猫の糞に困った時に効果的な対策や処理方法・撃退グッズについて

猫の糞に困った時に効果的な対策や処理方法・撃退グッズについて

猫の糞(フン)は格段に臭いですよね?実は猫の糞のニオイの原因は動物性たんぱく質の量によるものなんです。猫は人間の4~5倍のたんぱく質を摂取しないといけない動物ですから、猫の糞がものすごく臭いのも納得ですよね。さて今回は猫の糞にお困りのあなたに向けて対策や処理の仕方、撃退グッズについてお伝えしましょう!

12204view

猫の糞に効果的な6つの対策

暖をとる二匹の猫
  1. 見慣れない物を置く
  2. 猫が苦手な植物を植える
  3. 猫よけの機器を使う
  4. 快適なトイレを用意してあげる
  5. 地域で相談する
  6. ニオイを消す

猫の糞対策① 見慣れない物を置く

猫は見慣れないものに警戒心を抱きます。この習性を利用していつも糞をする場所に植木鉢など、猫が見慣れないものを置くと警戒して近付かないことがあります。数日経つと慣れてしまう為慣れてきた頃にまた違うものを置き、慣れさせないようにします。少し手間はかかりますが、効果的な方法です。

猫の糞対策② 猫が苦手な植物を植える

ローズマリー

猫はニオイが強い植物が苦手と言われています。ハーブなどの植物を植える、またプランターに植えたものを、猫が糞をする場所に置いても良いでしょう。植えるのに適している植物は、コリウス・カニナ、ローズマリー、レモングラス、ルー(ヘンルーダ)などです。

猫の糞対策③ 猫よけの機器を使う

猫がトイレ場所に来ると、自動で感知し猫が嫌いな超音波や光を出して、寄せ付けないようにするグッズがあります。複数のメーカーから販売されていて、金額も様々です。安い買い物ではありませんので、購入時には充分検討してからにしてくださいね。効果はまずまずのようですよ!

猫の糞対策④ 快適なトイレを用意してあげる

トイレ中の猫

猫は自分のニオイのついた場所で排泄する習慣があります。ですから、猫にとって快適なトイレを思い切って用意してあげると、ずっとそこでする可能性があります。プランターなどに柔らかめの土を入れれば充分でしょう。作った猫トイレを、いつも糞をする場所に置いておきます。出来れば猫の糞のニオイがついた土も入れておくと完璧です。

ある程度猫トイレでするようになったら徐々に場所を移動してゆき、ご自身が迷惑でない場所まで誘導します。糞の処理はする事になりますが、して欲しくない場所でされるよりは良いでしょう。少し心を広く持ち、エサはやらないけどトイレだけはさせてやろう、位でいると気持ちが楽かもしれませんね。

猫の糞対策⑤ 地域で相談する

野良猫が多い地域の場合、糞被害に困っているのはご自身だけではないでしょう。地域で世話をする「地域猫」という方法もありますから、自治会などで話し合う機会を設けると、良い対策が見つかるかもしれません。

猫の糞対策⑥ ニオイを消す

毛づくろいをしている猫

猫の糞のニオイを消すだけで完全に寄り付かなくなる、という事は言えませんが、ずっとニオイがしているのも不快だと思いますので、ニオイを消す方法についてもお伝えします。猫の糞のニオイを消すには木酢液や使用済みのコーヒーの粉などがありますが、「重層」がお手軽ですし動物にも環境にも優しいのでオススメです。粉状の重層を土に混ぜるだけでOKです。

ちなみにウチの猫はトイレが気に入らない時に、リビングに置いてあったビーズクッションの上で良くしていました。あのふかふか感が気に入ったのでしょうか。何回も良くしてくれました。

大抵夜のうちにするので、朝起きるとクッションの上に糞があり、たまに尿で床がビショビショ、なんてこともありました。あの何とも言えない不快な気分は今でも忘れられません。その度に床もクッションもキレイにするのですが、ニオイが取りきれない為か何度もされました。

最終的にそのクッションは捨てるハメになりましたが、トイレを変えてからその被害はなくなりました。ですが、ビーズクッションは未だに怖くて置けません。

猫の糞が起こす被害!

