱うキャッテリーと呼ばれる人たちのことやブリーダーとの違い、キャッテリーから猫を譲り受ける方法などを紹介しています。

508view

「キャッテリー」とは

ケージの中の猫
  • キャッテリーはハイクラスなブリーダー
  • キャッテリーは猫愛護団体のTICAかCFAが純血統と認定した登録番号のある猫の飼育と繁殖を行う

キャッテリーを日本語に訳すと、「猫の飼育所」という意味になります。キャッテリーとは猫の飼育と繁殖を行っている場所、またはそれを行っている人のこと。
猫を繁殖して販売するという点では「ブリーダー」と「キャッテリー」に違いはありません。しかし、キャッテリーになるには定められた条件をクリアしなければならないのです。

キャッテリーとブリーダーの違い

テストの答案
  • ブリーダーは特別な資格は必要ない
  • キャッテリー世界的な猫愛護団体であるTICA(The International Cat Association)またはCFA(The Cat Fanciers’ Association)のどちらかに認可されなければならない

つまり、キャッテリーはハイクラスなブリーダーということになります。

猫愛護団体TICAとCFA

猫の血統書を発行する2つの団体、TICAとCFA。両者ともにアメリカに本拠地がある猫愛護団体です。この2つの団体は世界最大級の血統書発行機関であり、どちらも発行された血統書は世界で最も信頼があると言われています。キャッテリーを名乗るには、TICAかCFAのいずれかが純血統と認定した"登録ナンバーを持つ猫"の飼育と繁殖を行っている必要があります。

キャッテリーから猫を譲り受ける方法

猫と女の子

キャッテリーのような、世界で最も信頼できる血統書機関のお墨付きの猫を譲り受けるには、どうしたらよいのでしょうか?

意外なことに、キャッテリーが繁殖させた純血種の猫は誰でも購入可能なのです。販売ルートは一般的なブリーダーと変わらないので、直接問い合わせるとよいでしょう。販売を目的としたキャッテリーは、インターネットで検索するだけでもたくさんヒットしましたよ。

キャッテリーでお迎えする時の価格

血統の良さが保障された猫のため、やはりお値段は高めです。キャッテリーもブリーダーと同様、価格を掲載していないことがほとんどなので、直接交渉するしかなさそうです。

良いキャッテリーの選び方

インターネットで検索するだけでも多くヒットする、販売目的のキャッテリー。購入する際に一番大事なのは、良いキャッテリーさんを選ぶことです。では、何を基準にしてキャッテリーを選ぶべきなのでしょうか。

そもそも、”良いキャッテリー”と聞いてどのようなイメージを持ちますか?猫への愛情が深いこと?説明が丁寧なこと?一つ一つの命に対して厳しく向き合っていること?すべて、大切なことですよね。

販売を目的とするキャッテリー、と一言で言っても100人いれば100通りの考え方があります。ですから、良いキャッテリーを選ぶ一つのポイントは「一人に絞らないこと」です。多くのキャッテリーさんの話を聞き、実際に訪問してみてください。何度も訪問することや質問することは、マナー違反ではありません。家族の一員になる子猫ちゃんなのですから、しっかり吟味してくださいね♪

キャッテリーに関するまとめ

複数の子猫

今や空前の猫ブーム(ฅ'ω'ฅ)テレビを見ていると、猫の可愛さを紹介する番組が多くあります。街を歩くと猫カフェを見かけることも増えましたし、雑貨屋さんには猫ちゃんグッズが並びます。今回は「断然、猫派!」という方なら、もしかしたら耳にしたことがあるかもしれない『キャッテリー』についてご紹介しました。

長ければ、20年以上をともにする猫。できるだけ健康で、美しく、信頼できる方から譲り受けたいと思うことは間違いだとは思いません。もちろん私自身もそう思います。しかし、そればかりに固執するのは違うのではないか、とも思うのです。

キャッテリーから譲り受けた=良い猫、賢い猫だとは限りません。想像していたような美しい毛は生えないかもしれません。病気にかかってしまうかもしれません。上質の猫にこだわるあまり、実際の姿とのギャップに驚くかもしれません。そうして捨てられる猫が後を絶たないことを知っておく必要があると思うのです。

良いキャッテリーを選ぶことも、かけがえのない命を守るために必要なことです。ブリーダーと同じく、キャッテリーにもビジネスで行う方と趣味で行う方がおられます。志高く、血統を守りながら繁殖させている方がほとんどだとは思うのですが、悲しいことに、なかにはそうでない方もいるようです。理想は、子猫を譲り受けた後も情報交換できる関係。そんな関係なら素敵ですよね♪

こんな子がいい!ここの子がいい!そう思っていても、実際は全然違う子を抱っこしているかもしれません。愛猫との出会いの種はどこに落ちているかわかりませんもの。とは言っても、この「キャッテリーについて」の記事をお読みいただいているということは、出会いの種を持っているのはやっぱりキャッテリーなのかもしれません♪

女性 Keiko

正直お恥ずかしい話ですが、キャッテリーという言葉をはじめて聞きました。私の愛猫は野良出身なので、なかなかブリーダーさんに関わる機会もありませんでしたし、お金を出してねこちゃんを迎え入れるということもなかったので、剣先したこともありませんでした。記事を読む前は、ブリーダーさんのことを最近は「キャッテリー」と、こう言うのかな、と思いましたが、似て非なるものだったんですね。しっかりした団体さんに認められたねこちゃんのブリーダーさんをそう呼ぶんですね。知らなかったことがいっぱい書かれていて、フムフムと参考になりました。でも、やっぱり気をつけなければいけないのは、キャッテリーという肩書きががいいのではなく、自分にあった、そして何よりもねこちゃんをしっかり管理されて育てている、信頼できるキャッテリーさんを探すことなんだと思いました。

スポンサーリンク

人気のキーワード