猫と電車に乗るために知っておきたい料金と注意点

猫と電車に乗るために知っておきたい料金と注意点

猫と電車に乗るにはどのようにしたら良いのでしょうか?料金はどのくらいかかるのか?それから、猫が電車に乗るときのマナーとは何か?猫も人間も快適に電車の中で過ごせるようにするには、どのようにすれば良いかまとめました。

1076view

猫を電車に乗せる時に必要な条件

電車内

猫が電車を利用する時は、入れ物(ケース、ゲージ、キャリーバック)などに入れないと乗ることが出来ません。猫の入れ物は、お手回り品となり、入れ物の大きさや重さなどの規定があります。各鉄道会社によって規定の違いがあるので、電車を利用する前に確認しましょう。大手の鉄道会社の規定をまとめました。

猫とJR東日本を利用する時の規定

猫の全身が隠れるようにしてください。ゲージやキャリーなどに猫の全身入れます。顔や体を出したままは、乗せることが出来ません。

  • 猫の入っている入れ物の長さ70センチ以内にします。タテ・ヨコ・高さの合計が90センチ以内にします。
  • 重さが10kg以内にします。
  • 猫とケースの重さの合計で、10kgに計算します。

猫と都営地下鉄を利用する時の規定

  • 猫の入っている入れ物が、縦、横、高さの合計が250cm以内に収まるようにします。
  • 重さ30kg以内であることです。猫と入れ物の重さの合計で、3kg以内にします。

猫と京王電鉄を利用する時の規定

  • 猫の入っている入れ物が一辺最大長さ70㎝以内にします。 タテ・ヨコ・高さ合計90㎝以内にします。
  • 猫と入れ物の合計が30㎏以内にします。
  • 猫の頭まですっぽり入ればカバンでも利用可能です。

猫と阪急電鉄を利用する時の規定

  • 猫の入っている入れ物の、一辺最大長さ70㎝以内にします。タテ・ヨコ・高さ合計制限は、ありません。
  • 猫の頭まですっぽり入ればカバンでも利用可能です。

猫と阪神電気鉄道を利用する時の規定

  • 猫の入っている入れ物が、一辺最大長さ70㎝ タテ・ヨコ・高さ合計90㎝以内にします。 ペットカートの使用に関しては特に大きさの制限は、ありません。
  • 猫の頭まですっぽりとおさめれば使用可能です。

猫と西日本鉄道を利用する時の規定

  • 猫の入っている入れ物の、一辺最大長さ制限はありません。 タテ・ヨコ・高さ制限もありません。
  • 猫の頭まですっぽり入ればカバンでも利用可能です。カートも制限もありません。

その他の路線を猫と利用する時の規定

  • 猫の入っている入れ物の一辺最大長さ70㎝以内にします。 タテ・ヨコ・高さの合計が90㎝以内の入れ物に入れます。
  • 猫と入れ物の合計が、10㎏以内にします。
  • 猫の頭まですっぽり入ればカバンでも利用可能です。

※その他の路線とは、下記のことを指します。
「東京メトロ」「東京急行電鉄」「小田急電鉄」「京成電鉄」「京浜急行電鉄」「東武鉄道」「相模鉄道」「名古屋鉄道」「近畿日本鉄道」「南海電鉄」「京阪電鉄」

電車に乗る前に準備しておく物

バッグに入る猫

猫が、入れ物の中で排泄しても大丈夫なように、ペットシーツを敷いてあげましょう。長い乗車時間の時は替えのペットシーツを持って行きましょう。また、猫を休憩させるときに必要な、お水やおやつなども持っていくと良いでしょう。必要に応じて、猫用の酔い止め薬も用意すると良いでしょう。

猫を電車に乗せる時は、規定があったなんて知りませんでした。意外と分からない方が多いと思います。それから、今からゲージやキャリーバックを購入予定の方は、規定内のサイズに気をつけて購入して下さい。一般的なゲージだと100㎝位になるので、購入する時は注意しましょう。

キャリーバックは、軽量な物が多いので利用しやすいと思います。それから、規定のゲージの大きさを越えなければ一つのゲージに何匹入れても、良いそうです。電車に乗るときは、利用する鉄道会社に事前に、確認すると良いでしょう。

猫と電車に乗るときの料金

改札口

猫を電車に乗せる時は、猫の扱いが「手回り品」となります。手回り品の運賃をまとめましたので、参考にしてみてください。

  • JR東日本の手回り品料金は、1個につき280円です。ご乗車になる駅の改札口などで荷物をお見せのうえ、普通手回り品きっぷをお求めください。
  • 都営地下鉄の手回り品の料金は無料です。
  • 大手の私鉄の手回り品の料金は、無料のところが多いです。東京メトロ、東京急行電鉄、小田急電鉄、京成電鉄、京浜急行電鉄、東武鉄道、相模鉄道などの料金は、無料です。
  • 名古屋鉄道、近畿日本鉄道、南海電鉄、京阪電鉄、西日本鉄道 阪神電気鉄道などの料金は280円です。