車に乗る猫

猫の糞はとにかくニオイが酷いです。ニオイも嫌ですが、やはり自宅付近に糞をされて、良い気分になる人はいないでしょう。その他にも、せっかく植えた花壇を掘り返されたり、車が猫の足跡や毛で汚されたり、拡大被害にも繋がっています。

また、自宅付近にされた糞は猫が自ら片付けるはずもなく、その家の持ち主が処理をしなければいけません。猫は大抵1〜2日毎には糞をしますので、その手間もかかります。猫の糞被害で困っている方は世の中に沢山いるのです。もし飼い猫を外に出している場合には近所に迷惑をかけていないか、気をつけなければいけません。

猫が「そこ」で糞をする理由

通り過ぎる猫

猫は縄張り意識が強い動物です。そして、その縄張りの中でエサ場や昼寝場所、トイレ場所を決めて行動しています。もしあなたの自宅付近にいつも糞がある、という場合は、猫のテリトリーとなっているのでしょう。ですから、その場所にはトイレをしてはいけない、ということを猫が分かるまで、根気よく教えなければいけません。

また、猫には報復行動をするという話があります。例えば、いつも猫のトイレにされている庭に何かしらの撃退策を施した所、車の上に排泄されていた、複数の猫を連れてきて抗議のようにニャーニャー鳴かれた、隙を見つけて至る所に糞をされた、などの事例が報告されています。もしあなたが今まで何かしらの糞対策をしていた場合、その報復として糞をされているのかもしれませんよ!

猫の糞に関するまとめ

座りながら眠る猫

猫の糞被害には深刻なものがあります。まずはそのニオイです。猫は動物たんぱく質を多く摂取しますので、それが原因となりニオイがキツいのです。また糞だけではなく、車が足跡や毛で汚されることもあります。いずれにしても糞をされて良い気分になる人はいないでしょう。いつも糞をされて困っている、という場合には何らかの対策が必要となります。

猫は縄張り意識が強く、昼寝場所やトイレの場所を決めています。ですからご自宅の庭が、猫のトイレの場所になっているのかもしれません。根気よくそこで糞をしてはいけない事を教える必要があります。また今までに何らかの撃退方法を行っていた場合、その報復として糞をされているのかもしれません。

猫が糞をしないようにする対策としては、猫が見慣れないものを置く、苦手な植物を植える、猫よけグッズを使う、快適なトイレを用意してあげる、地域で話し合う、などがあります。少し手間はかかりますが、色々と試してみると効果的な方法が見つかるはずです。ニオイの消し方は、粉の重層を土などに混ぜると良いでしょう。

猫にとってはその土地が人間の所有物、という意識はありません。自分のテリトリーは自分のテリトリーですから、そこに糞をして何が悪い、という感じなのでしょう。猫に腹が立つ気持ちは分かりますが、猫には危害を加えないようにしてあげてくださいね。

女性 はくちゃん

以前住んでいた家の庭が、まさに猫のトイレとなってしまっていました。そのときは、猫が嫌がる柑橘系の臭いがする砂を薬局で買ってきて、家のまわりに撒いていました。それを2ヵ月ほど続けていたら、糞が庭に落ちているようなことはすっかりなくなりました。その砂は、効果が2週間ほど持続し、雨が降っても効果が薄れないので、猫の糞尿に困っている方におすすめです。また、植木がダメになるようなこともないので安心です。
今住んでいるところでは、近所に猫好きの方が多いので、記事に書いてあったように、プランターに土を入れてトイレを用意しています。こうして野良猫と上手に付き合うことによって、とくに苦情などもでることなく、人間も猫も平和に暮らしています。
人気のキーワード