関東の方は、無料で利用出来る鉄道が多いのに対して、関西の方は有料のところが多いようです。手回り品の切符は鉄道会社によって、販売方法が違います。自動券売機で販売するところもあれば、駅員さんが販売しているところもあるようです。分からない時は、駅員さんに問い合わせてみてください。

猫と電車に乗ったら注意する事やマナー

ホームでくつろぐ猫

猫と一緒に電車に乗る時は、周辺の方への配慮も大切です。特に都心部の電車はかなり込み合います。なかには、猫を苦手とする方もいらっしゃる事もあるので、気をつけましょう。

猫を入れ物から、外に出さないようにすることです。

まず電車に乗ったら、キャリーバックなどに入れた猫は、足元や膝の上に置くようにます。猫を入れ物から出すことは、他の乗客の迷惑にもなりますし、猫が逃げてしまう危険性もあるのでやめましょう。それから、手回り品の規定の違反にもなります。気をつけましょう。

猫のなき声がうるさいようであれば一旦外へ出ます。

他の乗客の方に迷惑をかけないようにする事が猫を電車に乗せる時のマナーです。猫が、いつもと違う環境で、不安がっていつまでも大きな声で鳴いているような場合は、人の少ない車両や、デッキに移動するなどの配慮も必要です。また、時間に余裕があるときは、乗り物から降りて、休憩時間を入れてあげると良いと思います。

猫をかまいすぎないようにする。

猫を電車に乗せた時、飼い主の方がかまいすぎる事があります。猫は、いつもと違う環境で不安になっています。飼い主の方は猫の事が心配かとは思いますが、電車に乗っている間は、静かに様子を見る程度にしましょう。

猫の乗り物酔い対策

猫を、電車に乗せる事で心配なのは、乗り物酔いだと思います。猫の乗り物酔い対策としては、電車に乗る日のエサをあげる時間に気を付けましょう。電車に乗る時間の、少なくても3時間前にエサを与えましょう。

猫が乗り物に酔った時は、まず入れ物中でそわそわ動き出します。それから、何度もあくびが出る、よだれが出るなどの症状が見られます。猫によっては人と同じように嘔吐をする事もあります。

何回も乗り物酔いしている猫は、お医者さんで猫の酔い止め薬の錠剤で処方してもらうのも良いでしょう。また、酔い止めの注射を打ってもらうこともあります。

猫が電車に乗ることに関するまとめ

可愛らしい子猫

猫と電車に乗るときは、細かく入れ物の大きさや重さの規定があります。電車を利用する時は、事前に各鉄道会社に問い合わせしましよう。

猫の入れ物は色々ありますが、ゲージだと大きい物が多く、重さもあります。キャリーバックは、軽くて使いやすいと思います。それから、猫が落ち着いて電車に乗れるように飼い主の方も配慮しましょう。電車は、たくさんの人が利用します。なかには、猫を苦手な人もいますので、迷惑をかけないようにしましょう。

女性 モン

ワタシは愛猫を電車に乗せたことはありませんが、乗せている人を見たことはあります。
猫ちゃんが少し鳴いていたので飼い主さんはとても肩身が狭そうでしたが、
もし自分が愛猫と電車で移動することになったら、やはり気をつかってしまうだろうな、と思います。

猫を入れるキャリーなどの大きさが決まっているなんて、知りませんでした。
今後の参考になりました!

フェリウェイという猫の分泌するホルモンを人工的に作ったスプレーがあるようですので、
それをキャリーの中にシューッとしておくと、猫が落ち着くという話を聞いたことがあります。
もし愛猫を電車に乗せる機会があれば、使ってみようと思います。
猫も慣れない電車にはドキドキでしょうから、なるべくストレスを感じない環境作りをしておくことが大切かと思いました。

女性 ゆき

私は車をもっているので、自分が電車に乗る機会もないため、愛猫を電車に乗せたことはありません。ですが、ついこの間ちょっとした出来事があったので、みなさんにお伝えしようかとおもいます。

妹がこちらの地元に帰ってきているとき、猫を保護しそのまま連れて帰ると決まったので送ってあげたかったのですが、車で自宅まで送ると3時間半も掛かってしまいます。電車なら2時間かからずに帰ることが出来るため、電車で帰ることになりました。

念のため猫を乗せても良いかの確認と、料金を聞くため電話をすると、猫の乗車はクルート等に猫をいれればOKとのことだったので、電車で帰ることに決定したのですが・・・。

いざ電車に乗ると運転手さんや乗客の人たちにはとても冷ややかな目で見られ、子猫が小さな声で「ニャー」と発した時には周りから睨まれため息をつかれたそうです。

とてもじゃないけど乗っていられないと感じた妹は私に連絡をしてきたので、次の駅で降りるよう伝え、結局私が自宅まで送り届けました。

猫がきらいなひともいますが、どうしても電車で帰らなければいけない人もいるのが現状です。もう少しペットに対し優しい機関になってくれたらな、と痛感した日でした。
人気のキーワード